2019年04月22日

クロア篇−7章7

「俺はお前の召使いじゃないんだぞ」
 長身の男剣士が愚痴りながら料理をもってきた。続く女剣士も、さきほど座っていた席にあった葡萄酒と酒杯を卓上に置いた。女剣士は一言も発さず、むすっとした表情でいる。こちらは無口なようだ。
 剣士の二人組は椅子に座らず、クロアたちの顔ぶれを確認する。
「冒険者仲間、にしては気品があるように見えるな」
 クロアは育ちの良さを見抜かれ、いたく満足する。
「ふふん、魔界育ちの魔人にも人を見る目がおありなのね」
「どこの神官の娘だ?」
「神官?」
 クロアはこの場で一番聖職者にちかしい少女を見た。するとレジィの隣りに剣士が座っている。おまけに彼は少女の手をにぎっていた。
「あ、あたしは……ふつうの、平民です」
 レジィの顔は赤い。彼女は剣士から顔をそむけて、クロアに助けを求める視線を送ってきた。クロアはその救援に応じる。
「わたしの従者にちょっかいをかけないでくださる?」
 キツく言ったつもりだったが、剣士は堪えない。
「手をとるくらいいいだろう」
 まったくわるびれていない返答だ。クロアはマキシのほうへ上体を寄せて「なんなんですのあの男は」と質問した。マキシが答えるまえにリックが「見てのとおりだ」と言う。
「三度の飯より女が好きなんだ。剣仙だなんだともてはやされてっけど、ワシから見りゃ女にだらしねえだけの男だ」
「どうとでも言え。俺が生きるために必要なことだ」
「おめえも夢魔と変わんねえな。他人の精気を吸い続けなきゃならんってのは」
 リックは鳥足のから揚げに食らいついた。それきり食事にかかりきりになる。リックのほうから話すことはもうないようだ。
 食事に夢中な巨漢に代わり、男剣士がクロアの話を聞くことになる。
「用件を聞かせてもらうか」
「話のまえに、レジィから離れていただけます?」
 クロアはあくまでも穏便な態度を心がける。
「その子はわたくしの護衛です。男性をたのしませる遊女ではありません」
「ずいぶんと潔癖なことだ。この程度で俺がこの娘を遊女あつかいしているだと?」
「あら、そのつもりがないとおっしゃるの? でしたら代わりにこの子をお渡ししますわ」
 クロアは成猫の大きさのベニトラを掲げた。剣士は目をまるくする。
「どういうつもりだ?」
「お手がヒマなのでしょ。この猫をお好きなだけさわってもよろしいですわ」
 クロアは「退屈しのぎになりましてよ」と丁寧に提案した。クロアなりに譲歩した交渉だったが、剣士は鼻で笑う。
「ふん、そんな獣にはなんのおもしろみもない」
「では手ぶらでお話をする、ということでよろしい?」
「そうもいかんな」
 話は平行線をたどった。クロアはいい加減に嫌気がさしてきて、色魔を目で殺す勢いでねめつける。
「あんまりしつこいと、無理にでも引き離すことになりますわ」
 剣士も目が据わる。このときになってやっと彼はレジィの手をはなした。
「気の強い女だな。俺の名を知ってなお挑発するか」
「挑発だなんてとんでもありません。わたくしは正当な申し立てをしておりますの」
「俺の機嫌を損ねれば命が無いとは思わないのか」
「そのときは、あなたも無傷ではいられませんわ」
 剣士の殺気がクロアに突き刺さる。敵意を向けられてなおクロアは眼力を緩めない。
「あなたがどれほどお強いのか存知あげませんが……強い者は他者への礼を失してよい、だなんてバカげた道理はありませんのよ」
 以後、無言のにらみ合いになる。クロアは腰に提げた杖をにぎり、警戒態勢をとる。もう片方の手で、膝の上にいるベニトラの背をかるく叩いた。乱闘が発生した際はベニトラの助太刀が必須。その意思を手で伝えているのだが、ベニトラは四肢を投げ出していた。
(この殺気を感じとれないはずは……?)
 ベニトラはのんきに伸びたままだ。血を見る未来など起こりえない、とばかりに。
「からかうのはよせよ、チュール」
 咀嚼音のまざった勧告が入った。リックは酒で口の中を一掃する。
「おめえが女と遊ぶのが好きだっつうのはわかるが、いまやることじゃねえだろ?」
 クロアは「遊び?」と疑問に思い、下を見る。くつろいでいた猫は長い尻尾を立てて、クロアの頬をなでた。もう大丈夫、と言いたげだ。
「あの、どういうことですの?」
 クロアはリックのほうにたずねた。彼は首をこきこきと鳴らす。
「こいつが女を殺すわけがねえ。どんな赤ん坊や老いぼれでもな」
 剣士はふくみ笑いをした。マキシがほっとした様子で「文献によると」と解説を始める。
「大昔の大戦では神族の軍も人の兵隊にも女性を従軍させたそうだ。理由は、わかるかい?」
「もしかして、この魔人が……本気を出さないようにするため?」
「そうだ。そう知っていても、この空気じゃ本当に殺し合いになるかと思ったよ」
 マキシは顔ににじんだ脂汗を手巾でぬぐう。レジィも大きなため息を吐いて、緊張をほぐした。二人はすっかり安堵の域だが、クロアは不機嫌になる。
「趣味のわるい冗談だわ! わたし、ますます不愉快になりましてよ」
「そう怒るな。俺はおまえのほうが好みだ」
「あなたの好みなんてどーでもよろしいわ!」
 クロアは話の通じない男を放っておき、自身の膝にいる猫の両脇を抱えあげた。ベニトラのすまし顔をしっかと見つめる。
「この魔人に敵意がないと知ってたのでしょ。どうして教えてくれないの?」
「この身で教えた」
 たしかにベニトラのくつろぎぷりには違和感をおぼえた。だが確証のもてる態度ではなかった。それゆえクロアは半ばあきらめた調子で「ちゃんとしゃべってちょうだい」と苦言を呈した。

タグ:クロア
posted by 三利実巳 at 00:40 | Comment(0) | 長編クロア
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集