2018年12月22日

【相違】ソシャレンと不動産投資型クラウドファンディング

lon.jpg

明日が来なくても特に困りませんのユウノシンです。

両サービスの検証


皆さまはソーシャルレンディング

不動産投資型クラウドファンディング

違いをご存じでしょうか?


本日の記事はこの両サービスの違いを

検証していきたいと思います。

ソーシャルレンディングのプレイヤー


ソーシャルレンディングに必要な

プレイヤーは以下のものとなります。

事業者

営業者

借手

投資家

事業者


事業者はmaneoマーケット社

SBIソーシャルレンディング社

いった事業者がありサイトの運営

ファンドの募集や投資家の管理を

行ないます。

営業者


営業者には

maneo社ガイアファンディング社

グリーンインフラレンディング社と言った

ものがあります。


我々が匿名組合契約を結び出資

するのが営業者です。


SBIソーシャルレンディング社の

場合は事業者も営業者も同じですので

理解しやすいのですがmaneo及び

maneoファミリーの場合は

maneoマーケット社(事業者)が

提供しているプラットフォーム

各営業者利用しているので事業者と

営業者は必ず異なります。


ですので我々が匿名組合契約を結ぶのは

maneo社やガイアファンディング社や

グリーンインフラレンディング社や

キャッシュフローファイナンス社と

なります。


但し、

サイトの運営募集や出資者(投資家)の

管理はmaneoマーケット社が

行ないます。


ここでおそらくサイト名営業者を混同

している方がいらっしゃると思います。


例えば

グリーンインフラレンディング」は

maneoマーケット株式会社が運営

しています。

と言った場合は

「グリーンインフラレンディング」

サイト名ですので誤解しないで下さい。

ほかのサイトに関しても同様です。


我々出資者(投資家)は営業者に

出資
をします。


例えば、投資家は

ガイアファンディング社と

匿名組合契約を結び

ガイアファンディング社に

出資をします。


そしてガイアファンディング社が

その営業により生じる利益を分配金として

我々出資者が受け取るのです。


つまり我々は営業者匿名組合契約

結んでいるのです。


また営業者は借手の審査等

行なっています。


このように営業者は

ソーシャルレンディングでは

非常に重要なプレイヤーなのです。

不動産投資型クラウドファンディング
のプレイヤー


不動産投資型クラウドファンディング

に必要なプレイヤーは以下となります。


プレイヤーと同時に不動産が必要不可欠

となっています。

事業者

不動産特定共同事業者(営業者)

出資者

不動産


事業者はソーシャルレンディングと同じく

サイトの運営やファンドの募集等を

行なったりします。


ここでソーシャルレンディングとの大きな

違いは不動産特定共同事業許可です。


ソーシャルレンディング業をする事業者は

第一種金融商品取引業あるいは

第二種金融商品取引業の登録を受ける

必要があります。


しかし、

不動産投資型クラウドファンディングを

行なう事業者は不動産特定共同事業の許可

が必要です。

ソーシャルレンディング

第一種金融商品取引業あるいは

第二種金融商品取引業

不動産投資型クラウドファンディング

不動産特定共同事業


出資者(投資家)は匿名組合契約書にて

営業者と不動産特定共同事業契約

締結します。


そして出資を受けた営業者は期日までに

対象不動産購入します。


その運用益あるいは売却益等にて

我々に分配金が支払われます。

ソーシャルレンディングとの違い


一番大きな違いは我々の資金が融資される

借手が存在しない事です。


また貸金業の規制を受けないので事業者は

物件の詳細な情報を開示することができる

のです。


ソーシャルレンディングでは我々投資家は

事業者リスク営業者リスク借手リスク

物件リスクなどに悩まされてきました。


特に借手の匿名化により営業者が親族企業

に貸付けを行なうことにより多額の損害

被った投資家も少なくありません。


しかし、

不動産投資型クラウドファンディングでは

我々を悩ませ続けてきた借手は存在しない

のです。


つまり不正行為を働こうとする

借手もいないしリファイナンス案件

組成する必要もないという事なのです。

また物件の詳細な情報もわかるのです。


それでも事業者リスクは存在しますが

透明性という観点では圧倒的

不動産投資型クラウドファンディングに

軍配があがるかと思います。

新規参入が相次いでいる


ここ最近は相次いで新規事業者が

参入してきてます。

TATERU Funding

Renosy(リノシー)

