2019年04月29日

クロア篇−8章6

 クロアとレジィが会議室を出る。廊下にはなぜかタオが立っていた。
「あら、あなたはお部屋を案内されているんじゃ……」
「あとで教えてもらう。いまは公女と話がしたい」
「かまいませんけど……レジィはどう?」
 少女はさきほどの会議の記録を官吏に見せる役目を抱えている。
「あのう、書記の仕事がのこってるので……」
「わかったわ、わたしだけで話す。あなたは記録を提出できたら、もう休んでいいわ」
 レジィは「わかりました」と言うと、筆記板を大事そうに抱きながら、離れていった。
「さて、どこでお話ししましょうか」
「皆の話し合いに使っていた、そこの部屋は?」
「そうね……どうせ空いているのだし」
 クロアはふたたび会議室へもどった。この部屋はもう今日使われることはないはずだ。しかし人がやってくる可能性はある。それは清掃だ。会議室の清掃がどの時間帯で行われるのか、クロアは把握していない。
(人がきたらきたで、また場所を変えましょ)
 そう楽観し、いつもは私用で立ち入らない部屋の椅子へ座った。ベニトラは長机のうえをぽてぽて歩きまわっている。他者の目を気にしなくてよい状況なので、獣の好奇心がぞんぶんに発揮されているようだ。
「私が公女に協力する理由なんだが……」
 タオはいきなり本題に入ってきた。猫に見とれていたクロアはその唐突さにびっくりする。
「え、それが、わたしにする話?」
「そうだ。訓練場で『あとで言う』と約束したはずだが」
 そんな文言はクロアの頭からすっかり消え去っていた。クロアは彼の律義さに感じ入る。
「そうでしたの。義理堅いお人ね」
「なに、理由には私事も混ざっている。純粋な善意で貴女に協力するわけじゃない」
「どんな私事ですの?」
「知人をさがしている」
 どこかで聞いたような話だ。それがリックのことだと思い出すと、クロアは「飛竜?」とたずねた。タオは「だいたい合っている」と答える。
「その飛竜を従えている者……が私のさがす人物だ」
「でも、どうして『人さがしのために賊の討伐をする』という発想になりますの。そんなに賊に捕まりやすいお方なの?」
「捕まってはいない。賊と行動を共にしている、との目撃情報を聞きつけた」
「どこから聞いたのです?」
「ダムトだ」
 そう言われて、クロアは無性に納得がいった。タオとリックが同じ動機でクロアたちに協力するのも、ダムトの言葉かけによる影響なのだ。
「じゃあリックさんが町にきたのも、ダムトの手引き?」
「それは知らない。ダムトはリックにも情報を伝えはしただろうが、公女の手助けをしろとまではたのまなかったと思う。リックとフィルが傭兵の頭数に入るのなら、私の仲間を二人連れてこなくてすんだはずだろう?」
「そのとおりですわ。じゃ、リックさんは個人的にたすけてくれる認識でよさそうですわね」
「あいつの場合はタダ飯にありつきたかったようにも思うが……」
「動機はどんなのでもかまいません。ところであなたがさがす方のことを教えてくださる?」
「ヴラドという魔人だ。知っているだろうか?」
 クロアは聞きおぼえがなく、「存じておりません」と答えた。
「ヴラドは聖王国と剣王国の境にある、古い館に住んでいる」
「古い館……?」
 クロアは妙にその言葉にひっかかりを感じる。
「古い城、ではなくて?」
 古城という単語を、魔人に関連する説明の中で聞いたおぼえがあった。タオは「そちらは別の魔人だ」と否定する。
「古城の魔人はディレオスという。彼はこの国の山中に立派な城を所有している」
「そうでしたの、勘違いしてしまいましたわ」
「気に病まなくていい。いままで貴女に縁のなかった魔人たちだからな」
 存外やさしいなぐさめを受けて、クロアはかえって気恥ずかしい思いをした。
(無愛想だからダムトと似たような人かと思ってたけれど……だいぶちがうのね)
 半魔にもいろいろと性格の種類があるものだ、とクロアはあらたな発見を得た。
「ヴラドの説明をくわえると……提示する報酬に応じて、他者を助けることで有名な魔人だ」
「『報酬に応じて』……ということは、ヴラドは賊と取引をした、と?」
「その可能性は高い。やつは依頼内容の善悪にこだわらないからな」
「どうすれば賊と離反させられるのです?」
「賊がヴラドに与えるはずだった礼を、こちらが渡す。それが手早くすむ方法だと思う」
 単純明快な解決法だ。しかしその実行には課題がのこっている。
「ヴラドはなにをほしがっているのかしら……」
「……それを知るために、やつに会う。賊の護衛というくだらん真似をやめさせなくては」
 タオはヴラドの目的物の詳細を知らないらしい。これからそれを明らかにする、との問題意識がクロアに芽生えたところで、二人は会議室を出た。

タグ:クロア
posted by 三利実巳 at 00:00 | Comment(0) | 長編クロア
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年12月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集