広告

posted by fanblog

2018年07月21日

【必見】クラクレ社長が考えるソーシャルレンディング事業者の見分け方

map1.jpg

今月のユウノシンは怠惰と堕落ですのユウノシンです。

社長ブログに意見したい


クラウドクレジット杉山社長

ブログを更新したのでユウノシンなりに

disってみようと思います。

意見してみたいと思います。


全部をパクって掲載したいのですが

長いのと流石に良心が痛むので

ユウノシンがピンときた箇所を抜きだして

意見をぶっ込んでいきたいと思います。

※引用の赤字はユウノシンがハイライト

一般的な運用業者の評価基準
 5つのP

5つのPとは、
●フィロソフィー(Philosophy)= 投資哲学
●ピープル(People)= 人材
●プロセス(Process)= 投資プロセス
●ポートフォリオ(Portfolio)= ポートフォリオの構成
●パフォーマンス(Performance)= 運用効果
のことです。


《投資哲学》

クラウドクレジットの運用哲学、組織理念は「世界で遍在している市中の事業機会と投資資金とを繋ぐサービスを提供することによって、お金の受け手と出し手の両方がより豊かになることを目指す」運用を行うことです。

過去に何度かメディアに出演されて

その度にこの理念を述べてきています。

ブレないこの姿勢はいいと思います。


《ポートフォリオの構成》

クラウドクレジットでは東欧、アフリカ、ラテンアメリカの個人向けローン、中小事業者向けローン、ノンバンク向け融資、マイクロファイナンス向け融資、不動産担保ローンに加えて延滞債権での運用を行っており、再生可能エネルギー事業者向け融資での運用も始めようとしているところです。


まずは

再生可能エネルギー事業者向け融資です。

GILショックで盛り上がっている最中に

この話題をぶっ込んできてくれました。


クラウドクレジットと言えば

海外案件なのでもちろん海外の

再生可能エネルギー事業者

という事になりますね。


ユウノシンの勝手な想像ですが

海外の国では日本とは比べようもなく

再生可能エネルギーの活用がされている

国が多くあると思います。

この再生可能エネルギー案件は

ネタとしても面白そうです。

もし募集があれば

ぶっ込まさせて頂きます。

クラウドクレジットが重要視している事

クラウドクレジットでは、投資家の方にソーシャルレンディングで投資を行うローンは日常的に遅延、デフォルトを起こし、元本割れをしてしまうファンドもでてくることを前提として投資をしていただきたい旨を繰り返しご説明してきました。


このブログを書いている2018年7月現在、これまでクラウドクレジットがお客様にご提供をしてきたファンドのうち4%程度が遅延を起こしており、そのうちの半分(全体の2%程度)は回収額が元本に達しないとの見通しを投資家に方にお伝えさせていただいています。

その中で、クラウドクレジットが特に重視をしているリスクマネジメントアカウンタビリティについてそれぞれご説明をさせて頂きます。

cc8.jpg
※2018年5月末時点のお客様全体の損益分布図
https://crowdcredit.jp/operation/entry/271

皆さま、遅延デフォルト

は当たり前なんです。

このぐらいは事業者が飛ぶことに比べて

かわいいもんじゃありませんか。


この事を声を大にして繰り返し

主張している事業者は

クラウドクレジット以外に

ありますでしょうか?


以前から杉山社長はこの事を

一貫して主張しているのです。

遅延、デフォルトがナンボのもんじゃーい

なのです。

これぞ漢の中の漢、杉山なのです。


《リスクマネジメント》

また当社はお客様にはソーシャルレンディングでの投資でローンが遅延、デフォルトするのは日常茶飯事と考えて投資を頂くことをお願いしてはいますが、もちろん当社グループとしてお客様のお金をお預かりするローンの運用会社である中で、遅延、デフォルトが起こってよいと思っているわけではありません。

ナンボのもんじゃーい

ではありませんでした。

深くお詫び申し上げますm(_ _)m

先日プレスリリースをださせていただいた(https://crowdcredit.jp/img/blog/upload/upload_1531467901. )通り、当社ではこれまでも行ってきた

●遅延、デフォルトが起きた際の回収率を最大化できる確率をあげるためのストラクチャ強化
既存融資先のモニタリング
●遅延、デフォルトにつながりうる事象の早期発見とそれを治癒して遅延、デフォルトを回避しうる施策の融資先との折衝
●遅延、デフォルトが起きた際の回収額の最大化

等の業務を専門で行う部署を新設し、これらの業務をさらにひとつ高い水準で行っていくことを目指しています。

対策は一応取っているんです。

あなた方とは違うんです。

基本的な管理体制を構築できていない
可能性が高い事業者の簡単な見分け方

以前からセミナー等でお客様からよく「投資としての勝ち負け以前の部分で足元をすくわれないために、業者を見分けるいい方法はないのか?」というご質問を頂いてまいりましたが、なかなかそんなに簡単な方法はみつからないな、、と感じていました。


しかし、最近とても簡単な見分け方をひとつ気づきました。

それはとてもシンプルで、業者が以下の写真をお客様にだせるかどうかです。


account.jpeg
これは、当社が銀行で保有している、当社がお客様にご提供しているファンドの資金を分別管理する口座の通帳の束です。


フィンテック、デジタル・ファイナンスなどの言葉が流行る昨今ですが、現在の日本の金融インフラの中でソーシャルレンディングの事業を行うには、ファンドを組成するごとに銀行にファンドの資金を分別管理するための口座をひとつひとつ開設する必要があります。