FANTAS Funding

CREAL(クリアル)


残念ながらTATERU Fundingを運営する

TATERU社は不祥事を起こしましたが

他の事業者はどれも有望だと思います。

Renosy(リノシー)


Renosy(リノシー)は案件数が少なく

抽選式なので投資をするのが

難しいのですが運営会社はマザーズ

上場しているGA technologies社です。


最近では顧問に元金融庁長官

起用しています。

【驚嘆】元金融庁長官が顧問に就任

FANTAS Funding


FANTAS FundingはFANTAS technology

社が運営しています。


一番の特徴は空き家ファンドの取り扱いが

あるという事です。


また年間120ファンド以上の組成を

目指しているとういことなので

投資家にとっては投資機会が増えるのと

バリエーションが増えるので期待が

持てます。

【解説】FANTAS(ファンタス) funding がサービス開始

FANTAS funding

CREAL(クリアル)


最後は一番最近にサービスを開始した

CREAL(クリアル)です。


通常の新規サイトでの案件は利回りを

高くしがちですがCREAL(CREAL)では

ホテルアマネク浅草吾妻橋案件では4.2%

ティアラ目白AVENUE案件では4.3%

トーシンフェニックス五反田案件では

4.1%となっています。


この利回りを見てちょっと低いのではと

思った投資家の方もいらっしゃる

と思います。


しかし、この利回りは限りなく現実に

沿った利回り
ではないかと思われます。

これはオーナーズブックが設定する

利回りに近い気がします。


またCREAL(クリアル)の案件で特筆

すべきは物件に対する情報の多さです。

一つの案件に対してはこれだけの

情報があります。

・概要
・物件情報
・運営者
・マーケット情報
・リターン
・リスク要因
・ファンド情報
・ドキュメント


ホテル案件を例にしてみると

リターンの項目にはファンドスキーム

記載されているのですがこれが非常に

わかりやすく詳しく説明されています。


また出資金とその使途や期中配当に関する

収支の内訳、運営者の賃料負担比率等の

記載もあります。

ドキュメントには

不動産調査報告概要
エンジニアリングレポート概要
2018年上場REITホテル取引事例

がありこれに関しても詳しい記載

があります。


おそらく情報開示という点に関しては

全てのソーシャルレンディング事業者

と不動産投資型クラウドファンディング

事業者の中でダントツで一番だと

思います。


まだご覧になってない方はメアドの登録

だけしてもこれらの情報をご覧に

なれます。

是非ご覧になって驚いて下さい。

メアドのみの登録方法


メアドとパスワードを決めて入力します

メールアドレス認証のお願いのメールが
届くので添付されているURLをクリック

投資家登録の画面になりますが
何も入力せず左上のCREALの
ロゴ
をクリック
ロゴクリアル.png

TOP画面になり
ファンド詳細が確認できます。


CREAL

>>ソーシャルレンディング事業者(サービスサイト)別記事一覧<<

2018年分の確定申告情報


【有益】ソシャレンの確定申告に関する情報


お知らせ


ソーシャルレンディング(ソシャレン)
を始めてみたいと思った人の為に
書いた記事です。

ゼロから始めるソーシャルレンディング

【好評】ここが凄いぞSBISL(SBIソーシャルレンディング)!!

【最強】ソシャレン四天王

【予言】ソシャレン界の頂点に立つのはSBISL(SBIソーシャルレンディング)

【警鐘】本物の一流ソシャレン事業者を知らない愚かな投資家よ

【疑問】オーナーズブックの審査能力はどうなのか?

【堅実】ここが凄いぞオーナーズブック(OwnersBook)!!


投資家主体による情報共有掲示板です
被弾された方は是非ご覧下さい

※レンダータウン
https://render-town.com/


ソーシャルレンディング事業者には
必ず読んでいただきたい

【激怒】恥を知れ!! ソーシャルレンディング事業者よ!!

