ももちゃん新聞(競馬予想記事) 初代「ブランド越後守」                            「ブランド越後守」A                            「ブランド越後守」C                                   「ブランド越後守」5                                    コミック「あっとホーム」                               φ(..)押す「見た証として!」                               にほんブログ村 コレクションブログ アート・アンティークへ
にほんブログ村 このブログの人気順ご覧下さい。
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
あっとホームさんの画像
あっとホーム
プロフィール
ファン

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

出石焼 煎茶セット(骨董品

出石焼 煎茶セット(骨董品


出石焼の盈進舎作といえば、白磁で彫り絵が特徴ですが・・・

これは色絵でもしかしたら、中身が違うのかも・・・?!


盈進舎(えいしんしゃ)

 出石の窯業がようやく活気を帯びたのは、江戸も天保年間(1830〜44)のことでした。各所に民間の窯が興り、伊万里風の染付雑器が盛んに焼かれました。白磁もまれに焼かれましたが、やはり全体的にみて江戸期の出石焼は伊万里を模倣した雑器の域を出なかったようです。やがて民窯の多くは幕末を迎え、閉山していきます。
 そしてとうとう、現代の「白すぎる白」のルーツを築いた「盈進舎」が登場します。明治に入り1876年に設立された盈進舎は、幕末の廃藩によって失職した士族の師弟たちを集め、指導者に鍋島藩窯の御細工職人だった名工3名をあてた、いわばエリート集団でした。指導者たちは伊万里の原料にも勝る柿谷陶石との出合いに喜び、鍋島藩窯の技術を注いで、子弟を育て、出石焼を改良していったといいます。その結果、清冽・精緻な白磁が誕生! パリ万国博覧会など内外の博覧会に出品・賞賛を浴び、全国に出石焼の名をとどろかせることとなったのです。
 さて、その後の盈進舎ですが、残念ながら高級品指向が需要と合わず、1885年には解散しています。ただ、盈進舎の残した遺産は大きく、これ以降人々は伊万里から脱却し、出石焼のアイデンティティー(=白磁)を持ち得たのでした。明治以降も窯元の興亡は続きますが、試験所を設けたり、積極的に技術改良を進めています。 
 苦難のなか、ドラマチックに展開しながら庶民の日用雑器を焼き続けた出石焼。やがて、先進産地の量産攻勢に押され、しだいに趣味的なやきものが主流となってきました。現在は、作家活動をする人あり、伝統の白磁彫刻を極める窯あり、軽やかな日常の器を作る窯ありと、白磁をめぐる多彩な試みが展開されています。

P1110774.JPGP1110775.JPGP1110778.JPGP1110779.JPGP1110780.JPGP1110782.JPGP1110783.JPGP1110784.JPG

2015年02月24日

布袋さま 銅製 

重量感ある銅製布袋さま


高さは概ね38cm  重さ概ね5Kg


P1110721.JPGP1110722.JPGP1110720.JPGP1110723.JPGP1110725.JPGP1110724.JPG
posted by momocchi120503 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 置物

ダルマの陶磁器 銘は、天啟(天啓)... 白磁黒釉 

ダルマの陶磁器


銘は、天啟  

高さは概ね37.5cm    重さ概ね2Kg


白磁黒釉
白い陶磁器に、黒い釉薬がふんだんに使 用されている。



P111072.JPGP1110713.JPGP1110715.JPGP1110717.JPGP1110718.JPGP1110719.JPG
posted by momocchi120503 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 置物

2015年02月23日

中国古玩・堆朱・七宝・花瓶

売切れ御免


*高さ約32cm *径約14〜15cm

*古い物ですので多少のキズ・汚れやスレ等があります。


類似商品の参考資料リンク(オークション)


P1110707.JPGP1110707.JPGP1110708.JPGP1110706.JPGP1110709.JPGP1110710.JPGP1110711.JPG
P1110744.JPGP1110748.JPGP1110747.JPGP1110746.JPGP1110745.JPGP1110750.JPG
posted by momocchi120503 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) |

松城

紙本 水墨やや色絵肉筆

P1110729.JPGP1110730.JPGP1110731.JPGP1110732.JPGP1110733.JPGP1110734.JPGP1110736.JPGP1110737.JPGP1110735.JPGP1110728.JPG

2015年02月17日

訪中記念と書かれた箱の中身 桂林市

@/2紙本 墨肉筆書 八十翁 

「南無阿弥陀仏」

P1110699.JPGP1110695.JPGP1110696.JPGP1110698.JPGP1110697.JPG


A/2絹本 墨肉筆書

P1110700.JPGP1110701.JPGP1110702.JPGP1110703.JPGP1110704.JPGP1110705.JPG

桂林は、広西壮族自治区の東北部に位置しています。この地方は紀元前214年、秦の始皇帝の時代に霊渠という運河が建造されて以来、二千年余りの歴史と文化を有し、宋代から清代まで約800年にわたり広西の政治、経済、文化の中心として栄え、1940年に桂林市が設置されました。そして1998年には、桂林市と桂林地区が合併し、新しい桂林市が誕生しました。

2015年02月16日

大徳寺521世  荊山宗璞  額 三重野荊山

大徳寺521世 荊山宗璞 (けいざんそうはく) (与雲) 

芳春院。 俗姓:三重野

三重野 荊山 

1914〜
    大分県生
1924 芳春院沢州和尚により得度
1934 大谷大学卒
1971 大徳寺芳春院住職
2005 大徳寺521世
紙本 肉筆


P1110689.JPGP1110691.JPGP1110690.JPGP1110693.JPG
posted by momocchi120503 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) |
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。