2019年04月16日

悪質ポイントサイトは絶滅したのか?

 8314.png

悪質ポイントサイトの代表格である『キラキラ☆ウォーカー』『manekin』等の詐偽行為は、以前からポイントサイト利用者の間では問題視されていましたが、、、


● TV報道により、社会問題に発展!


@ 2017年2月『キラキラ☆ウォーカー』や『manekin』等のポイントサイトが、偽キャンペーンで利用者を騙し、不正に収入を得ているとして、NHKや民放各局の報道番組で次々に取り上げられた。

A これに対し『キラキラ☆ウォーカー』を運営する潟買Bヴィット と『manekin』を運営する潟<fィアラスタライズは、各自の運営会社のホームページに謝罪文を掲載した。

B TV報道の影響は大きく、これらの悪質ポイントサイトは、系列グループのサイトを含めて休止や閉鎖に追い込まれた。


ここまでは当ブログでも取り上げました。

【当ブログ過去記事】

キラキラ☆ウォーカー『悪質サイト』報道

キラキラ☆ウォーカー『悪質お小遣いサイト』続報

キラキラ☆ウォーカーが『サイト休止』に

『キラキラ☆ウォーカー』が閉鎖!

まだあるぞ!要注意サイト一覧


*この後、運営を続けていた他の悪質ポイントサイトも順次閉鎖消滅する事になります。

*2019年4月現在、悪質ポイントサイト系列で唯一、生き残っているサイトは 潟<fィアラスタライズが運営している『POM』だけが確認されています。



そして…………


●『キラキラ☆ウォーカー』の運営者を逮捕!


京都府警と神奈川県警は2018年9月26日、スマートフォンの有料アプリに登録すれば、人気ゲームの特典が得られるなどと偽り、アプリ利用料をだまし取った詐欺などの容疑で、ポイントサイト「キラキラ☆ウォーカー」の運営会社潟買Bヴィット社長、山田俊太郎容疑者(33)ら4人を逮捕した。

府警によると、山田容疑者らは、アプリの登録件数などに応じて広告主から報酬を受け取る「アフィリエイト」を利用し、サイト運営で約20億円を稼いでいたという。ポイントサイト運営者の摘発は全国で初めて。

逮捕容疑は昨年1〜2月、人気スマホゲーム「ポケモンGO」のコインや焼き肉食べ放題の特典が得られると偽って、閲覧者を有料アプリ登録に誘導し、20〜40代の男女7人からアプリ利用料計2370円を詐取したとしている。
(産経デジタルの記事より一部抜粋)




【感想】

悪質ポイントサイト『キラキラ☆ウォーカー』の運営者が、遂に逮捕されました(遅すぎる!)

ポイントサイト運営者の摘発は初めての事だったので、慎重に捜査を進めた結果なのかも知れません。

一方で、悪質ポイントサイトの運営者たちは、とりあえず謝罪すれば何とかなると安易に考えていて、まさか逮捕されるとは思っていなかったでしょう。

逮捕された山田俊太郎容疑者に対する容疑は詐欺罪のほか、著作権法違反、商標法違反、不正競争防止法違反に及んでいます。

現在、潟買Bヴィットのホームページでは代表者名が削除され、バーチャルオフィス(電話代行、住所貸し)運営会社の所在地に変更されているので、会社としての機能は停止していると思われます。

儲ける為に利用者を騙し続ける事しか出来ない会社なら、このまま復活しない事を願っています。



◎ 安全なポイントサイトはコチラ ◎

モッピー →→→ 詳細を見る
お金がたまるポイントサイトモッピー


ちょびリッチ →→→ 詳細を見る
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ


》》》おすすめポイントサイト集《《《



2018年07月08日

PONEYが進む道


『PONEY』がやっちゃいました。

初めに、
私は、株式会社マーケットプレイスが『PONEY』の前に運営していた『ぶたちょき』で悪質行為が確認されていた為『PONEY』を利用しませんでした。


8314.png


 悪質行為は繰り返された!


●ダウン報酬の改悪。

●換金条件のこっそり改悪。

●換金の一時停止からの換金制限。

最近、上記の悪質行為で何かと話題になっている、ポイントサイトの『PONEY』

株式会社マーケットプレイスは『PONEY』の前に運営していた『ぶたちょき』で、ポイントを踏み倒した過去があります。


悪質行為の前歴がある運営会社は、悪質行為を繰り返す傾向にあります。


今回も『ぶたちょき』でやった踏み倒しが繰り返されるのでしょうか?




