2019年05月03日

クロア篇−9章3

 山の斜面を駆け抜け、フィルが到着した先にはリックがいた。地中に大部分が埋もれる岩に腰かけ、休んでいる。彼の肉体には外傷がなかった。
「リックさん、賊に与(くみ)する魔人と一戦交えたのではなかったの?」
「やつはすーぐ帰っちまったよ。ま、本気で勝敗を決めるときゃ、数日がかりになると思うがな」
「そんなに、お強いのね?」
「そらそうよ。むかーしの戦争で敵方を蹂躙した魔人だぞ」
「そんな魔人が、なんでチンケな賊の仲間になったのか、お聞きになりました?」
 リックはあご鬚をさすって「あいつも人さがしだとよ」と答える。
「貢ぎ物の女がいなくなったらしい。その捜索を賊が手伝ってくれるんだと」
「貢ぎ物の女?」
「あー、何年前だか知らねえが、もらったんだとよ。半魔で長生きする女だから、ナマモノでも受けつけたらしい。あいつは長いことカタチが残るもんを報酬に選ぶんだ」
「人をお金か物みたいに……」
「文句があんなら女を差し出した連中に言うんだな」
 リックは立ち上がり、フィルと肩を並べて歩く。クロアたちも兵が待つ場所へ移動した。
「その女を見つけて、ヴラドにくれてやりゃあいい。そうすりゃ賊なんざすぐとっつかまる」
「その女性のこと、リックさんはご存知ないの」
「知らん! ここ最近の話はワシもフィルも把握できてねえ。遊びに行ってもヴラドの部屋には入らねえで、やつの飛竜に会うだけだかんな」
 あいつは用もなく起こすと怒るんだ、と愚痴った。まことにリックはあてがないらしい。
「でしたら……女性の名前や外見の特徴をヴラドに聞いてみたらどうかしら? わたしたちが代わりにさがすと言えば、鞍替えするかも」
「さあてな。最悪、あいつも女の名前と顔を忘れてるかもしれんぞ」
「え、本当に? だって大事な貢ぎ物じゃ……」
「あんまりオツムは良くねえからよ。感覚で覚えてる部分でないと信用できんぞ、あいつ」
「そんなにバカなの……」
 ダムトが「クロア様が他人のことを言える義理はないですよ」と口を挟む。クロアは腕をぶんと振って、従者の正論に反抗する。
「とにかく! 次は館の魔人を調査するわ。ダムト、ヴラドの住処を調べてちょうだい」
「そのあたりは調べなくてもわかりますよ。有名ですから」
 ダムトはマキシに「貴君は知っておいででしょう」とたずねた。マキシは同意を示す。
「ヴラドの館は旅人が一夜を明かす宿の代わりになるらしいね。噂通りの場所にあったという証言はとれている」
「彼の館に手がかりが残っているか、さがしてみますか」
 ダムトが話をまとめた。一同はほかの隊との合流のため、きた道をもどった。
 負傷兵のいた場に近付くにつれ、ベニトラの移動速度が速まる。火急の用ができたのかしらとクロアが心中でつぶやくと『魔獣が起きたらしい』と返答があった。
「あの魔獣がもう目覚めたの? ベニトラのときは長い時間、寝ていたのに」
「衰弱しているとはいえ兵に危害を加える危険があります。急ぎましょう」
 ダムトが巨大トンボの飛獣を呼び、トンボの背に飛びうつった。彼は飛獣を高く上昇させ、木のうえまで上がる。クロアもベニトラを上空へ飛翔させた。

