2018年02月06日

拓馬篇−2章5

 休日明けの昼休み、拓馬は人目につくが人の出入りはすくない中庭にいた。昼食がてらにヤマダと情報共有する目的で、今日は教室を離れた。他言しづらいことも話すつもりだからだ。
 この場にはシズカが寄こした狐もいる。狐は鈴の付いた首輪をつけていた。人の手が加えられている狐は、太い尻尾をヤマダの膝に乗せている。
「お前のひざにキツネのしっぽが乗ってる。わかるか?」
「うーん、わかんないなぁ。このへん?」
 彼女が左右に手を動かすと、手は狐の尾をすり抜ける。この狐は幽霊に近い存在ゆえに、常人は視認することも接触することもできない。だが、拓馬はちがった。
「ああ、そこにいる」
「感触はないけど、きっとフカフカの毛なんだろうね」
「たぶんな。でもあんまり意識すんなよ、はたから見ると変な人になっちまう」
 それは拓馬自身が念頭に置くべき注意事項だ。狐は普通の獣ではない。シズカが呼べば姿を現す、使い魔のような生き物だ。この世界とは異なる場所へ迷いこんだシズカが、契りを交わした獣だという。
 狐はヤマダの膝元に顎と前足を乗せた。人に懐いた犬を思わせる仕草だ、と拓馬は自身の飼い犬と照らし合わせて思った。狐の前足に黒く小さな、まりも型の物体が乗る。それは拓馬たち二人が出会った時からヤマダに憑く化け物だ。存在理由は不明である。ヤマダへの害はないため、放置中だ。狐も敵ではない化け物だと知っており、無視している。
「前にシズカさんの猫ちゃんが来てたよね」
「そんなこともあったな」
「その子はわたしでも見れたね、ふつうの猫だった」
「シズカさんが捜している相手によって、霊体のまんまか実体化するかを変えるんだってさ」
 その使い分けの理由を拓馬はシズカから聞いていた。知ってはいても、シズカの判断が適切か否かを断ずるほどの理解はまだできていない。
「捜す相手っつったら、だいたいなにかの犯人なんだけどさ。犯人が人じゃない相手には、普通の人にも見える姿がいいんだって。シズカさんの猫たちが姿を消しても見つかるし、反対に普通の動物だと思わせとけば相手が油断するかもしれない、らしい」
「ふーん? わたしにはいつでも姿を見せてくれていいのに」
「学校に犬猫を連れてきたら先生に叱られるだろ。野良の出入りは黙認されてるけど」
「そのへんも考えてて、姿を見せないのかな」
 二人は弁当をたいらげ、教室にもどる支度をしたままで話を続ける。
「んー、それでこの子はいま、ナルくんを倒した人を捜さないでわたしの近くにいるんだよね。わたしが犯人に出会うと思ってて、スタンバイしてるのかな」
「さあ……けど、お前がいるところに面倒事はふってわいて出るよな」
「そんな推理物の主人公みたいな特技……あ、美弥ちゃんだ」
 ヤマダが校舎の窓を指さす。指の先に転校生の女子がいた。他の女子生徒と一緒に廊下を歩いている。なにかしら談笑しているように見えた。
「よかった、女の子とうまくやってるね」
「須坂のこと、下の名前で呼んでるのか?」
「直接は呼んでない。まだ、仲良くなれてないから」
「三郎にツンケンしてたもんなぁ。ちょっと気難しいんじゃないか?」
「うーん、女子相手ならそうでもないよ」
「じゃ、あいつは男が苦手なのか」
「そう。ナルくんと足して割ったらちょうどいいくらい」
「極端な転校生が来たもんだな」
 シズカ絡みの話題から逸れていくことに、拓馬は多少安心感をおぼえた。なんでもない日常が継続するのだと思える。だが、ヤマダは「ナルくんの事件のことなんだけどね」と新たな話題を持ち出す。
「サブちゃんがナルくんに事件のことを聞いてさ、いろいろわたしに教えてくれた。タッちゃんも聞きたい?」
「いや……土曜日に知った事件をもう調べてるのか、あいつ」
「行動力がピカイチだもんなぁ、サブちゃん。感心するよ」
「お前も他人のことは言えないぞ」
「なんで?」
「そりゃあ、シド先生をかぎ回って──」
 拓馬は渡り廊下を通る人物を見つけた。話題にしようとした人物がそこを歩いている。
「噂をすれば影がさす、か。先生、こっち見てるぞ」
「え? あ、ホントだ」
 ヤマダは銀髪の教師にむけて、手を大きく振った。異色な髪は地毛だという教師も手を上げて軽く振る。そのやり取りを数秒続け、ヤマダはもとの居住まいにただす。
「先生、あの様子だとなにも気にしてないね……」
「なにがあった?」
「えっと……シド先生が校長と密会する実態を暴こうとして、潜入したんだよ」
「いつの間にやってたんだ、そんなこと」
「ナルくんが襲われる前。天然なほうの事務のおねーさんに協力してもらってね」
「へえ、で、なにがあったんだ?」
 ヤマダは言いにくそうに口をすぼめる。
「あんまり、おもしろいことはなかったよ。校長との密談は、まじめな話をしてたみたいだし」
 拓馬は彼女の言い方から、どうも触れてほしくない内容なのだという壁を感じた。
(ま、俺は最初から興味なかったことだし……)
 拓馬は追究しなかった。ヤマダが「教室にもどろうか」と立ち上がる。それに伴って狐が体を起こす。二人と一匹は校舎に入った。拓馬は教室に帰る間、三郎が事件の事情聴取した話を聞きそびれたことに気付く。
(俺が聞かなくてもあいつから話してくるだろ)
 変事が起きるたび、三郎は拓馬の助力を仰ぐ。その傾向をふまえ、彼からの働きかけを待つことにした。

タグ:拓馬
posted by 三利実巳 at 23:59 | Comment(0) | 長編拓馬 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集