ダウン報酬の改悪は、百歩譲って『仕方ない』としておきましょう。
現在の状況で3ティアを維持するのは困難ですから。


換金(交換)制限は『ドリプラ』と同じ手法です。


換金システムの一時停止は、このシステムに変更するためのメンテナンスだったのでしょう。


しかし、本当に公表している設定金額・設定人数通りの換金(交換)をしているのかは怪しいと思います。


とにかく、株式会社マーケットプレイスって怪しい事が多いです。


運営会社のホームページを見ても疑問だらけ。


株式会社マーケットプレイス


会社概要はこんな感じです↓


会社名
株式会社マーケットプレイス


所在地
本社
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西2-8-10 ORIX恵比寿西ビル 6F


代表者
姚文挺 →代表者だった 布田俊介 は逃げた?


設立
2006年5月23日


資本金
1,000万円(2017年9月現在)


事業内容
インターネットメディア事業
システム開発事業



★会社概要で気になった事


札幌オフィスと中国オフィスの表記が消えてます。


オフィスを構えるだけでも維持費がかかります。人件費もかかります。


両オフィス共に閉鎖したのなら、かなりの無駄遣いになってしまいました。


代表者は、謎の中国人!?
布田俊介は逃げたのか?


本社所在地の ORIX恵比寿西ビル6F
確か、最近転居したばかりだと思うのですが…

_20180707_060716.JPG
【貸事務所.comより】

12月1日に入居可能となっています。
って事は、11月末までに移転するのでしょうか?


経営が悪化して家賃が払えなくなった可能性もありますね。


★次に、運営しているポイントサイト『PONEY』について、株式会社マーケットプレイス・ホームページより一部抜粋。

『インターネットでポイントが貯められるポイントサイト『PONEY』を運営しています。

2006年7月にリリースし、2018年現在では会員数40万人を突破し、幅広い層のユーザーに支持されています』
2006年7月にリリースされたのは『ぶたちょき』で、『PONEY』がリリースされたのは2009年9月です。

嘘を書いちゃダメでしょ?


とにかく、怪しい事が多い運営会社です。


この運営会社が、このまま良い方向に進む事は無いと考えています。


今後の動向に注目しましょう。

2017年07月29日

まだあるぞ!要注意サイト一覧

前回『偽キャンペーンをしている悪質お小遣いサイト』とTV報道されたキラキラ★ウォーカーが閉鎖した記事を書きました。





しかし、以前から キラキラ★ウォーカー と同じ手法を使っていたお小遣いサイトは他にも数サイト確認されていました。


それらのサイトはどんな影響を受けたのか?
現在の状況を調べてみました。


キラキラ★ウォーカー【閉鎖済】
 運営会社 潟買Bヴィット


マネキン(manekin)【新規登録停止中】
 運営会社 メディアラスタライズ


ポイントリッチ【新規登録停止中】
 運営会社 メディアラスタライズ


ポイントGO【サイト非表示】


ポイントモール【運営中】
 運営会社・所在地 表記なし


ポイントゲット【運営中】
 運営会社・所在地 表記なし


ウェボウ(WEBOOW)【閉鎖済】


タメル(ta:melu)【運営中】
 運営会社 潟Gムエムネット
 所在地 表記なし


POM(ポム)【リニューアル運営中】
 運営会社・所在地 表記なし


※ 上記サイトの各リンクは確認用です。

※ タメルの最低交換額は1000円です。

※ POMは運営会社・所在地の表記がありませんが、メディアラスタライズ鰍ェ運営しています。

※ POMの最低交換額は、リニューアル後5000円→500円に引き下げられています。

(2017.7.28現在)


★ 総評

悪質サイト報道によって、逃げるように閉鎖したサイト、運営会社や所在地を隠して運営を続けているサイト等、様々です。

やはり、悪い事をするのに運営会社や所在地を公表するのは都合が悪いので、運営会社情報が不完全なサイトは怪しいと考えて間違いないでしょう。

その中で、キラキラ★ウォーカーやマネキンは運営会社と所在地を堂々と公表していました。

しかし、それがTV局の取材の標的になり、報道される原因となった訳です。

今回の報道で一旦、閉鎖や休止しているサイトについては、リニューアルや新しいサイトとして再び復活する機会を待っている可能性があると思うので十分注意しましょう。



   ▼ オススメ優良サイト ▼
 お金がたまるポイントサイトモッピー

2017年07月21日

『キラキラ★ウォーカー』が閉鎖!

