2018年03月05日

拓馬篇−3章5 ★

 拓馬は三郎の勧誘により、拓馬たちが以前遭遇した他校の男子へ会いにむかった。この少年たちはまたも近隣の住民に迷惑をかけているとの評判だ。そのため、三郎は彼らの立ち退きを求めるつもりでいる。同時に彼らが成石を襲った犯人かどうか、反応をさぐる。少年らが犯人であれば早々に事件は解決でき、そうでなくとも住民を困らせる連中を退去させればよし、という計画だ。
 素行の悪い男子らがたむろする場所は公園だった。背の高い木々で囲まれた、広い公園だ。公園内には小学生向けの遊具が設置されてある。遊び場とは別に、休憩用のベンチが並ぶ場所があり、そこに制服を着崩した少年たちが集まっている。拓馬は女子二人とともに低木の茂みに身を隠した。
「あれが拓馬たちがまえに倒したやつら?」
 学校指定の体操着に着替えた千智が問う。彼女は帰宅する手間暇を惜しみ、手持ちの体操着を着る判断をした。私服に着替えてきたヤマダが「うん」とうなずく。
「ノッポくんに太っちょくんに、刈り上げくんは見たね。ひとりだけ制服が全然ちがう、パツキンくんは知らない」
 ヤマダが即席の名付けを披露した。彼女が言うように金髪の少年は以前の騒動では出くわさなかった。だが拓馬は最近、彼とすれちがったことがあった。それは連休中のシドが不良少年らをさがしていたとき、シドが屋内の施設へ入ったのを、犬連れで野外待機していた拓馬がたまたま見かけたのだ。そのときも金髪の彼は制服を雑に着ていた。染髪と乱れた制服の着方はベッタベタな不良像ではないかと、拓馬はすこし思う。
「あの金髪、雒英《らくえい》高校の人じゃないの?」
 雒英高校に通う生徒は勤勉な優等生ぞろい──学業面では平凡な高校生たる拓馬たちはそう思っていた。
「あんなに頭のいい学校の子が、なーんで不良どもとつるんでるのかしら」
 千智がみなの疑問を代弁した。金髪の取り巻きらしき他校の生徒は、雒英の足元におよばぬ学校の者。どうにも不釣り合いだ。
「あのパツキンくんがいたら、話をわかってもらえるかな」
 ヤマダがそう楽観した。金髪がまとう制服は、着用者の知性の高さを体現している。おまけに三郎が収集した情報によるとあの金髪が不良の頭目だという。つまり、金髪の発言権は強い。
「どうだかな。あいつがいちばん喧嘩っ早いかもしれねえぞ」
 不良とは縁遠い名門校にいながら非行少年のナリをしている相手だ。もっとも手強く、凶悪な性格なのかもしれない。
(向こうが四人で、こっちは男三人か……)
 前回は相手が三人だけだったので、相対する人数は互角だった──はずだが、どうもそのときの拓馬がひとりあぶれていた気がして、今回の人数不利への心配を感じなかった。
 歓談中の不良少年たちに、私服姿の三郎とジモンが接近する。三郎はまず相手に、最近は夜に人を襲う不審者が現れることを伝える。直截《ちょくせつ》的に「お前たちが犯人か」とは言わず、「夜に出歩くのは危ないから早く家に帰ろう」と早期帰宅をうながす。そこまではよかった。
「こいつら、おれたちをのしやがった野郎だぜ」
 頭の地肌が見えるほど髪を刈り上げた少年がいきり立つ。当時その場にいなかった金髪は「へえ、こいつがか」と言いながら、三郎とジモンを交互に見た。金髪が不敵に笑う。
「お前ら、借りは返してぇか?」
 金髪は好戦的だ。少年たちは一斉に腰を上げた。三郎は自身の両手を前に出す。
「オレはきみたちを二度も痛めつけたくはない! おとなしく家で安全に―─」
 なだめにかかる三郎に、刈り上げがににじり寄る。
「あんときはオダさんがいなくてやられちまったがよ、今日はちがうぜ」
 オダという金髪が一番腕が立つらしい。相手に強力な助っ人がいるうちは、引き下がってくれなさそうだ。そう判断した拓馬は物陰から出る。
「おい三郎! ここらが潮時だ」
 そこまで言えば三郎は退却か抗戦かを決断できる。三郎は拓馬にふりむき、行動決定への迷いを表情にのぼらせた。三郎が敵意ある連中に顔をそむけたとき、刈り上げが三郎の肩をつかんだ。無理やりに正面を向かせ、顔面に殴りかかる。危ない、と拓馬たちが思った瞬間、三郎は身を屈める。三郎の肩に手を置いていた刈り上げはバランスを崩した。刈り上げのあごへ、三郎のアッパーカットが命中する。先制者は地に沈んだ。
