2019年03月10日

クロア篇−5章7

 地下牢には収監した者を監視する官吏のほか、牢屋が持ち場でない女性官吏がいた。牢の前でかがむ女性の髪は桃色。やや幼い顔立ちといい、場違いな明るい雰囲気をかもした。
「ああ、クロアさまたちもおいでになったんだね」
「プルケが、どうしてここに?」
「厄介な術を使う夢魔の取り調べときちゃ、なみの尉官じゃ荷が重いでしょー」
 プルケは武官の中でも術を得意とする術官。罪人の捕獲や取り調べを担う尉官ではない。しかし手強い術士や魔人、魔獣の関わる案件になるとしばしば駆り出されることがあった。
「あら、でも術封じの道具で拘束してあるはずでしょ。この牢屋も大規模な術は使えない造りになってるって……」
 クロアは牢の中で座る魔人を見た。大きな乳房の下部分には縄がしっかり巻かれてある。
「完璧な道具はないんだよ。特に術具ってのは効果のばらつきが出やすくていけないね」
 プルケは筆記板に視線を落とす。聴取の内容が紙に書かれていた。
「この夢魔の名前はナーマです。今日の夕刻にアンペレへ到着して、男性十余名の精気を吸いとり、眠らせたと言っています」
「その行為はどう罰せられるの?」
「現行犯で捕まえたなら、わいせつ罪に問えるでしょうけど……」
「ダムトは被害に遭ってないのよね」
「じゃ、ほかの被害者が被害届を出した場合に、罪が成立するってところかな」
「被害届、ね……出るかしら?」
 やられる側が幸せそうであった事件だ。これを立件したがる被害者はいるのだろうか、とクロアが暗に言ったところ、有翼の魔人が得意気に翼をあおぐ。その黒い翼は飛竜や蝙蝠のように羽毛がない。
「アタシだって欲求不満そうな人を選んでるの。悪いことはしてないでしょ?」
「実際に被害届が無かったら、そのように判断するよ」
 プルケがクロアを見上げて「ほかにご用がある?」とたずねた。クロアは首をかしげて「用というほどではないけど」と前置き、ダムトを指差す。
「この男に釣られた理由はなにか、聞かせてもらえる?」
 ナーマが目を大きくした。クロアは説明を加える。
「こいつは女に隙を見せるやつじゃないわ。立ち枯れなのよ」
「俺は爺ですか」
「だってそうでしょ。男を魅了するお母さま相手に、へっちゃらな顔をしてるんだもの」
「それには相性や耐性が関係──」
 ダムトの言葉に被せるようにナーマが「だって魔族混じりだもの」と言う。
「魔族の血が入ってると、魔族由来の魅了効果は効きにくくなるのよ」
「あ、やっぱりダムトは普通の人間とはちがうのね?」
 クロアはダムトの様子をうかがったが、彼は平静なままだ。
「そう! 人の血が混じってるみたいだけど、魔族のケが濃いわね」
 ナーマがクロアとプルケの顔を見回して「あんたたちもそうね」とつぶやく。
「神族が一番偉いと謳ってる聖王国でも、魔族のほうが身近なわけね」
「人外ですって? 両親が半魔だというプルケはともかく、わたしは人間寄りのはず」
 プルケがすっくと立ち上がって「言葉の綾でしょう」と口添えする。
「魔族混じりも人外だと言っているんだよ、この夢魔は」
「あーら、アタシは三人とも人間が混じってる魔人だと──」
「人を惑わせるのもいい加減になさい」
 プルケがぴしゃりと叱る。ナーマはふくれ面になって顔を背けた。
「クロアさま、夢魔と話していて得るものはないよ。早くお部屋にもどってください」
「そうはいかないわ。この魔人はいずれ釈放されて、また男性の精気を奪うんでしょう。それをやめさせる方法を知りたいのよ」
 ナーマは機嫌を直して「それならねえ」とクロアをまっすぐ見る。
「あなたがアタシを招獣にしてくれればいいわ」
「わたしの招獣に?」
「招獣は招術士の精気を分けてもらえるのよ。だから命令を聞いてあげるの」
「わたしでよろしいの? 異性ではないし、生粋の術士でもないのだけど」
「性別は気にしないわ。町の男を狙ってたの、騒ぎになりにくいからやってただけだし」
 クロアは判断に迷い、ダムトとプルケに意見を聞く。プルケは気難しそうな顔をする。
「女といえど淫魔。クロアさまの貞操が汚されては大騒ぎになるよ」
「うーん、そうね、スケベはよくないわ」
 ダムトは反対に「いいんじゃないですか」と答える。
