2018年01月27日

拓馬篇−2章2

 授業が始まって十日を経た。その間にヤマダは新人教師の評判を集めた。授業の合間の休み時間に、それらを拓馬に報告する。
「みんな、優しくていい先生だって言うね。タッちゃんが感じたほど悪い人じゃないみたい」
「人は見かけによらないってっこったな……」
 拓馬は第一印象が的外れだったことに気恥ずかしさを覚えた。新任の教師の人となりはたしかに人格者だ。相手が誰であろうと丁寧な口調と物腰で接し、生徒の突拍子のない発言を受けてもきちんと応対する。三郎の要求に応えて本当に組手に付き合うこともあった。その様子を見聞きして、お人好しが過ぎるとさえ思えた。
「でもね、ワルに見えた気持ちはわかるよ」
 ヤマダは拓馬のフォローをしだす。
「黒いシャツとサングラス、ガタイがいいうえに髪の色が明るいとカタギには見えない」
「スジもんってことかよ」
「うん、きっと裏で画策するインテリタイプだね、あの雰囲気は」
「本人には言うなよ、失礼だから」
 なぜあの教師は他者の警戒心を煽る服装をしているのか、その疑問は解消されない。黒シャツは色黒の肌をごまかすためだと聞いたが、サングラスはなぜ必要なのか。
「校長の許可を取ってまでサングラスをかけるか、普通」
 拓馬はひとり言として本音を口に出した。ヤマダは拓馬の疑問を受けて、メモ帳のページをめくる。
「んーと、あんまり目のことをとやかく言われたくなかったみたい」
「青色だっていう目が?」
「日本だと珍しがられるでしょ。それがちょっとヤなんだって」
「へー、そんなことをホントに気にするのか?」
 授業中、端々に冗談を飛ばす教師の姿を思い出して拓馬は言った。気さくな先生という印象に似合わぬ苦手意識だ。しかしながら、その本質は真面目一本気な雰囲気はある。
「うん、わたしたちが見てる先生は明るい人。そう演じてるのかもね。それで……」
「ぼくの評判も聞いてるかい?」
 成石が二人の会話に割って入る。その目線はヤマダに注いでおり、拓馬は眼中にない。ヤマダはメモをちらりと見たが、すぐに首を横にふる。
「うーん、あんまり」
「なんてことだ! 容姿端麗、頭脳明晰なスターをほめそやさないなんて」
 成石はわざとらしく額に手を当て、首を横に振って呆れてみせた。ヤマダは「ふーん」と気のない返事をする。
「お笑いの星になるにはパンチが効いてないかなー」
「ぼくは芸人を目指していない! きみはどうもぼくの魅力に気づかないようだね」
「ナルくんの魅力? それってマジメなかっこよさのこと?」
「そうとも! それ以外の要素は求めていないよ」
「わるいけどシド先生の前じゃかすむよ、ねえタッちゃん」
 いきなりのフリながら、拓馬はうなずいた。拓馬の感性において、率直にシドのほうが風采に秀でている。なにより嫌味のない性格が好ましかった。完全無欠とも言える教師に比べると、自意識過剰な転校生は狂言回しだ。
 成石は己の満足する反応を得られないことにいらだっていた。髪をかき上げ、ため息をつく。
「はぁ、そんなにあの先生がステキかい? 頻繁に校長室に通う変人だっていうのに」
「あ、それホントの話なの?」
 ヤマダは成石の言葉に興味を示す。その情報自体は初耳ではないらしい。成石はようやく女子が自身に関心を持ったことに気を良くし、笑顔になる。
「本当さ。女の子三人に聞いて、実際にぼくも見たからね」
「ほう! それは何曜日の何時?」
「曜日までは覚えてないよ。わかるのは放課後ってことくらいだ」
 ヤマダは「放課後ね」とメモに書きつけた。
「なにをするんだい?」
「密会の目的が知りたい。ロクなことしてないんだろうけど、確かめておかなくちゃ」
「ずいぶん好奇心が旺盛なんだね」
「自分を守るためだよ」
 成石は珍妙そうにヤマダを見た。校長の性分を熟知しない転校生なら当然の反応だ。そのうちわかるだろうと思い、拓馬たちは説明を加えなかった。

タグ:拓馬
posted by 三利実巳 at 03:50 | Comment(0) | 長編拓馬 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集