2017年11月22日

拓馬篇前記−校長6

 校長と大力会長が交わした約束の通り、大力の電話は三月になってからかかってきた。大力がくだんの教師志望者を鑑定したところ、大いに有望な若者だと評定がくだる。校長はほっと胸をなでおろした。これで八巻が安心して治療に専念できるだろう。
 若者は男ぶりもなかなかよいらしい。圭緒という大力の娘は人見知りをしないのだが、彼と目があったとたんに恥ずかしがったという。校長は若者を非常に有能な人材だと思った。それは当初の目的とはちがう面での評価だ。
(年頃の女子がときめきを感じる教師! これはいい!)
 女子ウケのよい教師がいないわけではない。入院中の八巻は背が高く、顔立ちも整っているので、女子生徒からの評判はよい。ただ、彼は四角四面な考えの持ち主だ。女子生徒がいろめき立つ前に「生徒は異性として見られない」と釘をさしてしまう。若気の至りを拒絶する姿勢は正しい教職員の在り方だ。しかし恋に発展する可能性を完膚なきまでに潰す点が校長には残念であった。
 大力の印象によれば、デイルという若者は物言いが柔らかい紳士だそうだ。彼なら生徒の恋心の芽をそっとそのままにしてくれそうである。これは校長の求めていた絶妙な対応だ。教師と生徒との愛を奨励するのは倫理的にまずい面があるのだが、精神的な結びつきだけの恋はとくに問題がない──と校長は考えている。プラトニックラブこそが、校長が生徒に求める異性交遊である。
 ただし大力はデイルの欠点もあげた。それはデイルが一学期のみの就労を希望したことだ。この申し出は予期していなかった。大力は「その後は八巻さんが復職すればよかろう」と提案しており、校長はその意見に同意した。そのうえで短期間勤務の利点を考える。
(一学期限定か……この短さでは確実に悲恋に終わる!)
 美形の教師が生徒らの心にその存在を残す。それが彼女らの肥やしとなり次の恋へのステップアップとなる。もしかしたら数年後に町中で再会し、恋が再燃するドラマも──そのように校長は想像の翼をはばたかせ、相手方の希望を好意的に受け止めた。
 これらの考えはすべて、伝聞で知った内容から発展させたことだ。校長の予想と現実の乖離がいきすぎていないかを調べるには、それなりに工夫せねばならない。
 そこで校長はデイルの採用試験日に、仙谷ら武闘派生徒に反省文の再提出を強要した。
(小山田くんは作文が手早く書けるそうだが、はっきりした終了時刻はわからん)
 もしもデイルが「持っている」人物であれば、きっと難物の女子と接触が起きる。この女子はフラグだけは乱立する生徒だ。あとは若者の運次第。校長は試験では測れない若者の恋愛運をも見定めようとした。
 ついでに採用試験の面接官である本摩を生徒の見張り役とダブルブッキングすることで、わざと面接の時間に間に合わなくさせる。遅刻の時間を利用して、校長は自分の仕掛けたテスト結果を把握するつもりだ。
 反省文を書くべき生徒のうち、作文が不得意な子もいる。それゆえ本摩は面接に来れない可能性もある。その時は校長の一存で面接の合否を決めてしまうつもりだ。もはや大力の連絡をとった時点で、デイルの採用は決定していた。
 校長室の戸が廊下から叩かれた。教頭先生が例の若者を連れてくる。校長は若者の出で立ちの特異さに注目した。白髪ほど色は抜けていない灰色の髪、色素のうすい髪をより際立たせる褐色の肌、宝石のごとききらめきのある青い瞳。それらの要素は一八〇センチを超える立派な身体と端正な顔に付随する。
(な、なんたるイケメン……!)
 それでいて物腰は丁寧、かつ誠実さがにじみ出ている。大力の娘が頬を染めるのも無理からぬ色男だ。世の女性の大多数が好みそうな好漢である。
 校長はデイルに簡単な挨拶をした。校長が握手を求めた時のデイルは若干気後れしているようだったが、校長は気にしなかった。さっそくソファに座り、対談する。
「面接官がくるまで、なにを話しておこうか……」
 校長は喋りたいことが多すぎて整理がつかないでいた。デイルが「でしたら私のほうから」と切り出す。
「さきほど、こちらの生徒とお会いしました。私が会釈をすると頭を下げてくれまして、とても気持ちのよい子でしたよ」
「ほほう! それは男子かね、女子かね?」
「女子生徒でした。ポニーテールの……」
 校長は小さくガッツポーズをする。やはりあの女子はフラグを立ててきたのだ。
「それはこういう子ではなかったかね」
 校長は前もって用意した写真を一枚、テーブルに置いた。吊り目が印象的な、狐顔の女子が写っている。デイルはひと目見て「そうです」と答える。
「どうして、彼女の写真をお持ちなんです?」
「いやはや、きみがこの女子と関わり合いをもちそうだと感じたのだよ」
 校長は正直に言った。その根拠は女子の特異体質にあるのだが、なぜかデイルは目を大きく見開き、放心の様子を見せた。
「おや、なにかまずいことを言いましたかな」
「いえ、すこし驚いただけです」
「ほう、驚いたとな?」
 校長が前のめりになった。デイルはためらいつつも、口を開く。
「私はすこし前に彼女と町中で会ったことがあるのです」
 校長はのけぞった。今日だけでなく、学外でも二人の接触があったという。
(こんなコンボをかましてくるとは……!)
 校長は好奇心の勢いがありあまり、テーブルに両手をつく。
「で、で、その時はなにがあったのだね?」
「とくにはなにも。私が落し物をしたのを、彼女が拾ってくれました。きっと彼女は覚えていませんから、どうかここだけの話にしてください」
 校長は彼の想像が現実をふまえていないと思い、憤る。
「こんな男前をつかまえておいて、覚えてないわけがないだろうっ!」
「暗がりでしたし、顔はよく見えなかったと思います」
 校長の熱っぽさとは反対に、デイルは冷静だ。校長はつられてクールダウンする。
「そ、それはそうかもしないがね。だったらなぜきみは小山田くんの顔がわかるんだ?」
 デイルは事もなげに「夜目が利きます」と自身の視力を誇る。
「私の身体能力が一般人を凌駕すると、大力会長がお伝えしたとお聞きしました。納得していただけますか?」
「むう、そのようだね……わかった、小山田くんには内緒にしよう」
 校長は縁のある二人をあえてそっとしておくことにした。だが前情報はいくらでも提供する。
「その小山田くんのことなんだがね──」
 校長が女子生徒をとりまく環境を説明しようとしたところ、ノックが鳴る。白髪混じりのベテラン教師が入室してきた。
「遅れました! これでも生徒たちはがんばってくれたんですよ?」
 彼が面接官役の本摩だ。校長はそのようにデイルに紹介した。
(話せなかったことはまた時間を見つけて伝えよう)
 三人は本来の目的である教員採用の面接にとりかかった。

タグ:羽田校長
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6997861
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年12月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集