2018年11月04日

【疑問】オーナーズブックの審査能力はどうなのか?

book9.jpg

ソシャレン投資に必要な事は気合いですのユウノシンです。


目次

はじめに

貸金業と第二種金融商品取引業

適切な融資審査ができるのか?

融資審査は甘くなってしまう!?

ロードスターキャピタル社

融資審査で重要となる事柄

まずはこの判断ができるか?

ロードスターキャピタル社の審査能力

ソーシャルレンディング物語

はじめに



皆さま、お元気でしょうか?

残念ながら木曜日にはソシャレン界

老舗事業者であるmaneo大量延滞

発生してしまいました。


こういう事態が発生すると事業者は

借手をきちんと審査しているのか?

という疑問が涌いてくると思います。


そこで本日の記事はこの審査能力

に関してユウノシンなりの考えを

書かせて頂きます。

貸金業と第二種金融商品取引業



営業者(事業者)はグループ会社や子会社等

に貸付けを行う場合等を除いて貸金業

登録を受けなければなりません。


その為、ソシャレンのほとんどの営業者

はこの貸金業の登録を受けています。

※maneo及びmaneoファミリーに
 関してはこの記事参照

【究明】maneoマーケット社の業務改善対応策に関して考えた


ソシャレンのサービス

(サイトの運営,投資家の募集等)を提供

する事業者は貸金業の登録ではなく

第二種金融商品取引業の登録が必要と

なります。


例えば、maneoマーケット社は

maneo社,LCレンディング社,

スマートレンド社といったような

各営業者にプラットフォーム

提供していてファンドの募集等

しているので第二種金融商品取引業の

登録を受けなければいけません。


一方、我々が匿名組合契約を結ぶ

各営業者は企業等に貸付けをするので

貸金業の登録を受けていなければ

なりません。

適切な融資審査ができるのか?



さてここで今回の主題なのですが

貸金業者であるソシャレン営業者の

審査能力です。


貸金業者なので当然、お金を貸す事に

関してはその道のプロである

と思います。


では例えば消費者金融を長年

行ってきた営業者が突然

総合不動産会社から不動産投資を

するための融資申込があったとしたら

果たして適切な融資審査が

できるでしょうか?


不動産投資をする物件の価値や今後の

不動産投資での運用状況不動産市況

なども考慮しなければなりません。


しかし、融資を行う営業者が不動産に

関する十分な知識がなければ、もし

融資した場合に貸倒れのリスクが

高くなる場合があります。


極端な例を挙げましたが

ユウノシンが言いたいのは

その時のケースで営業者が様々な

分野の知識を持ってないと適切な

融資審査が行えないという事です。

融資審査は甘くなってしまう!?



営業者によってはファンドを

組成すればするほど営業者報酬

得られて利益になります。


その為にこの審査が甘くなってしまう

可能性もあります。

なぜ甘くなってしまうのかは、皆さまは

十分に承知しているかと思います。


それは営業者の資金ではなく我々投資家

出資金が貸付けられるからなのです。


言葉は悪くなりますが、営業者は貸付が

増えるほど利益になります。

しかも自分たちの資金ではないので

審査は適当でもいいやという事業者も

いるかもしれません。


そういった事のツケは最終的には

投資家に来ます。


では全ての営業者の審査が甘いのかと

言えばそうではありません。


ほとんどの営業者は適切な審査を

行っていると思います(信じたいです)。

ロードスターキャピタル社



その中でもユウノシンが審査能力に

長けていると思う営業者があります。


それは

ロードスターキャピタル社

100%出資の子会社である

ロードスターファンディング社です。


この記事では分りやすく

ロードスターファンディング社を

ロードスターキャピタル社として

話をしていきたいと思います。


皆さまご存じのロードスターキャピタル社

はソシャレンサービスのオーナーズブック

を運営しています。


オーナーズブックで扱う案件は

不動産案件に特化しています。


そして貸付け相手はユウノシンが

調べた限りではほとんどが

不動産事業を行っている企業です。

融資審査で重要となる事柄



これらの企業に対する融資審査で

重要となってくる事柄の一つが

借手企業の不動産事業が

うまくいく(いっている)のか

という事です。


例えば借手企業が融資された資金で

不動産投資をしたけれど

失敗して返済が出来ませんでした

では済まされないのです。


もし不動産業に精通していない

営業者だった場合、相場に

照らし合わせて不動産担保を取り

融資をすると思います。


いわゆるLTVという観点から

問題なければ融資しても大丈夫

と考える営業者もいるかもしれません。

※もちろん他の項目も審査している
 とは思います


そして延滞等が発生した場合には

担保不動産を売却すればいいと考える

かもしれません。


確かにこれは間違った考え方では

ないと思います。

まずはこの判断ができるか?



