2017年11月11日

拓馬篇前記−八巻4

 八巻は走行禁止の病棟内を急いで移動した。八巻が「妖精さん」と命名した謎の女性は行方が知れない。それでも諦めがつかなかった。妖精さんのことで頭がいっぱいになり、彼女が向かったであろうロビーを目指す。
 待合所の長椅子がずらりと並ぶ区域が近づいてきた。ここがロビーだ。平日なら大多数の人が出入りする一画だが、今日は休日。がらんとしていた。
 ロビーと廊下との間に大きな女神像が立っている。翼の生えた金属製のモニュメントだ。銅像の足元には一メートルほどの高さの台があった。その台の前に松葉杖をつく男性がいる。
 彼は八巻の同室者。下の名前を隆之介といった。片足にギプスをはめた彼が「堅苦しいのは無しで」と呼び捨てを奨励し、八巻はその希望に応じている。
 隆之介は片手に松葉杖、片手に折りたたみ式の携帯電話を持っている。もう一方の松葉杖は女神像のお立ち台に立てかけてあった。なにやら話しこんでいるらしい。そうとわかっていても八巻は声をかける。
「隆之介、スーツ姿の女性を見なかったか? 青い目の人だ!」
 通話中の怪我人はびっくりした顔で、首を小刻みに横に振る。そして八巻から視線を逸らす。電話口の相手へ「なんでもない、こっちの話」と説明した。
「本当に見てないか?」
 八巻が食い下がる。隆之介は電話のマイク部分を手で覆い、「見てないって」と素っ気なく答えた。八巻は落胆する。通話に夢中な隆之介が見逃した可能性はあるので、自力で周囲を確認することに決めた。
「あー、ちょっと待った!」
 八巻が隆之介に背を向けたところを呼び止められた。なにか思い出したか、と八巻は期待しつつ振り返る。
「どうした?」
「その目の青い女の人、髪はどんな色だ?」
「それはわからない。帽子を被っててな」
「そっか。そりゃ残念だ」
 女性の髪の色がなんだというのか。八巻は訝しがる。
「なぜそんなことを聞く?」
「電話相手が『聞いてくれ』って言うもんでさ」
 隆之介は相手の名を明かさないが、八巻は質問者の想像がついた。除去手術目的の入院中、隆之介へ見舞いにきた者を八巻は二人知っている。一人は彼の伴侶、一人は彼の友人。その友人は自称公務員。なにか隠し事をしているような、不思議な男性だった。おそらくは彼が第三の会話者だ。隆之介の妻はごく一般的な人物であり、突拍子ない質問が出てくるようには思えない。
「何色だったらいい──」
 八巻が尋ねかけた瞬間、女神像が揺れた。身の丈成人男性なみの巨像が前後にぐらつく。そして八巻たちのいる側へ重心を傾けてきた。像の近くにいる隆之介は足が不自由だ。その状態では彼が銅像に押し潰されてしまう。
「危ない!」
 八巻は隆之介に飛びかかった。全体重をかけて彼を突き飛ばす。隆之介は銅像の進行方向から外れた場所へ、尻もちをつく。
(よし!)
 怪我人の救助に成功した八巻も離脱を試みる。だがなぜか足が鉛のように重い。足首が、なにかに引っ掛かっているようだ。
「なんで──」
 もがくと謎の重りはたちまち消えた。しかし自由を得た時には遅かった。重量級の銅像は八巻もろとも地に突っ伏そうとする。八巻は足の裏に力をこめ、数センチでも銅像から離れようと跳んだ。
 八巻の跳躍は上からの圧力により潰された。逃げ遅れた左ふくらはぎに、金属の塊がのしかかる。硬い床と銅像に挟まれた肉体が嫌なきしみを立てた。
 空洞の像が床面に砕け散った。その音と同時に、激しい痛覚が八巻を襲う。痛む箇所はつい数日前、手術した部分。最後の除去手術だった。半年もの間、丹念に治療してきたのに。
(また、折れたか……?)
 八巻はうつ伏せになったまま、固まった。これ以上の痛みを感じるのが怖くて、体を動かせない。
(うぅ、災難だ……)
 怪我の完治のために入院した病院で、負傷するとは。
(いやしかし、隆之介が無事なら──)
 この犠牲が報われる。彼の安否を知らねば。八巻は歯を食いしばり、顔を持ち上げた。
 隆之介は銅像の落下被害をまぬがれていた。だのに彼は大の字になって倒れている。そのかたわらには、しゃがむスーツ姿の女性がある。
「よ、妖精さん……!」
 女性は隆之介の携帯電話をいじっていた。それを隆之介の体の上へ放り投げる。彼女は立ち上がり、八巻のもとへ歩いてきた。八巻は喜色満面になる。
「妖精さん! きみは、ケガを治せるんだろう?」
 女性は両膝をつき、八巻の頬に手をのばした。
「そうだ、やってみてくれないか」
 八巻は彼女の治癒能力が間近で見れると思い、心が弾んだ。女性がほほえむ。その笑顔がいっそう八巻のハートを掴んだ。
「お休みなさい」
 視界いっぱいに黒い霧がたちこめる。なにが起きた、と戸惑ううちに八巻の意識は遠のいていった。

タグ:八巻
プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年12月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集