日本でソーシャルレンディング・サービスを運営している事業者は一般的に数十から数百くらいのファンドを運用中だと思いますので、口座の通帳も数十から数百持つことになります。

ファンドの資金の分別管理というのはソーシャルレンディング・サービスの運営を行うにあたっての管理体制の「基本のき」ですので、それができていないということは他の管理体制も法令が求める水準に達していない可能性が高いです。


さすが杉山社長です。

違法行為は絶対にしない。

コンプライアンスは完璧です。

そして他社への牽制も忘れてはいません。

ユウノシン的には社名を出して

disって欲しかったのですが。


以上、

クラウドクレジットの杉山社長ブログ

クラウドクレジットの社長が考える
ソーシャルレンディング事業者の見分け方

https://crowdcredit.jp/blog/entry/363/

を拝読してのユウノシンの意見でした。

P.S. 杉山社長、クラクレのキャラクター
  作って下さい。可愛い奴をよろしく。

お知らせ


ソーシャルレンディングを始めてみたい
と思った人の為に書いた記事です。

ゼロから始めるソーシャルレンディング


みんクレ事件を風化させない

みんクレの白石元代表のXデーを見たい

みんクレ被害者の会発足(PDF)

入会までのフロー

アンケートにご協力お願いします
 記事最後にアンケートがあります


このブログはこういう配慮?をしてます。

このブログについて知ってもらいたい事


使って頂けると嬉しいです。

maneoファミリー便利帳

ソーシャルレンディング便利帳

分配金の計算シート


maneoファミリーを知ろう

maneoファミリー擬人化計画

リンクに関して

PCでこのブログを閲覧している方へ


今日のクリック劇場のコーナー
投資園.jpg

クリック劇場を楽しめた人
記事が「いいね」だった人
ランキングバナーをクリック☆
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ


提携アフィリエイトプログラム

<<公認スポンサー>>

※よくご理解の上、口座開設をして
 頂けると幸いですm(_ _)m

SBIグループによる運営です
ユウノシンは400万円運用中です
SBIソーシャルレンディング

上場企業のロードスターキャピタルが
運営してます 全案件1万円からです
OwnersBook

公共事業案件があります
財務省出身者が在籍してます 


ガイアの夜明けで紹介されました
伊藤忠商事が株主、海外案件多数です


日本クラウド証券が運営しています
全案件1万円から投資可能
クラウドバンク


top1.giftop2.giftop4.giftop3.giftop5.png




ユウノシンのプロフィール

2018年3月に会社を辞めました。
パーフェクト無職です。
このブログは2018年3月から
開始しました。
現在はソーシャルレンディングの
分配金のみで生活をしています。
毎月の分配金は約12万円前後です。
ソーシャルレンディングブログ界の
お笑い担当です。
当ブログは毎日更新しておりますが
ほとんどがネタブログですので
あらかじめご了承下さい。

KOKIAと金麦を
こよなく愛するユウノシンより。
この記事へのコメント
起きれない様

どういたしまして。
ユウノシンはこのブログの読者の方々の
元本が返還されることを切に
願っておりますm(_ _)m
Posted by ユウノシン at 2018年07月22日 21:54
ご返答ありがとうございます。
投資は自己責任とは言え、詐欺は別だと思います。仮にデフォルトになったとしたら刑事事件で道連れにしてやりたいですね。
Posted by 起きれない at 2018年07月22日 21:13
かもじゅう様

かもじゅう様も優先メール来てましたか。
ユウノシンも来ていたのかもしれませんが
記憶にないですね(>_<)問題ありませんが。
新規登録後のワンチャンなんですかね。

たしかにスギちゃんで合っていますね。
決め台詞2は「オバンバだろぅ〜」ですかねw
Posted by ユウノシン at 2018年07月22日 17:55
スギちゃんって名前のゆるキャラでいいんじゃないかと。
決め台詞は「ワールドだろぅ!」
Posted by かもじゅう at 2018年07月22日 17:35
起きれない様

クラクレのオバンバ案件に関しては
少なくともクラクレの違法行為などは
ないので残念ながらひたすら待つしか
手はないと思います。

ラッキーバンクですが現状は物件の
売却を進めているようです。
こちらもおそらく時間がかかると思います。
ユウノシンは法律については専門家ではないので
訴訟をしてその費用に見合うだけの回収が
できるかはわかりません。
これについてはいい加減な答えをすることが
できないので弁護士に相談をしたほうが
いいと思います。

グリフラについても同じですが、まだ
供託が続くと思いますので、その供託が
できなくなった時に行動したほうが
いいと思います。

弁護士に相談する前にまずは
証券・金融商品あっせん相談センターに
相談すれば今後どうすれば良いのか
教えてくれると思います。
https://www.finmac.or.jp/



Posted by ユウノシン at 2018年07月22日 11:01
知識が無くてどうしたら良いか困ってます。ご教授頂ければ幸いです。
・クラウドクレジットのオバンバ
→ある方のブログを拝見すると延長に延長を重ね満期から2年になるとか。
・ラッキーバンクの大量遅延
→うだうだやってますが、先に集団訴訟に参加した方が良いのでしょうか?グリーンインフラレンディングも同じです。
Posted by 起きれない at 2018年07月22日 08:49
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7915292
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
2017年分配金 2018年分配金 2019年分配金
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。