2017年7月17日、悪質お小遣いサイト
『キラキラ★ウォーカー』が、ついに閉鎖しました。

  潟買Bヴィット運営

  キラキラ★ウォーカー


閉鎖に至った直接の原因は、あの『牛角事件』でしょう。


民放各局の報道番組で『牛角等の企業名を勝手に使い、偽キャンペーンをしている悪質サイト』として取り上げられ、更にNHKにまで報道されて、悪質お小遣いサイトとして有名になってしまいました。


過去記事一覧

キラキラウォーカー『悪質サイト』報道


キラキラウォーカー『悪質お小遣いサイト』続報


キラキラウォーカーが『サイト休止』に


その後『キラキラ★ウォーカー』はサイト再開しましたが、悪質報道されたダメージが大きく、閉鎖の道を選んだようです。


同時期に自社ホームページに謝罪文を掲載した『マネキン』は、現在も新規会員募集停止のままで、実質的に休止状態です。


キラキラ★ウォーカーの閉鎖によって、このまま閉鎖する可能性大ですね。



★ 管理人も利用している優良サイトです!

 ⇒オススメ優良サイト@

 ⇒オススメ優良サイトA


 ヘテムルヘテムルロリポップ

2017年02月10日

キラキラウォーカー が『サイト休止』に

『牛角』『吉野家』等の名称やロゴを無断使用したとして、各社報道番組で『悪質お小遣いサイト』として報じられてきた『キラキラウォーカー』ですが、運営会社のホームページによると、今回の問題が解決するまで暫くサイト休止すると発表されました。


● キラキラウォーカー の運営会社

 潟買Bヴィット のホームページ


また、同様のキャンペーンをしていた『マネキン』の運営会社もサイト休止を発表しています。


● マネキン の運営会社

 潟<fィアラスタライズ のホームページ


上記2サイトは 2009年頃に携帯向けサイトとしてオープンし、スマホ向けサイトに変更され現在に至ります。


実はオープン以来、悪質なキャンペーンをずっと続けていたのですが、報道されるまでには至りませんでした。


謝罪文には、商標法・景品表示法・著作権法 等の法令に対する意識が希薄だったと書かれています。


潟買Bヴィットのホームページによると、同社はメディア運営〜デザイン制作まで手掛けていると書かれています。


そんな会社が商標法・景品表示法・著作権法に対する意識が希薄だったとは、相当いい加減な運営をしていた事が伺えますね。


また、ネット上では Twitter や2ちゃんねる風の『キラキラウォーカー』へ誘導するサイトが数多くあったそうです。


もしかしたら、本業は『悪質お小遣いサイト運営』と『誘導サイト制作』だったのかも知れませんね。


今回の件で、サイトや運営会社の存続があるのか?
法令違反による制裁があるのか?


今後の動向に注目しましょう。








 

2017年02月07日

キラキラウォーカー『悪質お小遣いサイト』続報

前回の続報になります。


悪質お小遣いサイト報道をされた『キラキラウォーカー』の運営会社である潟買Bヴィットのホームページでは、今回の『牛角』無断使用についての謝罪文がpbfで掲載されています。


なので、謝罪文はダウンロードしないと見れない。


しかし、その下には同時報道された『迷惑メールの配信』についての否定文が大文字で記載されているではないか!


これ、本当に反省してないよね。


逆でしょ?って言いたくなる。


実は、この会社は今回のキャンペーンにおける『牛角』の無断使用が初めてではないのだ。


過去の無断使用例をあげると、


・マクドナルド

・ミスタードーナツ

・ゲームアプリ(パズドラ、モンスト)

等々、、


つまり『無断使用』しまくっているのだ。


しかも、当選実績は限りなく『0』に近い事実も浮上しています。


かなり悪質なキャンペーンだといえますね。


今回の報道内容と同様の悪質な手法を使っているサイトが他にもあるので紹介しておこう。


・マネキン

・POM

・ポイントGO

・ポイントモール

・WEBOOW


代表的なサイトを記載しました。


サイトシステムは同じと思われるので、サイトのデザインやキャンペーン内容もよく似ています。


利用の際は、くれぐれもご注意下さい。




キラキラウォーカー『悪質サイト』報道

速報

悪質お小遣いサイトに注意!


昨夜、日本テレビ系 NEWS ZERO の番組中で、偽キャンペーンで会員を集めている『悪質お小遣いサイト』の問題を取り上げていた。


この『悪質お小遣いサイト』は、入会の際にスクラッチやガチャゲームで当たりが出ると(必ず当たりが出る)『必ず貰えるキャンペーン』なるもので会員を集めているサイトで、必ず貰えると謳い、有料スポンサーサイト等に登録させた上に、抽選である事を後から説明すると言った悪質な手法を数年も前から使っていたサイトである。