【信頼】岩野社長インタビュー オーナーズブック

【声明】全ソーシャルレンディング事業者に告ぐ


コメントに関して

【重要】コメント欄の書き込みエラーに関して


みんクレ事件を風化させない

みんクレの白石元代表のXデーを見たい

みんクレ被害者用まとめリンク


このブログはこういう配慮?をしてます。

このブログについて知ってもらいたい事


使って頂けると嬉しいです。

maneoファミリー便利帳

ソーシャルレンディング便利帳

分配金の計算シート

【詳細】ソーシャルレンディング口座&分配辞典


maneoファミリーを知ろう

maneoファミリー擬人化計画


今日のクリック劇場のコーナー
はあ.jpg

クリック劇場を楽しめた人
記事が「いいね」だった人
ランキングバナーをクリック☆
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ


>>【免責事項】<<


<<公認スポンサー>>

SBIグループによる運営です
SBIソーシャルレンディング
400万円投資中
SBIソーシャルレンディング

オーナーズブック
71万円投資中
OwnersBook

トラストレンディング
自主規制中

LENDEX
LENDEX

ポケットファンディング


クラウドバンク
クラウドバンク

クリアル(CREAL) 詳細記事
CREAL

クラウドクレジット




top1.giftop2.giftop4.giftop3.giftop5.png



運用額 11月末時点

SBIソーシャルレンディング 380万円
オーナーズブック 67万円
クラウドクレジット 36万円
トラストレンディング 120万円
ポケットファンディング 21万円
クラウドバンク 48万円
LENDEX 19万円
FANTAS Funding 24万円
ラッキーバンク 160万円

[maneoファミリー]

maneo 214万円
LCレンディング427万円
ガイアファンディング 84万円
クラウドリース 26万円
スマートレンド39万円
アメリカンファンディング 11万円
グリーンインフラレンディング126万円
サクラソーシャルレンディング 17万円
キャッシュフローファイナンス 15万円
プレリートファンド 113万円

総運用額 1947万円
総投資案件 269件



[プロフィール]

2018年3月に会社を辞めました。
パーフェクト無職です。

現在はソーシャルレンディングの
分配金のみで生活をしています。
毎月の分配金は約12万円前後です。

ソーシャルレンディングブログ界の
お笑い担当です。
投資とお笑いの融合を目指しています。

当ブログは安心、安全の妄想記事を
ご提供させていただいておりますが
ご愛読は自己責任でお願いします。

KOKIAと金麦を
こよなく愛するユウノシンより

【ユウノシン】

・ソーシャルレンディング作家
・SL祭りをなくす会実行委員長

<<保有資格>>

日本妄想協会(JDA)認定資格
・2級ソーシャルレンディング診断士
・ソーシャルレンディングアドバイザー
・特級被弾鑑定士



I would like to let you know a terrible situation in Japanese Social Lending like Peer-to-peer lending. We have a company called maneo market Inc. which provides maneo family such as maneo Inc., Gaia Funding, Inc. Green Infra Lending, Inc. with platform for Social Lending. We have had a lot of Crazy Festivals since June 2018. Investors were forced to take part in the Festivals with entry fee(capital). The main event in the Festival is that maneo market lets us know that the loan became immediately due and payable. Unfortunately, a lot of loans became immediately due and payable. The amount is estimated to be 20 Billion yen. Investors may lose a lot of money due to the terrible Festivals. Even though we have a hard time, maneo market Inc. doesn’t deal with the problem immediately. Shame on you!



【重要】コメント欄の書き込みエラーに関して
この記事へのコメント
お名前未入力様

残念ながらこのブログの基本コンセプトは
投資とお笑いの融合なのです。
要するに記事はネタ優先のなのであります。
事業者を精査できる能力があったなら
平成最後の被弾王とは呼ばれていないので
あります(>_<)

これからも暇つぶし程度に記事をご覧になって
頂けると幸いです(^^)/
Posted by ユウノシン at 2018年12月22日 23:04
もう少し事業者を精査してから記事にしてはいかがですか?

緑の兄貴やらガイア姉さんやらわかりませんが、事業主について調べたりしないのでしょうか?
ブログとはいえ多くの方にみられる。
その意識があれば信頼できなそうなラッキーバンクやグリフラを他者に勧めるのであれば事業者を精査すべきかと。
記事を楽しみにしています。
Posted by at 2018年12月22日 22:01
エニート様

コメントありがとうございます。
Posted by ユウノシン at 2018年12月22日 10:56
renosyはグローバルGA時代の評判考えると私は投資をしたくないです。
Posted by エニート at 2018年12月22日 10:51
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

2017年分配金 2018年分配金 2019年分配金