2018年11月16日

【速報】U社期失ローンについて アナザウェイ案件

c8.jpg


キャッシュフローファイナンスから

期失ローンに関するお知らせが来ました。

2018年11月5日に配信いたしました延滞案件に係る経過報告の続報といたしまして、以下のとおりご報告させていただきます。

1.回収活動状況について

前回ご報告時点では、U社による店舗売却資金からの返済を原資とする、事業者AHによる自主回収を管理するとご報告しました。
しかし、投資家の皆様への償還に足る資金を確保する目途が立っておりません。
そこで、事業者AHでは、対象物件の売却に加えて、U社が本案件以外で行っている事業の売却を通じて獲得した資金による自主回収を行うことも視野に入れ、
資金回収活動を進めております。CFFでは、U社ならびに事業者AHのこれらの活動につき、引き続き側方支援を行ってまいります。

2.今後の状況報告について

該当投資家の皆様には、本案件店舗もしくは本案件以外の事業の売却につき契約書が締結されましたら、メールにてご報告いたします。

出典:株式会社Cash Flow Finance
maneoマーケット株式会社


U社による店舗売却資金からの

返済では足りないのでU社が本案件以外

行っている事業の売却も行なうようです。

この判断は非常に評価できると思います。


しかしU社の延滞額は期失案件の中では

一番大きいので何としても回収して

頂かないとなりません。


CFFさん、頑張ってください。

【悲報】被弾額大発表

【教訓】被弾はチャンス!!


>>ソーシャルレンディング事業者(サービスサイト)別記事一覧<<


お知らせ


ソーシャルレンディング(ソシャレン)
を始めてみたいと思った人の為に
書いた記事です。

ゼロから始めるソーシャルレンディング

【好評】ここが凄いぞSBISL(SBIソーシャルレンディング)!!

【予言】ソシャレン界の頂点に立つのはSBISL(SBIソーシャルレンディング)

ソーシャルレンディング事業者には
必ず読んでいただきたい

【声明】全ソーシャルレンディング事業者に告ぐ


みんクレ事件を風化させない

みんクレの白石元代表のXデーを見たい

みんクレ被害者用まとめリンク


このブログはこういう配慮?をしてます。

このブログについて知ってもらいたい事


使って頂けると嬉しいです。

maneoファミリー便利帳

ソーシャルレンディング便利帳

分配金の計算シート

【詳細】ソーシャルレンディング口座&分配辞典


maneoファミリーを知ろう

maneoファミリー擬人化計画


今日のクリック劇場のコーナー
評価額.jpg

クリック劇場を楽しめた人
記事が「いいね」だった人
ランキングバナーをクリック☆
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ


>>【免責事項】<<


<<公認スポンサー>>

SBIグループによる運営です
SBIソーシャルレンディング
400万円投資中
SBIソーシャルレンディング

オーナーズブック
71万円投資中
OwnersBook

トラストレンディング
120万円投資中


LENDEX
LENDEX

ポケットファンディング


クラウドバンク
クラウドバンク

クリアル(CREAL)
CREAL


ソーシャルレンディングならクラウドクレジット



top1.giftop2.giftop4.giftop3.giftop5.png



運用額 10月末時点

SBIソーシャルレンディング 477万円
オーナーズブック 63万円
クラウドクレジット 24万円
トラストレンディング 120万円
ポケットファンディング 17万円
クラウドバンク 31万円
LENDEX 17万円
ラッキーバンク 160万円

[maneoファミリー]

maneo 247万円
LCレンディング477万円
ガイアファンディング 84万円
クラウドリース 35万円
スマートレンド39万円
アメリカンファンディング 11万円
グリーンインフラレンディング126万円
サクラソーシャルレンディング 20万円
キャッシュフローファイナンス 18万円
プレリートファンド 113万円

総運用額 1977万円
総投資案件 259件



[プロフィール]

