2019年07月03日

短縮拓馬篇−3章◆拓馬視点★

 体育祭は例年通りのにぎわいで、無事に終わった。その後の授業日の放課後、拓馬のもとに三郎がやってくる。
「これから空いているか?」
「やることはないけど……」
「ならば好都合! 折り入ってたのみたいことがある──」
 三郎は成石を襲った犯人捜しを提案した。本摩との約束通り、体育祭を終えたいま行動を起こすつもりだ。手始めに最近、公園でたむろしだした少年らに話を聞きにいくらしい。彼らは夜にも公園に集まるというので、もしかしたら、彼らが成石を襲った連中かもしれない、との推測を三郎は立てた。そうでなくとも、近隣住民は不良少年らをこわがっている。それゆえ年たちにふたたび立ち退きをたのむのだとか。拓馬は嫌々ながらも、三郎が知り得た情報には耳を傾けつづける。
「相手は金髪が特徴的な首領を合わせて、四人だという。こちらはオレとジモンと拓馬の三人で、数的には不利だが……なにも喧嘩が目当てで行くつもりはない。話し合いですませるつもりだから、なんとかなるだろう」
「なんとかならなかったから反省文を書かされたんだぞ」
 三郎は首を縦にふりながら「たしかに」と同調する。
「しかし行かねばなるまい。もし犯人がべつにいるのなら、あの男子たちも成石のような被害を受けかねない」
「言って聞いてくれる相手かなぁ……」
 拓馬は反論するかたわら、三郎の博愛ぶりに感心した。彼は不良たちの身も心配している。罪を憎んで人を憎まずの精神だ。
「それで、拓馬はきてくれるか?」
 拓馬が抜ければ三郎はジモンと二人で行くだろう。相手方との人数差が増えるほどに危険は大きくなり、拓馬は気が気でなくなる。いっそ彼らを見守ったほうが精神的にましだ。
「もう俺を勘定に入れてるんだろ?」
 付き合ってやると拓馬は渋々言い、拓馬を懐柔できた三郎は大いによろこんだ。拓馬は協力する条件を付け足す。
「だけど話をするのは三郎に任せるぞ。俺は相手が手ぇ出してきたときに助けるだけだ」
「ああ、それで充分心強い。さっそく帰宅して、私服に着替えてきて──」
 拓馬たちのもとに千智が詰め寄ってきた。なぜか怒り顔だ。
「まーたあたしを除け者にして、おもしろいことをやるのね!」
 今度はそういかないわ、とまくし立てた。彼女の剣幕に押された三郎は後ずさりする。
「いや、お前が邪魔者なんじゃなくてだな。お前までわざわざ行かなくてもいいと……」
「ヤマちゃんは連れて行ってたじゃない! あたしとなにがちがうってのよ」
 千智は教壇を踏みつけた。壇の底が抜けんばかりの大きい音が鳴る。
「いっとくけど、脚力ならあんたに負けてないからね!」
 千智は陸上部で学校の記録を塗り替えることもあるスポーツウーマンだ。三郎も運動神経が良いものの、瞬発力においては千智に軍配があがるようだった。
「ヤマダ……は拓馬の協力要請要員だ。前回はヤマダが乗り気だったし、ヤマダの行くところに拓馬もついて行くからな」
「金魚のフンみたいに言うなよ」
 拓馬は不本意な評価に難癖をつけた。結果的には三郎の言う通りになったとはいえ、心から望んだ行動ではなかった。
 三郎の弁明を聞いた千智はまだ不満げだ。
「ふーん、そう。あたしはなんにも役に立たないから、連れて行かないってわけね」
 千智は空手の構えに似た姿勢をとる。
「そこに立ってなさい。あたしの蹴りを味わって、まだ立っていられたら諦めてあげる」
「待て待て! そんなに思いつめることはないだろう」
「じゃあ一緒に行っていいの?」
「あー、拓馬と固まっていてくれれば、な」
 要望が通った千智は「ぃよしっ!」と拳を握りしめた。蹴撃の制裁を回避した三郎は深く息を吐いて、安堵した。
 三郎が目先の痛手を避けるがために、拓馬の役割は増えてしまった。守る対象が増えること自体はかまわない。だが物見遊山で危険に首をつっこむ者を連れていくことに不安を感じる。
「大丈夫なのか、これで」
 と先行きを案じた。そのつぶやきを、気に留める者はいなかった。
 機嫌を直した千智はヤマダを誘いだした。まるで祭りにでも行くかのような気楽さだ。ヤマダが誘いを承諾したので、拓馬は女子二人のお守りを担当することとなる。
(めんどーなことにならなきゃいいが……)
 拓馬が前途を憂《うれ》う反面、女子たちはたのしげだった。

タグ:短縮版拓馬
posted by 三利実巳 at 18:00 | Comment(0) | 長編拓馬 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年12月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集