2018年03月06日

拓馬篇−3章6 ★

 公園内をかこむ木々の合間に、背の高い男性が立っている。彼は拓馬たちに歩みよってきた。その人物は色黒で、黒いシャツを着ており、髪色は銀。うたがいようもなく、才穎高校の新任教師である。だが彼はいつもの黄色いサングラスを外していた。青い瞳がはっきり見えるその顔つきは無表情。普段から笑顔が印象的な人だけに、怒っているように拓馬は感じた。
「危険な遊びをしているようですね」
 低い声だった。もともと彼の声は低いのだが、いっそう低音に聞こえた。なにせ、拓馬たちは学校側が禁じる乱闘に身を投じている。教師が嫌悪して当然の事態だ。
 拓馬は教師の叱責が飛ぶのではないかと戦々恐々する。反対にジモンが「おお、先生か!」と歓声をあげた。この大柄な友はのんきだ。およそ子どもたちの遊びに大人も加わるような認識でいる。そんな状況ではないと察した拓馬はおそるおそる、教師に質問する。
「先生が……石を投げたのか?」
 一喝されるだろうか、拓馬は緊張した。しかしシドは「そうです」といつもの調子で答えた。彼はズボンのポケットから紺色のハンカチを出す。
「これで血をぬぐってください」
 そのハンカチは拓馬へ差し出される。拓馬は予想外の温情をかけられて、呆然とした。
「あとで病院に行きましょう」
 シドは気遣いを受け取ろうとしない拓馬の手に、ハンカチを持たせた。次に彼はヤマダのそばにしゃがむ。ヤマダは千智に膝枕された状態で、地面に横たわっていた。
「ノイさん、オヤマダさんのケガの状態はどうですか」
「ヤマちゃんは頭を打って、気絶して……」
 ヤマダは「もうだいじょーぶ」とヘナヘナした声でしゃべった。シドが立ち上がる。
「ではオヤマダさんも病院へ行きましょう。脳の損傷の有無を検査しなくては」
 彼は拓馬にくだしたのと同じ善後策を講じた。そして二人に怪我を負わせた張本人を見る。金髪はナイフを手元にもどし、あらたに登場した敵に刃を向けた。彼の闘志はがぜん燃えたぎるようだが、その手はすこし震えていた。
 シドは他校の少年から敵意をそそがれている。にも関わらず、彼は堂々と金髪との距離を詰めた。金髪はシドの常識はずれな行動に動揺する。
「お前が……こいつらの教師か?」
 金髪が刃物の切っ先をシドに突きつけたまま問う。
「オレをさぐってたヤツか。目的はなんだ」
 金髪は嗅ぎ回られたことに気付いていた。拓馬も、シドがそんな活動をしたことは知っていた。
「オレをどうにかしようって腹か?」
 シドは再び「そうです」と返答をする。
「ですが、貴方が素行を正せば私はなにもしません」
 語勢はやさしいが、内なる強い意志がこもっていた。シドは手のひらを金髪へのばす。
「刃物をこちらに渡してください」
 金髪は和平をこばみ、相手へ飛びこむようにナイフを突く。直線的な攻撃を、シドは半身をずらすことでかわした。俊敏な回避だ。しかしその動作に彼のネクタイはついてこれず、大剣部分が半分切れる。シドはネクタイの被害を一瞬見た。次に、なお立ち向かってくる金髪をにらむ。
「人を殺せる道具をまだ使いますか」
 このときになってはじめて、温和な教師の怒気が声にあらわれる。
「それ相応の覚悟をしてもらいますよ」
 金髪は警告を無視し、武器を突きだす。すると刃物は上空へ舞った。シドの蹴りが、ナイフを持つ金髪の腕に命中したのだ。金髪は腕に二度目の打撃を食らった。その負傷のために痛がる──かと思った瞬間、シドの片手が彼の首を捕まえた。
(先生、なにを……)
 拓馬は胸がざわついた。そのいやな予感は的中する。シドは金髪の首をつかんだ状態で、金髪の頭部を持ち上げた。金髪は地面に足がつかない。金髪はシドの手を両手でつかみ、浮いた足をばたつかせている。教師の暴挙に一同は愕然とした。
「先生、やりすぎだ!」
 拓馬は制止を呼びかけた。教師は腕を下ろさない。次第に金髪が抵抗する力を失くす。
(体当たりをかますか?)
 拓馬は教師の暴走を止めようとした。そのとき、シドのかたく閉じていた口がうごく。
「貴方がいま感じている恐怖は、貴方が刃物を突きつけた相手も感じた恐怖です」
