2019年03月27日

クロア篇−6章6

 父の執務室を離れたあと、クロアはレジィに午前の仕事をさきに着手するようたのんだ。もはや始業時刻はかなり過ぎていて、昼休みを意識するような時間帯である。やれる事務作業はすくないのだが、なにもしないよりはいいとクロアは判断した。なにより、クロアに敬重の意を示さない客人に向けて「自分は暇人ではない」と強調する意味もあった。とくにやることのないナーマもレジィに付き添わせ、職務の見学をさせることにした。
 クロアはマキシを連れて、自分の部屋にもどった。今朝部屋に置いていった猫は専用の寝台で横になっている。あれからずっと寝続けていたようだ。普通の猫はよくねむる生き物だというので、この魔獣も同じなのだろうとクロアは思った。
 クロアの部屋のすぐ外にはマキシが待機している。彼は「クロアの部屋には入らない」と領主や公女に約束した。それゆえ、マキシはベニトラが廊下へ出てくるのを待っている。ベニトラにはこの部屋を出てもらわねばならないのだ。
「ねえベニトラ、起きてくれる?」
 猫はうっすら目をあけた。
「あなたを観察したいという人がいるの。ちょっと外へ行ってほしいのよ」
「外で、なにをする?」
「観察だもの、好きなようにしたらいいはずよ。でもいちおう、本人に聞いてみるわね」
 クロアはベニトラが入ったカゴを両手に抱え、廊下へ出た。廊下で突っ立っていたマキシはカゴに注目する。どこか気取っていた青年が、子どものように無邪気に目を輝かせた。
「おお! そこにいる朱色の動物が、そうなのか?」
「ええ、この子がベニトラ……つい先日まで、石付きだった子です」
 青年の手がカゴへのびた。ベニトラの鼻先に彼の指が触れそうになったとき、手をひっこめる。
「あ……さわってみても、いいかな?」
 厚顔無恥だった青年がベニトラの目を見ながら言った。彼は魔獣との接し方には慎重なようだ。公女よりも猫を大切にする青年の態度に、クロアは引っ掛かりをおぼえる。しかし彼にならベニトラをあずけても平気だという安心も感じた。
 マキシの問いかけに対して、ベニトラは反応しなかった。マキシは次いでクロアを見上げる。クロアを獣の代弁者と見做して、その承認を待っているのだ。
「はい、だいじょうぶですわ」
 青年は猫の下あごに指先を当てた。指で毛皮をかきわけ、毛が生えそろわない部位を見る。そこは一昨日、赤い石が付着していた。クロアが石を破壊したあとはその部分だけ素肌が丸見えになってしまい、いまは首輪で毛の抜け具合をごまかしている。傍目には脱毛の程度が気にならないようになっていた。
「ここに……石が埋まっていたのか」
 沈痛な様子でマキシがつぶやいた。彼は被害に遭った獣をあわれんでいるようだ。
(ちゃんと情がある人なのね……)
 えてして偏狭な好奇心にとらわれた人間は、他者を血の通った生き物とは思わず、非人情な行動に出ることもあるという。まさにベニトラを凶暴化させたやからが、そんな人間だ。だがマキシはそうでない。彼のよき一面を垣間見たクロアは、不遜な青年への悪印象を取りはらった。
 マキシがベニトラの脱毛部分を確認しおえる。彼は文具を出して、手帳に書きつけた。彼の調査はもうはじまっているらしい。クロアはもともとたずねたかったことを質問する。
「あの、ベニトラの観察は……この子が自由にしていればよろしいの?」
「ああ、それでいい」
 学者もどきの青年は手帳から目をはなさずに答えた。すっかり調査に夢中になっている。
「ベニトラ、マキシさんが観察しやすい場所まで移動してちょうだい」
 カゴの毛布にくるまっていた猫がもぞもぞとうごきだした。大きなあくびをひとつかく。そうしてフワっと浮遊をはじめた。マキシは猫の飛翔能力を目の当たりにして、「おお!」と感動する。
「へえ、飛獣か! やっぱり有名な魔獣の子孫かもしれないな!」
 有名な魔獣、という言葉にクロアは多少興味を惹いた。しかしそんな会話を弾ませていられる場合ではない。
「ではわたくしは午前の職務にもどりますわ」
「もうすこし待ってくれ。あとは、石付きの魔獣を捕獲した人から経緯を聞きたいな」
「経緯……」
「いつごろ目撃された、とか、どうやって捕まえた、とか……たしか公女とそのお付きの護衛が捕まえたんだろう? きみはいそがしいようだから、護衛の人から話を聞かせてもらえないか」
 クロアとともにベニトラを捕えた人物が、いまどこにいるか──クロアは把握していなかった。なにせ今日の彼には一日の休暇を出した。飛獣を有するダムトの行動範囲は広い。下手をすれば町の外へ出かけた可能性があった。昨日一昨日とたいへんな任務をこなしてきた人なので、ゆっくり自室で休んでいても当然なのだが、クロアに確証はない。
「わたくしの護衛は今日、職務を休んでいまして……部屋にいなかったら居場所はわかりませんわ」
「わかった。その部屋をたずねてみて、不在だったらあきらめるよ。どこの部屋だい?」
「真向いの部屋ですわ。ちょっとお待ちになってて」
 クロアは両手で持っていたカゴを脇に抱える。空いた手でダムトの部屋の戸をかるく叩いた。「どうぞ」という部屋主の声が返ってくる。クロアは内心とても安堵した。この従者がめんどうな客を対処してくれればまちがいはないと思ったのだ。
 クロアが部屋へ踏み入ると部屋主は入口のちかくに立っていた。彼はクロアの後方にいる客人に視線を射る。
「……そちらの男性と、俺が話をしたらよいのですか?」
「あら、聞いてたのね」
「聞こえましたとも。これでは休みが休みになりませんね、まったく」
「あなたが知ってることを話すだけでしょ? 世間話みたいなものよ」
 従者は渋々説得に応じ、マキシを接待する支度をはじめた。客をもてなす場所はダムトの部屋に決め、そこで長話するための茶を用意しにいった。
 ダムトが部屋を空ける間、ベニトラはダムトの寝台の端っこに身を投げ出した。まだまだごろ寝するつもりだ。その様子をマキシがじっと見ている。猫がすっかり置物のように居付いてしまうと、青年は猫ににじり寄った。寝台から垂れた長い尻尾を、手のひらでそっと持ち上げる。
「尻尾が長いんだな……」
 ぽろっと感想をもらすと、また手帳になにかを書いた。いまの彼はベニトラ以外に関心がない。クロアは「わたくしはもう行きます」と一言告げて、退室した。

タグ:クロア
posted by 三利実巳 at 06:10 | Comment(0) | 長編クロア
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集