2019年05月08日

クロア篇−10章1

 他国にある館の魔人の住処に到着したクロアは飛竜から降りた。屋内は明るいため、何者かが館にいるとうかがい知れる。クロアは魔人がいるのではないかと思い、すぐに玄関へ突入する気にはなれなかった。タオが「楽にしていい」と忠告する。
「ヴラドがいる気配はない。この照明は同居人が点けたものだ」
 館の主は不在だと知り、クロアは緊張がほぐれた。臨戦態勢は不要となれば両手を空けておく必要はない。それゆえ足元にいるベニトラを抱きあげる。
「ヴラド以外に、どういった方が住んでらっしゃるの?」
「普段ねむりつづけるヴラドに代わって屋敷を守る者だ。迷いこんだ旅人の世話もする」
 タオが大きな両扉を開けた。開けた瞬間は暗かったが、足を踏み入れると壁に設置された灯りが点灯する。四尺ばかり前方に、もうひとつ扉が構えていた。
「ここは改築した玄関だ。入口と広間が直通していると落ち葉が入ってきて困る、と管理者に言われて直した」
「きれい好きな方ですのね」
「ああ、もとが掃除目的に造った生き物だ」
「『造った』……?」
 タオはふたつめの扉を開けた。広間は明るく、暖炉や長椅子などの常人に入り用な設備、家具が最低限ある。魔人の住居とはいえ、人間の宿代わりになるという噂は本当らしい。
 ぺたぺたという物音が近付く。クロアはつい杖に手を伸ばすが、現れた生き物を見て気が抜けた。薄茶色の毛に覆われた獣人で、兎に似た長い耳と大きな目が印象的だ。背は子どものように小さい。裳を履くさまは女性のようだ。
「お客さんなの?」
 声は幼く、敵意がまるでない。クロアは獣人の無防備さに意識がいってしまい、上の空で「そんなところですわ」と答えた。タオが会話を引き継ぐ。
「ティッタ、ヴラドの部屋へ案内してくれ」
「うん、わかった」
 クロアたちは兎の獣人に先導される。階段を上がり、扉が点々と続く廊下を進んだ。今度は灰色の毛皮の兎が手を振りながら走ってきた。獣人が「リロー」とタオに声かける。
「頼んでおいたハタキは?」
「すまない、まだ買っていない」
 クロアは「リロー?」と新たな呼び名に反応した。タオが「私のあだ名だ」と言う。タオの名となんら共通点のない呼称だ。マキシのように長い名前を省略した愛称では確実にない。
「ティド、お前は館に不審な人物が入らないように見張ってくれるか」
「いつもやってるよ!」
 灰色の兎は一階へ行った。クロアたちは最上階へ上がる。重厚な両扉の前へ着き、茶色の兎がたやすく扉を開けた。扉は見た目ほど重くはないらしい。
 兎が部屋の灯りを点けた。室内には蓋の開いた棺桶が中央に置かれている。体格の良いタオ以上の者が収まりそうな巨大さだ。その棺桶が室内でもっとも目立った。棺桶を囲むようにして棚や箱が壁際に並ぶ。武具も装飾品のごとく陳列していた。タオはおもむろに棚の引き戸をあけ、中にあった写真を出す。色あせた写真には所狭しと人が写っている。その中にはリックらしき姿があった。
「これは大昔、私が生まれる前に撮ったものだそうだ。この男がヴラド」
 タオが指でひとりの男を示した。残念ながら年代ものの写真に加え、被写体が後方にあって、顔がはっきり見えない。
「よくわかりませんわね……最近の写真はありませんの?」
「これは術で経年劣化を防いでいる。単に写真機の性能が悪いんだ」
 タオは別の一枚を見せる。男性の横顔が写りきらないほどの接写だった。雰囲気は気の強そうな、眼力のある壮年に感じられた。
「撮り方は下手だがこれが一番、よく顔が見える」
「ヴラドの顔を知っても、肝心の女性さがしには役に立たないのではなくて?」
「意味は、ある」
 タオがじっとクロアの顔色をうかがった。憐れみを帯びた目だ。クロアは自分になんら恥じ入る部分はないゆえ、反抗心を燃やす。
「なぜそんな目でわたしを見るの? わたしが捨てられた子犬にでも見える?」
「ああ、いずれそうなるかもしれないからな」
 なかば冗談で言った例えが、否定されなかった。クロアは屈辱を覚える。
「どういうつもり?」
 クロアは苛立った。タオが鞄からクロアの家族写真を出す。写真帳をめくり、兎に見せた。
「ティッタ、この中に見知った者がいるか?」
 兎は大きな目をぐるぐるうごかしたのち、「うん」と答える。
「この女の人がヴラドの宝物」
 兎が毛むくじゃらな手で写真を示した。一般動物の兎にはない指先を、クロアは注目する。幼いクロアを抱く赤髪の婦人。その上に獣の指があった。

タグ:クロア
posted by 三利実巳 at 00:00 | Comment(0) | 長編クロア
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2020年01月【2】
2019年12月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【11】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集