「クロア様の対策さえ万端にしておけばよいかと」
 ダムトが光る小物をひょいと投げる。クロアが両手で受け取ると、指輪だとわかった。
「先刻、術具屋で購入したお守りです。術耐性の低いクロア様には複数種類を装備していただく必要があるやもしれません」
「くれるの?」
「どうぞ。経費で落とします」
「必要経費になるかしら、これが」
「内部崩壊の危険を未然に防ぐ代物だと言えば通用するでしょう」
 実際に俺が痛手を負ったわけですし、とダムトが言うと、けたたましい笑い声があがる。
「あっはは! お兄さん、赤毛の子の杖で吹っ飛ばされちゃってたもんね」
 捕り物事情を知らぬプルケは「仲間割れしてた?」と聞いてきた。クロアは赤面してうなずく。それをプルケが「気にしないで」となぐさめる。
「クロアさまは術が不得手だからしょうがないよ。術の耐性ってのは術を使ったり食らったりしていくことで上がるんだ」
「術を食らう場合でも耐性がつくの?」
「うん、打たれ強くなる。術の種類ごとに耐性も変わるけどね。術の火を浴びても平気な人が幻に翻弄されないか、というとそんなことはないから」
「へえ、それは知らなかったわ」
 話題が逸れたためにナーマが「で、招獣にしてくれるの?」と聞いてくる。クロアは今一度プルケに「いいと思う?」と念を押した。プルケがダムトの顔をちらりと見る。
「クロアさまを一番よく知ってるダムトがいいって言うんだ。その判断に任せるよ」
 クロアは足元に控える猫にも目線でたずねた。ベニトラは長い尻尾をクロアの足に巻きつける。どういう意図のしぐさなのかわからないが、止める気はないらしい。
「じゃあ招獣になってもらうわ。えっと、どこにさわったらいいかしら」
 拘束状態の囚人は鉄格子の隙間に顔を出して「顔をさわって」と言った。クロアはダムトのくれた指輪をさっとはめ、両手でナーマの頬を包んだ。目を閉じて集中する。昨日の復習だ。手に筋力ではない力をこめる。魔力の放出はすなわち精気の放流。クロアは流せるだけの精気を送った。それが腹をすかす相手の食事になるとも考えて。
 手に触れていた肌が遠のき、クロアは体がふらついた。揺らぐ体を誰かの腕が支える。まぶたを開けるとダムトの顔があった。
「大盤振る舞いしてしまったようですね。これをなめて滋養を摂ってください」
 ダムトが封を切った飴を見せる。おそらく普通の飴ではない。それがいまのクロアに必要な栄養をこめた薬だと思ったクロアは口を開けた。その中に丸い飴が入れられた。
「以後は精気の管理も把握してください。いまのように与えすぎては自滅します」
 クロアは「ふぁーい」と気の抜けた返事をした。どうにも元気が出ないのだ。プルケはクロアが正常な判断のできぬ状態だと知りつつ、囚人の処分をみなに問う。
「それで、この夢魔はどうする? 招獣にしたんなら閉じこめる必要はないんだけど」
 プルケの釈放の提案には囚人が喜びいさんだ。この過剰な反応に対し、プルケが「本当に招獣になったの?」と疑いを持つ。
「クロアさまの力をもらうだけもらって、逃げるつもりじゃ」
「だったらアタシの魔力に制限をかけてみて。術士なら魔力の変化が感じ取れるでしょ」
「そうきたか……クロアさま、この夢魔の力を弱められる?」
「えー……どうやるの?」
「たとえて言うと……招獣が弱く、小さくなるような想像をしてくれればいい」
 クロアは足元の猫に目を向けた。ベニトラは自分の意思で勇壮な成獣から愛くるしい幼獣へ変化した。その例にならい、妖艶な魔人が柔弱な女性へと変ずる姿を頭に思い描いた。
「これがクロちゃんの趣味? まあいいんだけど……」
 クロアが牢を見るとたるんだ縄の中に少女がいた。十代前半の少女の耳は獣のように毛で覆われ、翼も温かそうな羽毛が生える。胸の厚みは減ったが一般的な女性程度にはある。
「あらら……ちょっとベニトラの成分が混じっちゃったわ」
 クロアならではの変化だと見たプルケは「鍵を開けよう」と言い、監視役に声をかけた。

タグ:クロア
posted by 三利実巳 at 01:00 | Comment(0) | 長編クロア
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集