 捕縛者が無感情な声で話しはじめた。金髪の体がすこしずつつ下がる。
「その感覚をよく覚えておきなさい」
 金髪の足が地面についた。シドの手が彼の首元から離れる。金髪は力なく崩れ落ちた。
 拓馬はすぐに金髪の生存確認をする。意識のない少年の鼻と口に手をかざすと、ひかえめな呼吸を感じる。
(よかった、無事だな……)
 大事には至らなかった。そうと知れた拓馬は次に、殺人一歩手前まで踏みこんだ大人をキっと見上げる。
「先生、人殺しになるところだったぞ」
「手加減は心得ています。ご心配なく」
 シドは拓馬の非難を受け流した。過激なことをしでかしたという反省は見られない。
(先生って、こんなに冷たい人だったか?)
 平素の温厚で謙虚な人柄からは信じがたい反応だ。まるで似た容姿の人物が複数いるよう──相手は自身の窮地を救った恩人にも関わらず、拓馬は不信感がつのった。
 冷酷な一面をあらわにした男が、地面に刺さったナイフを見た。刃物の柄は空に向かっている。それを彼は踏みつけた。刀身がぱっきり折れる。使い物にならなくなった刃物が地面にころがった。
 武器破壊を行なった男は不良少年たちに顔を向ける。うつ伏せに倒れる刈り上げ以外、少年らは体をびくっと震わせる。彼らは完全に戦意を喪失している。
「貴方たちも同じ目に遭いたくなければ、身を正して生きなさい」
 もはや畏怖は不要だと思ってか、その声色はやさしげだ。
「貴方たちはいくらでも自分を変えられます」
 不良たちは小刻みにうなずく。彼らは金髪のもとに寄り、退散の姿勢をとった。
 この場が安全地帯になった、と判断したシドは、ようやく教え子に関心を向ける。
「ケガをした二人は、私と一緒に病院に行きましょう」
 青い目はやさしげだ。彼の態度はいつもの温和な教師にもどっている。
「ほかの皆さんは帰宅してください」
 教師は生徒らを叱らずに帰すつもりだ。今回の騒動を見なかったことにするのか、と思いきや──
「この件の処分は後々決定します」
 彼はきっちり校長に報告するつもりだ。叱責は上司任せ、という判断らしい。
「それまで新たな問題を起こさないよう、お願いします」
 シドはおもむろにヤマダに近寄る。千智がヤマダの両肩をつかみ、シドを警戒した。
「オヤマダさんを運びます。私に預からせてください」
 千智は彼の笑みにほだされ、はにかみながら手を放した。
 シドはヤマダを横抱きにした。彼女はあわてる。それは教師を恐れてではなく、その体勢のはずかしさゆえ。
「こんなことしなくたって、歩けるよ!」
「後遺症があってはご家族に申しわけが立ちません」
 金髪への仕打ちとは打って変わっての過保護な主張だ。
「私を助けると思って、言うことを聞いてもらえますか」
 ヤマダは口答えをあきらめた。恥をこらえて、お姫様抱っこを受け入れる。千智がぼそっと「いいな〜」と羨ましがった。三郎が千智を小突き、「惚《ほう》けたことをぬかすな」と注意した。千智はむくれる。
「なによ、ほんとにそう思ったんだから──」
「無駄口はあとだ。オレたちは撤収するぞ」
 三郎はシドの指示を忠実にこなそうとしている。彼の態度は仲間内に伝染し、ジモンが脱いだ服を着始めた。地べたに座っていた千智は服についた砂埃をはらう。三人の帰宅する姿勢を見たシドは温和にほほえみ、公園の外へと歩いた。彼は病院へ向かうつもりだ。それに拓馬は同行せねばならない。
(まずは治療を受けねえとな)
 シドを弾劾するのは後回しだ。拓馬はシドの後ろを追う。歩き出してふと、自分の手に持つハンカチの存在に気がつく。清潔感のあるハンカチだ。洗い落としにくい血を付着させるにはしのびない。拓馬は持ち主へ返却を申し出る。両手がふさがるシドが「ポケットに入れてください」と言うのを、素直にしたがった。

posted by 三利実巳 at 21:00 | Comment(0) | 長編拓馬 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年12月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集