2018年02月05日

拓馬篇−2章4 ★

 補習の夜、拓馬は自室のパソコンの電源を入れた。目的は古典の授業の予習をすることと、知り合いと連絡をとること。連絡相手は他県に住む寺の人で、現役の警官だ。なにかと厄介事を抱えがちな拓馬にとって、この警官は守り神のごとき存在だった。
 拓馬が予習作業を続けていくとピコピコと音が鳴る。音声通信を打診する音だ。拓馬は作業を中断し、マイク付きのヘッドホンを用意する。そして通信の許諾ボタンを押す。
「シズカさん、こんばんは」
『こんばんは、拓馬くん。いまはなにをしてたんだい?』
「古典の予習を……」
『お、えらいね。勉強の邪魔はしないほうがいいかな』
「いえ、平気です。もう終わりますから」
『そうかい。なら聞きたいことをひとつ』
 シズカのこの言葉は、拓馬との音信不通の期間が長かったときによく出てくる。
『二年生になって、変わったことはある?』
 問われた拓馬はひとりの新任教師と二人の転校生を連想した。いずれも個性的な人物だ。彼らの紹介をしようかと思ったが、そのうちのひとりが何者かに襲われたことを思い出す。それこそが本日シズカに連絡すべきことだ。
「転校生の男子が最近、不審者に襲われたんです。夜に走っていたら急に、という話で」
 シズカは早速この事件を追究してきた。しかし情報がすくない状況ゆえに、事件解決の糸口は一切見えてこない。
『わかった、未知数の事件なんだね。いまから友だちをそっちに送るよ』
 シズカの言う「友だち」とは特殊な動物を意味した。シズカの目となり手となる、変わった生き物で、シズカの本業で役立つ存在である。そのことを知る拓馬は気が引ける。
「え、でも、深刻な騒ぎじゃないんですよ」
『ここ一ヶ月くらい送ってなかったから、ちょうどいいんじゃないかな』
 拓馬は断る理由もないので承諾した。シズカが『そっちに着いたら連絡をちょうだい』と言い、通信が中断する。拓馬は耳にあてていたヘッドホンを首にかけ、椅子の背にもたれた。
 このような派遣は過去に何度かあった。そのときも拓馬の近辺に変事があり、シズカが対応した。別段拓馬に危険がせまるような出来事ではなかったのだが、シズカは親切に対応してくれる。今回の協力姿勢といい、彼はつくづく人が良いのだと拓馬は思った。
 拓馬が思いふける中、ガラス窓の叩く音が聞こえる。拓馬は部屋の窓を見た。そこに白い羽毛を持つ烏と、白い毛皮の狐がいた。拓馬が再度ヘッドホンを装着し、通信を始める。
「着きました。白いカラスとキツネです」
『白いキツネのほうがお世話になるよ。その子は調査半分、ヤマダさんにベッタリが半分になるかな』
『ヤマダを? なんでまた──』
 ヤマダは今朝、成石に被害状況をたずねていた女子。彼女は成石の事件になんら関わりがない。そんなヤマダを守る意味とはなにか。そう拓馬が問いかけたのを、シズカは笑う。
『あはは、そのキツネはヤマダさんを気に入ってるんだよ』
 大した理由ではないらしい。そう言うとシズカはまた連絡をしてほしい旨を告げ、通信を終えた。

 拓馬は一番にやりたかった目的を達成できた。ふーっと一息つく。そうやって小休憩していると、部屋の戸が叩かれた。縁の太い眼鏡をかけた中年が戸を開ける。彼は拓馬の父だ。興奮ぎみに「白い狐がいたぞ! お稲荷様かな?」とはしゃいだ。拓馬はその喜色に水を差す事実を告げる。
「ああそれ、シズカさんの」
 父が一転して、不安そうな顔をする。
「若いお坊さんの? また……厄介なことが起きたのか」
「そんなオオゴトじゃないよ。父さんは心配しなくていい」
 父は息子の言葉を信用しきれない様子で、顔をしかめた。拓馬が無理に笑顔を作る。
「大丈夫だって。シズカさんの手にかかれば悪党も悪霊も逃げていくんだからさ」
 正確にはシズカではなく、その友が悪者を退治する。この際、同じこととして扱った。
「……わかった。邪魔したね」
 父は戸を閉めようとして顔をそむけた。ぴたっと動作が止まる。
「あの狐は人に姿を見せないつもりかな。まえに、野良猫を装う猫がきたけれど」
「そうだと思う。町中に野良狐がいちゃ、目立っちまうもんな」
「それなら知らんぷりをしておこうか。私たちには区別がつきにくくて、すこし困るよ」
 父は冗談のように本当のことを言い、戸を閉めていった。

posted by 三利実巳 at 23:59 | Comment(0) | 長編拓馬 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集