2019年03月26日

クロア篇−6章5

 試合のすえ、挑戦者は及第した。ただし快勝とはいかなかった。青年の運動能力は貧弱で、試験官の水球を避けきれないでいた。彼を合格へこぎつかせたのは彼の招獣である。青年のあつかう招獣は招術士に攻撃がいかぬよう、うごきに気を遣っていた。つまるところマキシの招獣は賢く、強力だということがこの試験で証明された。マキシ本人の力量はどうにも不安が残るものの、術士にとって身体の強さはあまり重要ではないので、この結果に高官は口出ししなかった。
 晴れて二人の戦士が確保できた。まずは彼らを領主に会わせる。客分の姿かたちや人柄を、おおまかに共有しておくのだ。以後この二人は契約完了の日まで屋敷に出入りすることになるため、そのことをクノードに知らせる必要があった。
 執務室への移動中、クロアは討伐の日がくるまで客人がどうすごすのか、予想を立てる。
(屋敷の客室に泊まってもらう? それともこちらが宿泊費を負担して、町の宿に宿泊しつづけていただく?)
 宿泊先の選択はどちらでもかまわない。客人たちが快適であるほうを選んでくれればよいのだ。クロアの興味は彼らの時間の使い方にかたむく。
(ルッツさんは観光したいのかしら……?)
 旅をしているという彼なら町の観覧をしたがるかもしれない。そうしてもらってもよいが、クロアはその過ごし方を惜しいと感じる。
(せっかく槍術に長けた方がおいでになったのだし……兵に稽古をつけるようおねがいする?)
 いつぞやクロアが来訪を願った武人のたぐいだ。彼が武官たちと接することで弱卒の良い刺激になるやもしれず、クロアの期待はふくらんだ。この計画案をルッツに直接言おうかとしたが、長考のうちに目的地に着いてしまい、言い出せなかった。
 執務室ではクロアの父とそのほかの官吏が作業していた。それらの仕事を中断してもらい、客人の紹介と今後の滞在方法について話し合う。客人はそれぞれ、なぜこのアンペレへやってきたのか述べた。ルッツはクロアに話したとおり、石付きの魔獣の退治が目的だったと言う。
「遠方にて耳にした話ゆえ、遅参になってしまいましたが……別の用件でお役立てできて、たいへんうれしく存じます」
 クロアはルッツの言葉には好感を得たが、その熱意の在りかに疑問を感じた。どうして彼はそこまで我々に協力したがるのか、理由が不透明だ。クノードは笑顔でルッツの誠意を受け止めるばかりで、質問をしてくれない。クロアは父の代わりに質問の機会をうかがった。しかし会話の間が空くとすぐにマキシのほうが話をはじめてしまい、断念した。
 マキシは石付きの魔獣を調査したくて、ルッツに同行してきたという。この青年は学都の学校においても魔獣の研究に心血をそそいできた、と自己紹介する。
「僕は石付きの魔獣だった招獣を観察したいのですが、許可してくださいますか?」
「ああ、私は気にしないが……クロアはどうかな?」
 クロアはすこし考えた。マキシがベニトラを調べるとなると、ベニトラの近辺にいる者とマキシが常時顔をつき合わす状態になりうる。つまり、クロアのそばにマキシがくっついてくることになる。それは少々気まずい。
「わたしの寝所にまで来られるのは、ちょっと……」
 ベニトラはただいま、クロアの部屋でお休み中だ。そんなベニトラをも青年が見張ろうとするなら、今日会ったばかりの他人にクロアの私生活が筒抜けになってしまう。
 マキシは堂々と「そんな非常識なことはしません」と明言する。
「せいぜい、官吏たちが立ち入る場所に入らせてもらえばいいと思っています。それ以外の私的な場には踏みこみません」
「でしたら許可いたします。ベニトラを好きなだけ見てくださいな」
 マキシの余暇の過ごし方は決まった。話題的にちょうどよいので、クロアはここでルッツもどのように過ごしたいかたずねた。ルッツは首をひねる。
「これといって思いつきませんな……」
 ルッツは予定を立てていない。クロアはここが主張のしどころだと見る。
「よければうちの兵士の調練を見てくださらない?」
 カスバンは公女の思いつきにびっくりしたようだが、ルッツは「それがし程度の者でよければ」とひかえめに承諾する。
「とはいえ、それがしは指導経験が豊富ではありません。過度な期待はご容赦を」
「そんなにかまえなくてよろしいですわ。いま以上に兵がへこたれるとは思えませんもの」
 クロアのあっけらかんとした物言いを、老爺が咳払いで反抗した。クノードは三者の反応を見たうえで、クロアの提案を受理する。
「では調練指導の報酬も考えさせていただきましょう。ほかに決めておくことといえば、宿でしょうか──」
 宿泊場所は屋敷内の客室を使用することになった。そのほうが双方の連絡のやり取りが簡便になる、という現実的な長所が決め手だった。
「よし、じゃあベニトラという招獣を見せてもらおうかな」
 マキシはクロアにずずいと近寄った。どうも彼の思考には遠慮という言葉がないようだ。クロアはわざと嫌そうな顔を見せつける。
「そうはいきません。さきにルッツさんのことを武官たちに話さなくては」
 ベニトラの観察はいつでもできるが、兵の調練は実施できる時間がかぎられている。その差異を理由にクロアは優先度をつけた。それをクノードは「私がやっておこう」と宣言する。
「クロアはマキシさんを案内してあげなさい」
「よろしいんですの? ルッツさんの指導の話はわたしが言い出したことなのに……」
「ああ、こういう調整は私のほうが得意だからね」
 ルッツの処遇をクノードが引き受けた。クロアはしょうがなく、厚かましい青年とともに執務室を出た。

タグ:クロア
posted by 三利実巳 at 05:00 | Comment(0) | 長編クロア
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集