2019年04月26日

クロア篇−8章3

 クロアたちは屋敷到着後、ユネスが試合を行なっていると聞きつけた。現在、ダムトが見つけた人材が腕試しをしているという。それも三名だとか。
(よし、うまくやってくれたわ!)
 クロアは嬉々として訓練場へ急行する。そこには観戦する者が三人おり、うちひとりはダムト、ほか二人は知らない小柄な男女だった。
 柵の中には二人の人物がいる。勝敗はすでに決したらしく、試験官が地に膝をつけていた。
「ダムト! お強い方を連れてきたのね」
 従者はクロアを見て、顔をそむけた。クロアはその態度を奇妙に感じる。
「どうしたの、照れちゃったの?」
「いえ、お連れの魔人がいかついものですから」
「ふふん、いいでしょ。わたしが勧誘したのよ!」
 クロアはこの上ない強者の存在を誇った。しかしダムトは批判的な目つきを向けてくる。
「おおかた、食事提供と引き換えに雇ったのでしょう?」
「そうだけど……?」
「滞在費が跳ね上がりますよ。お覚悟してください」
 クロアはおどろいた。ダムトがリックの特徴を知っているとは思わなかったのだ。
「あなた、どこでリックさんのことを知ったの?」
「実家……でしょうか」
「家族ぐるみの付き合いなの?」
 巨漢がずかずかと進み出て、クロアとダムトの間に立つ。
「ああ、こいつの父親とワシは仲良いんでな」
「ダムトの父親って……魔人ですの?」
「そうだ。この国に長く住んでて、古城の魔人だとか呼ばれてるな」
「古城……?」
 クロアはダムトに説明を求めようとしたが、彼はクロアと顔を合わせない。そのうちにリックが柵の中にいる挑戦者を指差して「こいつも魔人の息子だぜ」と紹介する。
「タオといってな、親父の名はクラメンス」
 その人物は薬草摘みの男性だった。彼はかつて、クロアの募兵を拒否した半魔だ。クロアは彼がこの場にいることに強い不満を感じた。
「こいつも親に似て、療術と氷術が得意だ。ワシほどじゃないが肉弾戦もそれなりに──」
「わたしの勧誘はお断りになったのに、ダムトなら応じるとはどういう了見ですの?」
 クロアが語気を強めて問いただした。男性は出入口の鎖を外し、訓練場から出てくる。
「事情が変わった。私も討伐軍に加わる」
「どんな事情です?」
「あとで言おう。まず私が希望する報酬を聞いてもらえるか?」
「ええ、どうぞ!」
 クロアは少々ぶすくれて応対した。タオという男性は「とある場所へ一緒にきてもらう」と変わった申し出をしてくる。
「討伐が成功するまえになるか、あとになるかはわからないが……よろしいか?」
 クロアは滅多なことでは遠出を許されない。むしろありがたい申し出だと思い、不機嫌な気持ちが払拭される。
「どんな場所ですの? それくらい、個人的に付きあって差しあげてもよくってよ」
 タオはいかめしい面をする。
「あまり、たのしいものではないぞ」
「この大陸のどこかなら物見遊山気分で行けますわ」
「……ここからは近い。飛竜を飛ばせばすぐだ」
「でしたらリックさんの試合が終わったあとに行きません?」
 タオは「考えさせてくれ」と煮え切らぬ態度をとった。彼は手ぬぐいで頭をおおう若い女性から杖を受け取る。クロアはこの女性と、頭巾をかぶった壮年男性についてタオに問う。
「あの、こちらの女性と男性は?」
「私とともに傭兵を請け負う者たちだ。女のほうはカヤ、短剣と体術を得意としている。男のほうはゲンゾウ……剣術や暗器の手練れだ。二人とも及第した」
「あなたの仲間?」
「ああ、ダムトが三人必要だと言ったから連れてきた」
 クロアはタオの仲間をまじまじと見た。カヤという女性は人懐っこい笑顔で「よろしく〜」と手をふり、ゲンゾウという変わった名前の男性は黙礼するだけで一言も発さない。二人とも体格が秀でていない点は共通するが、性格は反対のように見受けられた。
 一通りの紹介がすみ、クロアはさっそく自分が引き連れてきた魔人の力試しをしようかと思った。しかしマキシが興奮気味に「あなたが、あのクラメンスの子か!」とタオに話しかけるので、そちらに意識が向く。
「聞きたいことがある! あとでいろいろと話をさせてもらえないか?」
 レジィが手をあげて「あたしも!」と主張する。相手は療術士の大先輩。医官のはしくれであった彼女にも聞きたいことがあるのだ。
「かまわないが……ここの人間はやたらと私に用があるんだな」
 クロアは彼の言葉がレジィとマキシの勢いを指す以外、賊討伐に向けた募兵のことをも意味するのかと思った。そのときユネスが「無理を言ってわるかった」と笑いながら答える。
「高名な療術士ならおれの腕を治せるんじゃないか、ってのはずっと思ってたんでよ」
 ケガの後遺症ゆえに、剣士としての道をあきらめた者らしい希望だ。クロアはユネスの用件がもっとも切実だと思った。
「ユネスの体は、その状態が正常だと認識している。療術では全盛期にもどせない」
 タオが解説するとマキシが「『療術では』?」と質問をはさむ。
「療術以外なら、方法があると?」
「新しい肉体に精神を移すか、腕を負傷する前まで肉体の時間をさかのぼらせるか……いずれも欠点がある。ユネスはその欠点を考えたうえで、いまのままでよいと判断した」
 利き腕を損傷した術戦士は大いにうなずく。
「ああ、このまんまでも戦えるしな。それに、この体になって良いこともあった」
 ユネスには妻子がいる。それはアンペレの武官になることで出会えた家族だ。利き腕がダメにならなければアンペレに定住するとは露にも考えなかった、とは本人の言だ。
「禍福は一様に決められないな」
 とタオがほほえんだ。

タグ:クロア
posted by 三利実巳 at 23:00 | Comment(0) | 長編クロア
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年12月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集