2019年01月24日

【最高】SBISL様がきっちり8割回収

gi9.jpg

これがSBISL様の実力なのですのユウノシンです。

落札額は・・・?


SBISLファンの皆さま、朗報です。


競売となっていた

バイヤーズローンファンド22号

物件が落札されました。


その額なんと2億1600万円です。

延滞額が2億7000万円でしたので

きっちり8割を回収したのです。

SBISL不動産バイヤーズローンファンド22号の延滞債権につきまして、担保不動産の競売結果を、下記のとおりお知らせいたします。
 
本競売手続の完了をもちまして、SBISL不動産バイヤーズローンファンドの延滞債権の回収手続きはすべて終了いたします。

          記

売却価格 2億1,600万円

売却決定期日 2019年1月30日

売却許可決定確定日 2019年2月7日

※裁判所から弊社に配当されるのは売却許可決定から2ヶ月程度と考えております。

出典:SBISLサイト

スピード決着


皆さま、競売をして8割ですよ。

これはもう凄いとしか

言いようがありません。


7月9日に延滞のお知らせがあってから

約半年でのスピード決着となりました。


そしてこれで延滞債権の回収手続きは

すべて終了となったのです。


どこぞの事業者はこの結果を肝に銘じて

回収を頑張って下さい。


今回の件でSBISL様への信頼度

ますます上がりました。

SBISL様、最高です♡

あい2.png

SBIソーシャルレンディング



【好評】ここが凄いぞSBISL(SBIソーシャルレンディング)!!

【投資】絶対に負けないソシャレン投資計画を練る

【最強】ソシャレン四天王

【絶対】SBISLの人気案件には鉄の掟がある

【警鐘】本物の一流ソシャレン事業者を知らない愚かな投資家よ

【相違】maneoとSBISLに関して




>>ソーシャルレンディング事業者(サービスサイト)別記事一覧<<

2018年分の確定申告情報


【有益】ソシャレンの確定申告に関する情報

お知らせ


ソーシャルレンディング(ソシャレン)
を始めてみたいと思った人の為に
書いた記事です。

ゼロから始めるソーシャルレンディング

【好評】ここが凄いぞSBISL(SBIソーシャルレンディング)!!

【相違】ソシャレンと不動産投資型クラウドファンディング

【最強】ソシャレン四天王

【予言】ソシャレン界の頂点に立つのはSBISL(SBIソーシャルレンディング)

【警鐘】本物の一流ソシャレン事業者を知らない愚かな投資家よ

【疑問】オーナーズブックの審査能力はどうなのか?

【堅実】ここが凄いぞオーナーズブック(OwnersBook)!!


投資家主体による情報共有掲示板です
被弾された方は是非ご覧下さい

※レンダータウン
https://render-town.com/


ソーシャルレンディング事業者には
必ず読んでいただきたい

【激怒】恥を知れ!! ソーシャルレンディング事業者よ!!

【信頼】岩野社長インタビュー オーナーズブック

【声明】全ソーシャルレンディング事業者に告ぐ


コメントに関して

【重要】コメント欄の書き込みエラーに関して


みんクレ事件を風化させない

みんクレの白石元代表のXデーを見たい

みんクレ被害者用まとめリンク


このブログはこういう配慮?をしてます。

このブログについて知ってもらいたい事


使って頂けると嬉しいです。

maneoファミリー便利帳

ソーシャルレンディング便利帳

【詳細】ソーシャルレンディング口座&分配辞典


maneoファミリーを知ろう

maneoファミリー擬人化計画


【今日のお笑い投資劇場のコーナー】
担保物件.jpg

お笑い投資劇場を楽しめた人
記事が「いいね」だった人
ランキングバナーをクリック☆
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ


>>【免責事項】<<


<<公認スポンサー>>

SBIグループによる運営です
SBIソーシャルレンディング
430万円投資中
SBIソーシャルレンディング

上場企業による運営
オーナーズブック
93万円投資中
OwnersBook

LENDEX
LENDEX

Funds(ファンズ) 詳細記事
Funds

ポケットファンディング


クラウドバンク
クラウドバンク

クリアル(CREAL) 詳細記事
CREAL

クラウドクレジット




top1.giftop2.giftop4.giftop3.giftop5.png



運用額 12月末時点

SBIソーシャルレンディング 402万円
オーナーズブック 88万円
クラウドクレジット 24万円
トラストレンディング 120万円
ポケットファンディング 29万円
クラウドバンク 47万円
LENDEX 19万円
FANTAS Funding 28万円
ラッキーバンク 160万円

[maneoファミリー]

maneo 192万円
LCレンディング428万円
ガイアファンディング 83万円
クラウドリース 22万円
スマートレンド39万円
アメリカンファンディング 7万円
グリーンインフラレンディング126万円
サクラソーシャルレンディング 17万円
キャッシュフローファイナンス 10万円
プレリートファンド 113万円

総運用額 1954万円
総投資案件 276件



[プロフィール]

