広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

ももちゃん先生
こんにちは。ももちゃん先生です。公立小学校に20年勤めていましたが、今は農家の主婦として、3人の男の子の子育てと老親の介護をしています。桃や野菜を作っている農家なので、生まれて初めての農作業で、苦手な虫と格闘中です!
リンク集

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2012年10月03日
子どもの個性
こんにちは
これは、うちの子ども達がまだ小さかった時の話です。

保育園のお迎えの帰り道
道路は渋滞で、なかなか進みません。
おなかも空いてきて、私はイライラ・・・
ふと、後ろの座席の子ども達を見ると、
3人は窓の外を見ながら、何か言っています。

長男「あっつ、あの車、品川ナンバーだ。こっちは熊谷、おお、あれはつくばナンバーだぞ〜」
次男「あの車スポーツカータイプでかっこいいなあ。あのワゴン車もいいなあ、
    あのダンプカー運転してみたいなあ」

長男は、車のナンバーの地名にとっても興味を持っています。
次男は車の車種に興味があり、ミニカーを山ほど集めていました。

さて、三男は・・・・・んっ?
何やら、窓の外を見ては、イーっと変な顔したり、アーッっと口を開けてみたり・・・
私が、「何しているの?」と聞くと、
三男「車の顔のまねしてるの。あの車は起こった顔してるよ。こっちの車は笑ってる」
よく見ると、車のヘッドライトとバンパーの形が顔のようにみえるらしいのです。

なるほどなあ、同じ車を見ていても、子どもによって、感じ方が全然違うのだなあと思いました。
たまには、子どもの目線になってみると、面白い発見があるかもしれませんね。



ちょっとした工夫で、フツーのお誕生日会が、ステキなパーティーへ変わりますよ!
>> 次へ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。