2018年3月に会社を辞めました。
パーフェクト無職です。

現在はソーシャルレンディングの
分配金のみで生活をしています。
毎月の分配金は約12万円前後です。

ソーシャルレンディングブログ界の
お笑い担当です。
投資とお笑いの融合を目指しています。

当ブログは安心、安全の妄想記事を
ご提供させていただいておりますが
ご愛読は自己責任でお願いします。

KOKIAと金麦を
こよなく愛するユウノシンより

【ユウノシン】

・ソーシャルレンディング作家
・SL祭りをなくす会実行委員長

<<保有資格>>

日本妄想協会(JDA)認定資格
・2級ソーシャルレンディング診断士
・ソーシャルレンディングアドバイザー
・上級被弾鑑定士


この記事へのコメント
CFF難民様

少しでもお役に立てたみたいで嬉しく思います。

ユウノシンもCFFは期失を連発していい加減な
事業者なのかと思いましたが、昨日のメールで
意外と早い対応なので驚いています。
全額回収は厳しいと思われますが7割ぐらいの
回収は期待したいですね。
Posted by ユウノシン at 2018年11月17日 15:33
ユウノシン様

大変わかりやすくご教示いただき、また励ましのお言葉もいただきありがとうございます!

そうですよね、最終借り手との間の契約内容は分からないですものね。

ただTN社とU社の2社ともに、リコース的な対応で動き始めているということは、

元々リコース的な契約となっているのかもしれませんね。

期失連絡の際にはCFFに対してかなり不信感を持ちましたが、その後の比較的すばやい対応アナウンスに少し希望が持てた気がします。
(もちろん結果を見るまでは全然安心はできませんが)

ある種正念場を迎えていると思いますが、ユニークな案件を多く持つCFFにはこの業界の発展のためにもぜひ頑張ってほしいと思います。






Posted by CFF難民 at 2018年11月17日 14:57
CFF難民様

ご質問の件ですが、TN社の案件を使って説明
したいと思います。

https://www.cf-finance.jp/fund/detail?fund_id=337

ご存じのようにCFFとAH社は案件概要に
記載されているように同一と見なせます。

「AH社がCFFに対し期限の利益を喪失した
場合はAH社株式の過半数がCFFのものとなり
CFFは、AH社が保有するさまざまな資産を
換金処分する権限を持ちます。」

CFFとAH社の契約においてリコースローンや
ノンリコースといった記載はありませんが
「換金処分する権限を持ちます」とあるので
リコースローンと同じことだと思います。

次にAH社とTN社の契約ですがこれは
金銭消費貸借契約ではなくリースバック契約
となっています。
※他の案件もほとんどがリースバック契約です
ユウノシンの残念な知識ではリースバック契約で
リコースローンやノンリコースローンがあるかは
分かりません。

しかしTN社の案件ではCFF社が担保として
TN社株式100%に質権を設定しています。
またAH社は保全として「TN社が所有する
本件以外の新技術に対する契約8件に質権を設定」
しているので実質TN社の資産はCFF社が
握っていると言えます。

全ての案件を見ていないので何とも
言えませんが、リコースローンでなくても
担保や保全措置を使って資金の回収は
していくと思います。

また担保や保全措置の対象となってない資産でも
最終借手と話し合い資産を売却して資金の回収を
行なう可能性もあると思います。

お互い最後まで希望を捨てずに頑張りましょう。
Posted by ユウノシン at 2018年11月17日 13:42
私もこれで多額被弾しました。

質問があります。

AH社とU社の間の契約がノンリコースではなくリコース契約だから本案件の担保だけでなく本案件以外のもの売却対象とすることにしたのでしょうか?

だとしたら他のコインランドリーやインバウンドなども期失の場合は、同様の対応となる可能性があるのでしょうか?

もしご存知でしたらご教示下さいませ。
Posted by CFF難民 at 2018年11月17日 12:44
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

2017年分配金 2018年分配金 2019年分配金