今回、偽キャンペーンに有名焼肉店の牛角20000円分食べ放題的な内容を使用したので、牛角の運営会社から注意喚起文が提出された為、大きな問題になったようである。


問題になった『悪質お小遣いサイト』のサイト名と運営会社名は伏せられていたが、運営会社の所在地やスマホ画面に映しだされた内容を見る限り『キラキラウォーカー』である事に間違いないと思われる。


『キラキラウォーカー』に類似する悪質お小遣いサイトは数社確認されているので、注意が必要である。


今回の報道で、悪質な手法で会員を誘導する行為を是正して欲しいものである。



以上、ニュースの情報を元に速報記事を作成しました。
詳細が判明すれば記事を追加したいと思います。




2015年08月19日

POCO 閉鎖の件

ポイントサイトの『POCO』が8月3日に閉鎖していました。

閉鎖・移行のお知らせが→【コレ

閉鎖に関して若干の疑問が浮上しています。

★閉鎖・移行のお知らせ
お知らせと閉鎖日が共に8月3日である。
つまり、告知と同時に閉鎖した事になります。

★告知文が画像である。
これは、検索避けに使う手法です。
画像は検索エンジンにスルーされるから、検索結果に表示されません。

★ポイント換金は最後までされたのか?
事前告知しないで閉鎖したなら、ポイント換金しないで逃げた事になります。

これらが計画的行為なら、かなり悪質だと言えますね。

運営会社は違いますが、POCOはキラキラウォーカーの姉妹サイトと言われていました。
なので当然、姉妹サイトであるキラキラウォーカーへの誘導行為が見られます。

『POCOユーザーなら20000ptプレゼント中』

貰えませんよ。実際は抽選ですから。
これも、キラキラウォーカーが良く使う悪質な手法です。
十分注意して下さいね。


◎当ブログがオススメする優良サイトは【コチラ

2015年01月09日

詐欺メールが来た!

詐欺メールが来ました。
送信元は
eagle-.26@docomo.ne.jp

全文公開します。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

※重要通知のお知らせ

管理番号:07E26

イーグルアイ調査事務所の木村と申します。
弊社はこの度、お客様の携帯端末よりご登録中のサイト運営会社様から依頼があり、ご連絡をさせて頂きました。

以前にご登録されましたサイトにおけます、ご使用についての有・無を確認させて頂きたいので至急ご連絡下さいますようお願い致します。

※現状

1、退会手続きが完了されていない

2、登録料及び利用料金が発生している

3、料金未払いの状態のまま長期間の放置

このままの状態ですと、以下に該当します。

1、個人調査(悪質な場合は身辺調査)の開始

2、各信用情報機関に対して個人信用情報の登録

3、法的書類を作成の上、即刻法的手続きの開始

4、各信用情報機関への届け出

以上の手続き内容となりますので、予めご了承下さい。

※尚、本通知は最終通告となります。
身辺調査の開始、法的措置の移行となりますと、少額訴訟裁判の強制執行となります。
調査費用、裁判費用等はお客様を含め、ご自宅・お勤め先・一親等の身内への満額請求となる場合がございます。
ご相談・退会手続き等をご希望でしたら依頼番号をご確認の上、本日営業時間内に至急ご連絡下さい。

TEL 03-6364-7786
担当 木村 佳那

営業時間
平日:10:00〜19:00
土曜/祝日:10:00〜18:00

**********
『架空請求』ってやつですね。
決して相手にしないように!
検索・ランキング


 ▼ ブログ記事検索


人気ブログランキング


ブログ王ランキング
bnr.gif

プロフィール
ヒッキーさんの画像
ヒッキー
訪問ありがとうございます。
私が『お小遣いサイト(ポイントサイト)』なるものに出会ったのは2006年春の事でした。
翌年にはホームページを作成し、アフィリエイトを開始!
当ブログでは、現在も続けているお小遣いサイト(ポイントサイト)やアフィリエイトの情報を中心に、お得・節約・生活情報を記事にして行きます。
プロフィール

▼ 運営ホームページ

gapp_upld_7.gif

GpjQRRTP.gif

おすすめサイト集

リンク



▼ 相互リンク

共有宣伝板

チラシの裏

 
最新記事
カテゴリアーカイブ
お知らせ(1)
アフィリエイト(5)
A8.net(91)
バリューコマース(40)
リンクシェア(32)
アクセストレード(7)
ポイントサイト(11)
モッピー(7)
ちょびリッチ(10)
お財布.com(12)
モバトク(6)
げん玉(3)
お得・節約情報(5)
趣味・生活情報(25)
鉄道・交通(22)
PC 関連(1)
悪質サイト情報(9)


おすすめアフィリエイト

バリューコマース


アクセストレード


A8.net


写真ギャラリー



© 2015 お財布もっこり