しかし、これは最善の考え方ではない

とユウノシンは思います。


なぜなら本物の営業者であるならば

まずはその不動産投資が成功するか

しないかを判断しなければならない

と思うからです。


例えば、あなたが株式投資に精通していて

かなりの成績を収めている人とします。

そんなあなたに株式投資未経験

友人が300万円の価値がある車を

担保に差し出すから250万円

投資資金として貸してくれと

言ったとします。


そこであなたはこう言うハズです。

経験のない人がやっても必ず失敗する

からやめたほうがいいと。


このアドバイスはあなたが株式投資に

精通しているからこそできるのです。


しかしもしあなたが全くの株式未経験者

だった場合、友人が失敗しても車を売れば

300万円になるからいいかと

思うかもしれません。

ロードスターキャピタル社の審査能力



これを営業者と借手に置き換えた場合

を考えます。

ロードスターキャピタル社は企業情報を

見ても分るとおり不動産業に関しては

非常に精通しています。

投資運用業、第二種金融商品取引業、投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2660号
宅地建物取引業 東京都知事(2)第94272号
総合不動産投資顧問業 国土交通大臣 総合 - 第147号

出典:ロードスターキャピタル社サイト
https://loadstarcapital.com/ja/company/about.html

つまり借手がファンドで得た資金を使って

不動産投資をすると言った場合

その不動産投資が成功するか

失敗するかという判断能力は他の営業者と

比べると格段にロードスターキャピタル社

は持っているのです。


その為に、LTVがいくら低くても

その不動産投資がうまくいかないだろうと

判断した場合には融資は行わないだろう

と思います。


なぜならロードスターキャピタル社は

総合不動産投資顧問業も行っていて

不動産投資に関してはプロ中のプロ

だからです。


なので本当に信用できる営業者

というのは借手の事業に関して

借手以上に精通していてまた

担保以外の事柄にも精査をする

審査能力を保有している営業者

だと思います。


こうして見ると、不動産案件に関しては

ロードスターキャピタル社の審査能力

というものは営業者の中では抜群

と言えるのではないでしょうか?

ソーシャルレンディング物語



アイ 新しい本社はどう?

ナツ うん。前より広くなってとても
   快適だよ(^^)

アイ そう言えば懇親会をするんだよね?

ナツ そうそう、新しい本社でするんだ。
   投資家さんにどんなところで仕事
   してるか知って貰いたいし。

アイ 最近はソシャレン界ではいろんな
   問題が起きているから懇親会では
   投資家さんから沢山質問される
   んじゃない?

ナツ うん、ナツもそう思う。
   できる限り誠実に対応して
   投資家さんにナツの事を分って
   もらうつもり。

アイ そうね、今は投資家さんも
   ソシャレンには疑心暗鬼に
   なっていると思うからしっかり
   誠実な対応が大事だよね。

ナツ ナツはおねえちゃんに追いつく
   ようにがんばりま〜す( ^o^)ノ

なつ2.png

※この物語はフィクションです。
登場する人物・団体・名称等は架空であり
実在のものとは関係ありません。

【追究】もう知らないとは言わせない オーナーズブック

【最強】このメンバーが凄すぎる オーナーズブック


>>ソーシャルレンディング事業者(サービスサイト)別記事一覧<<


お知らせ


ソーシャルレンディング(ソシャレン)
を始めてみたいと思った人の為に
書いた記事です。

ゼロから始めるソーシャルレンディング

【好評】ここが凄いぞSBISL(SBIソーシャルレンディング)!!


ソーシャルレンディング事業者には
必ず読んでいただきたい

【声明】全ソーシャルレンディング事業者に告ぐ


みんクレ事件を風化させない

みんクレの白石元代表のXデーを見たい

みんクレ被害者用まとめリンク


このブログはこういう配慮?をしてます。

このブログについて知ってもらいたい事


使って頂けると嬉しいです。

maneoファミリー便利帳

ソーシャルレンディング便利帳

分配金の計算シート

【詳細】ソーシャルレンディング口座&分配辞典



maneoファミリーを知ろう

maneoファミリー擬人化計画


今日のクリック劇場のコーナー
花をさかせる.jpg

クリック劇場を楽しめた人
記事が「いいね」だった人
ランキングバナーをクリック☆
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ


>>【免責事項】<<


<<公認スポンサー>>

SBIグループによる運営です
SBIソーシャルレンディング
400万円投資中
SBIソーシャルレンディング

オーナーズブック
71万円投資中
OwnersBook

トラストレンディング
120万円投資中


LENDEX
LENDEX

ポケットファンディング


クラウドバンク
クラウドバンク

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット



top1.giftop2.giftop4.giftop3.giftop5.png



運用額 9月末時点

SBIソーシャルレンディング 471万円
オーナーズブック 70万円
クラウドクレジット 26万円
トラストレンディング 120万円
ポケットファンディング 12万円
クラウドバンク 29万円
LENDEX 12万円
ラッキーバンク 160万円

[maneoファミリー]

maneo 240万円
LCレンディング471万円
ガイアファンディング 92万円
クラウドリース 47万円
スマートレンド42万円
アメリカンファンディング 35万円
グリーンインフラレンディング126万円
サクラソーシャルレンディング 24万円
キャッシュフローファイナンス 25万円
プレリートファンド 113万円

総運用額 2027万円
総投資案件 245件



[プロフィール]

2018年3月に会社を辞めました。
パーフェクト無職です。

現在はソーシャルレンディングの
分配金のみで生活をしています。
毎月の分配金は約12万円前後です。

ソーシャルレンディングブログ界の
お笑い担当です。
投資とお笑いの融合を目指しています。

当ブログは安心、安全の妄想記事を
ご提供させていただいておりますが
ご愛読は自己責任でお願いします。

KOKIAと金麦を
こよなく愛するユウノシンより

【ユウノシン】

・ソーシャルレンディング作家
・SL祭りをなくす会実行委員長

<<保有資格>>

日本妄想協会(JDA)認定資格
・2級ソーシャルレンディング診断士
・ソーシャルレンディングアドバイザー
・上級被弾鑑定士


この記事へのコメント
k様

おっしゃる通りだと思います。
今年はソシャレンで本当に色々な問題が
出て来ています。
延滞等の案件が出るのは仕方が無いにしても
その内容や回収方法が重要になってきますよね。
ソシャレンは投資家から見て非常に魅力的な
投資対象とは思いますが、根本的に事業者が
誠実で投資家ファーストの経営をしていかないと
全く意味がない投資対象になってしまいます。

このブログでは今後も不誠実な事業者を
disりつつ、情報を発信していくので今後も
ご愛読よろしくお願いします。
Posted by ユウノシン at 2018年11月04日 16:11
いつも楽しく拝見しています。
私もSLに4000万ほど投資しています。
SLはまだ黎明期で各会社が投資家に審査されている段階だと思います。
昨年から今年にかけて色々な問題が出てきて、信頼できる会社とポンジまがいの信用できない会社がはっきりしてきました。
またSBISLのように遅延があっても回収能力の高さと投資家に対する対応で株を上げた会社もありました。
数年後には信頼できる会社が数社のみになるかもしれませんね。
将来的に資産の一部はSLに投資という形が当たり前になるように業界全体が成長して欲しいものですね。
Posted by k at 2018年11月04日 13:47
かもじゅう様

おっしゃる通りです。
少なくとも営業者も3割(希望は5割)は自己資金での
融資をするべきだと思います。
ファンド数はかなり減ると思いますが
融資審査は今よりもはるかに真剣になるだろうし
被弾率はかなり低くなると思います。

オーナーズブックではプロがプロに貸付ける
案件を扱っているので、延滞はほぼ発生しないと
感じています(100%とは言えませんが)

仮に発生したとしてもLTVの算出は他の営業者より
かなり正確だと思うので時間はかかるかも
しれませんがきっちり回収すると思います。
またウルトラCとしてロードスターキャピタルが
物件を購入というのもあり得るかもしれません。


Posted by ユウノシン at 2018年11月04日 13:08
銀行は延滞、貸倒が発生した場合、自社被ることになるので、疑問の残る怪しめな融資は実行に至らないことがありますが、ソーシャルレンディング事業者は延滞、貸倒リスクの大半は投資家側が被ることになるので、ソーシャルレンディングの仕組みとして事業者もこのリスクを被る形態にしないとまともな審査がなされないことが十分ありえると思っています。
オーナーズブックはソーシャルレンディング事業者としてバランス的にも信頼度は高いですね
Posted by かもじゅう at 2018年11月04日 12:52
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

2017年分配金 2018年分配金 2019年分配金