 クロアが見下ろした大地には白い巨獣と二人の戦士がにらみ合っていた。戦士側の後方には捕縛した賊たちがいる。ボーゼンらは虜囚を守っているようだ。ダムトがそっと着陸したのを真似て、クロアも穏便に着地する。白い魔獣はクロアをじろっと見た。
「わたしたちにはあなたを痛めつけるつもりはありませんわ。威嚇はやめて──」
「助けてくれてありがとよ」
 魔獣は自身の突き出た口をクロアに向けてしゃべった。謝辞を述べられて、クロアの警戒心はうすれる。だが周囲に待機する兵と賊たちはなぜか戦々恐々とした。
「だがオレに好き放題したバカどもにはケジメをつけてやらにゃならん」
「それはわたしたちが法で裁くことですわ。私刑は認められません」
「魔獣に法も規則もあるか!」
 獣ががなった。ボーゼンが杖を構えなおす。
「きさま、クロア様に楯突く気か!」
 怒号を飛ばす宿将を、腹部の出血痕がのこる歩兵隊長がなだめる。
「ちょいと待った。クロア様はあいつの言ってることがわかるみたいだ」
 クロアはユネスの発言が瞬時に解せなかった。そばにいるダムトが察して「たまにあることです」と告げる。
「魔獣は高い魔力によって人語を話します。魔力は精気を消費して内外に影響を及ぼすので、弱っている状態では会話機能がうまく働かない場合があるのです」
「ではなぜわたしには聞こえるの?」
「魔族の血が入っているからですよ。俺も聞こえますし」
 マキシが「ほかにも要因はある」と言う。彼はこれまで妖鳥で移動していたが、いまは自分の足で立っている。
「聞き手が強い魔力を有し、魔獣との意思疎通を願うことでも言葉はわかるようになるんだ」
 マキシは急に「グウェン!」と名を呼んだ。彼の招獣が出現する。白い鱗で覆われた獣だ。説得中の魔獣と風貌は似ているものの、体が一回り小さい。
「むやみに人を傷つけないで。私たちの種族全体が危険だと思われてしまう!」
 高い声だ。クロアは女性が話したと思ったが、レジィとフィルの声ではない。グウェンという名の招獣がしゃべっているらしい。
「いまは心と体を癒しましょう。それまでこの人間たちは守ってくれる──」
「そして鱗を剥ぐんだろう。オレの仲間がそうだった!」
 魔獣が拘束中の賊をにらんだ。賊は短い悲鳴をあげる。
「こいつら、オレをどう見ていたと思う? 『番犬代わりに戦わせればよし、死ねば死体を売って稼ぐもよし』だとよ。オレを殺すつもりでいたクズどもを襲って、なにが悪い!」
 魔獣が咆哮する。グウェンはなおも諌めようとした。しかしリックが間に入り、阻む。
「このしょっぴいた連中、おめえの気が済むまで殴ってみっか?」
 粗暴な提案だ。クロアたちは騒然とした。リックは「条件付きだ」と加える。
「一発殴るごとに賊は入れ替える。殴ったやつはフィルが治して元通りにする。ようは殺しはナシだ。な?」
 リックがクロアに賛同を求めた。クロアはなやむ。
「そんなこと、勝手にやっていいのかしら……」
「このまんまじゃ、あの魔獣をおめーらが退治するはめになる。どっちがいいんだ?」
「それはいけないわ。あの子はただの被害者だもの」
「だろ? だれも死なねえ程度に望みを叶えさせてやれよ。長いこと耐えてきたんだからよ」
 クロアは自分の次に権力のある武官を見た。ボーゼンは苦渋の表情で「黙認します」と言う。
「どうか死者は出しませぬよう、それだけはお守りください」
 ボーゼンは兵に命令を出して、クノードに撤退指示をあおぐ者や賊の住居の調査に当たる者など、とにかく兵全体に移動を命じた。私刑の場を目撃させないようにする気遣いだろうか。
 残された捕縛者は怯え、その場をうごけないながらも身を寄せ合う。リックは最前列にいた賊を片手で捕まえた。無理に立たせ、引きずるように歩かせる。殺さないでくれ、という賊の嘆願をリックは鼻で笑う。
「死にはしねえさ。うちのフィルは年季の入った療術士だ」
「『熟練の』と言ってくれます?」
 免れない痛みに恐怖する賊とは対照的に、二人は笑った。

タグ:クロア
posted by 三利実巳 at 00:00 | Comment(0) | 長編クロア
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集