「これでも、まだ引いてくれないのか?」
 三郎はリーダー格を見据えて言った。対する金髪は鼻で笑う。
「はん、そいつは居てもいなくても一緒だ」
 不良たちは戦闘不能になった刈り上げに見むきもしていない。
(まえもこんなんだったような)
 と拓馬は数か月前の出来事を振りかえった。刈り上げは以前も三郎の説得に拳で答え、返り討ちにあった。そのときの敵方は、敗北した仲間を放置して、三郎たちに襲いかかった。刈り上げがやられたところで恐れをなさない連中なのだ。
 三郎は相手方の強硬な姿勢を受け止め、「やるしかないようだ」と拓馬たちに言った。それを開戦の合図と見たジモンは上着を脱ぎ捨てる。彼は衣服を破いてしまうと母親にひどく叱られるという。その対策として半裸になるのだ。服を脱いだジモンに、百キロはあろうかという巨漢が挑む。長身の少年が三郎と、金髪が拓馬と対峙した。三郎が拳を交える段になっても金髪は不動。拓馬も金髪の出方をうかがった。金髪が口を開く。
「このまえはもうひとり、お仲間がいたそうだな。そいつはどうした?」
 彼はヤマダのことを言っている。金髪の仲間たちが、彼に報告したのだろう。
「あいつに喧嘩は合わねえんだ。お前がやる気なら俺が相手をする」
「いい子ちゃんがいきがるなよ」
 金髪がついに拓馬に攻勢をしかけた。放たれた蹴りは速い。拓馬は後方へ跳びのく。回避の最中にも追撃の蹴りがくる。すばやい攻撃ゆえに、とっさに腕で防ぐ。さいわい威力はなかった。だが形勢はよくない。どこかで反撃をしなくては、と思う拓馬が防戦一方になると、目の端にヤマダと千智の姿がちらついた。気絶中の刈り上げになにかしているようだった。
「よそ見するたぁ、馬鹿にしてんのか?」
 金髪の罵声とともに拳がせまる。拓馬は両手で彼の拳を受け、その腕を引っ張る。前のめりになる相手に、後ろ回し蹴りを浴びせる。拓馬のかかとは金髪の背中をとらえた。金髪が地面に倒れる。拓馬は彼が起きてこないのを確認したのち、女子たちに近づく。
「ヤマダも千智も、なにやってんだ?」
「忍者の本でみた捕縛術だよ。親指をしばるだけで身動きが取れなくなるって」
 刈り上げはうつ伏せ状態で後ろ手を組んでいた。その両手の親指に荒縄が結んである。
「決着がつくまえに刈り上げくんが起きたらめんどうでしょ?」
 ヤマダがにこっと笑う。参戦しないなりに手助けをしようと思っての行動らしい。
「そうか……でもリーダーを倒したから決着はついたな」
 拓馬は友人の戦果を確認する。すでに三郎は相手を降していた。だが慌てふためく。
「拓馬、横を見ろ!」
 拓馬は三郎の忠告にしたがい、金髪の倒れている方向を見た。金髪が拓馬めがけ、光る物を振りかざす。驚いた拓馬は後ろへさがろうとしたが、刈り上げの体に足を引っかける。バランスをくずし、後方へ倒れる。金髪の攻撃は拓馬のこめかみをかすめた。切ったような痛みが走る。被害はそれだけでおわらなかった。拓馬の転倒により、そばにいたヤマダも倒れる。
「いだっ」
 彼女は運悪く、コンクリートの段差に頭を打ちつけた。拓馬はヤマダの負傷を心配したが、目のまえには敵がせまっている。自分の下敷きになった者に構っていられなかった、拓馬は体勢を立てなおし、あらためて金髪を見る。その手には刀身の短い刃物がある。
(ナイフかよ……)
 どこまでベタな不良なんだ、と拓馬はあきれた。そう思う間にも拓馬の頬に温かい物が流れていく。その液体の色は赤いにちがいないが、確かめる気は起きない。
(あれをうばわねえと、あぶないな)
 だが不思議なことに、ナイフがひとりでに地に落ちた。金髪は自身の腕をつかみ、痛がっている。ナイフの近くにはピンポン玉大の小石も落ちていた。
(なにが起きた? 三郎か?)
 拓馬は三郎が助けてくれたのかと思った。だが彼は呆然と突っ立ている。ちがうらしい。ではだれが、と拓馬は三郎が注目する方向を見る。そこに黒シャツの男性がいた。

posted by 三利実巳 at 23:59 | Comment(0) | 長編拓馬 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集