2018年3月に会社を辞めました。
パーフェクト無職です。

現在はソーシャルレンディングの
分配金のみで生活をしています。
毎月の分配金は約12万円前後です。

ソーシャルレンディングブログ界の
お笑い担当です。
投資とお笑いの融合を目指しています。

当ブログは安心、安全の妄想記事を
ご提供させていただいておりますが
ご愛読は自己責任でお願いします。

KOKIAと金麦を
こよなく愛するユウノシンより

【ユウノシン】

・ソーシャルレンディング作家
・SL祭りをなくす会実行委員長

<<保有資格>>

日本妄想協会(JDA)認定資格
・2級ソーシャルレンディング診断士
・ソーシャルレンディングアドバイザー
・特級被弾鑑定士



I would like to let you know a terrible situation in Japanese Social Lending like Peer-to-peer lending. We have a company called maneo market Inc. which provides maneo family such as maneo Inc., Gaia Funding, Inc. Green Infra Lending, Inc. with platform for Social Lending. We have had a lot of Crazy Festivals since June 2018. Investors were forced to take part in the Festivals with entry fee(capital). The main event in the Festival is that maneo market lets us know that the loan became immediately due and payable. Unfortunately, a lot of loans became immediately due and payable. The amount is estimated to be 20 Billion yen. Investors may lose a lot of money due to the terrible Festivals. Even though we have a hard time, maneo market Inc. doesn’t deal with the problem immediately. Shame on you!



【重要】コメント欄の書き込みエラーに関して
この記事へのコメント
そんなこんな様

担保評価額の問題はありましたが、最終的に
競売で80%はやはり凄いと思います。
また今回の件で回収能力の高さも証明した
と思います。
今後は延滞ゼロで頑張って欲しいと思います。
Posted by ユウノシン at 2019年01月25日 12:59
SBISL 男上げましたね、競売で80%は凄いです
これで又信用力あげました。本当に良かったです。
Posted by そんなこんな at 2019年01月25日 12:42
お名前未入力様

おっしゃる通り担保の過大評価は問題ですよね。
ガチでマジで評価額は路線価にして欲しいです。
無理ならば物件の住所と平米数を記載して欲しい
ですよね。
Posted by ユウノシン at 2019年01月25日 11:10
確か、資金の募集は担保余力評価総額の掛け目73%程度でしたよね。
で、実際は掛け目73%のさらに8割・・・。
やはり、どの業者も大小なり担保を過大に評価して資金を集めてしまうんですね。
どうにかなりませんかね、この風潮(--;)
Posted by at 2019年01月25日 10:53
デフォルト仙人様

80万円の損害を出されてしまって
大変心痛だと思います。
やはり基本は担保評価額を適切に出す
という事なんですよね。
そうでなければLTVなども意味の無いものに
なってしまいますし。

SBISL含め各事業者が匿名化の解除後に
どこまで借手の情報を開示するのかが
焦点ですよね。
このままではソーシャルレンディングは
不動産投資型クラウドファンディングとの
差が開いていくだけになります。
なので是非、思い切った開示をして欲しい
と思っています。
Posted by ユウノシン at 2019年01月24日 21:19
フィガロ様

おっしゃる通り担保評価額が適切なら
元本割れは防げたと思います。
しかし、SBISLでは今回の件は相当な
教訓になったと思います。
あのSBISLが延滞したのかって各ブログで
取り上げられて、黒歴史になってしまった
のですから。
なので現在はかなり担保評価には
慎重になっていると思います。
そして「雨降って地固まる」になった
と思います。
Posted by ユウノシン at 2019年01月24日 21:09
今回分かった事。
22号に400万引っかかったのですが、8割といっても
何と80万の損害でした。やっぱり辛いですわ。

しかも、怪しい「東京運河」ばっかりに貸してましたので、
現在の定番、不動産担保ローンplusも同じ会社ばかりと想像してます。
リーマン級が来たら大変な事になるかも知れませんので、
SBIに関しては、貸し付け先開示が重要で、
それ迄は、投資不安が残る感じです。

もちろん、ラッキー、マネオとは天と地ですが、
あちらの、田中、瀧本 は巷では、刑事告訴迄騒がれてるレベルですから。


Posted by デフォルト仙人 at 2019年01月24日 20:59
これは良いニュースですね。
私はこの案件には入れていませんでしたが、SBIをメインにしているので今後も安心出来ます。

ただ、あえて言うならやはり元本割れしているのがマイナスかなーとも思います。
担保評価をしっかりしていれば防げた事だろうと思いますし…。やっぱり難しいんですかね。
今回の事を活かして、今後は延滞があったとしても元本割れしないような形にして貰えると嬉しいですねー。
(過度なお願いかも知れませんが、大事なお金を出しているので是非期待したい…)
Posted by フィガロ at 2019年01月24日 20:49
お名前未入力様

毎回中身のないメールを送ってくる所と違い
SBISL様は投資家を満足させる結果のみを
サクッと送ってくるのはシビれますよね。

どこぞのMにはそろそろ結果を出して欲しい
ですけど、無理そうですね。
Posted by ユウノシン at 2019年01月24日 18:59
どこぞの一つも結果出せないとこと違って

SBIに全額入れとけばよかったですわー
Posted by at 2019年01月24日 18:32
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

2017年分配金 2018年分配金 2019年分配金