2019年03月06日

クロア篇−5章6

 物腰の柔らかい戦士が退室した。ダムトはルッツが使用した茶器を片付ける。クロアは自身に配られた茶を飲みながら、雑務中の従者の顔色をうかがう。
「ルッツさんはどんなお方だと予想したの?」
 クロアは従者が純粋なお茶出し目的で同席したのではないと察しがついていた。
「大官ではなく小官でもない、聖都の元武官でしょう」
「傭兵かもしれないじゃない」
「クロア様をしのぐ気品を有した傭兵なぞおりましょうか」
 ダムトはなに食わぬ顔でクロアの杯に茶を注ぎ足す。クロアはわずかに眉をしかめる。
「またわたしをコケにしてくれるのね。でもあの方はたしかに品格があったわ」
「それに、ルッツ殿は十代のころから聖都で勤務したと自己紹介なさりました。普通の傭兵がひとつどころに長く勤続するとは思えません」
「腕利きの傭兵でないなら高位の武官だったんじゃなくて?」
「それはどうでしょう。重役の退官は我らにも伝わりますが、ルッツ殿のような方の報せはありません」
「じゃあ中間管理職だったのかしらね。ダムトの言い方だとそうなんでしょ」
 ダムトは首を横にふる。
「ルッツ殿はアンペレからの救援要請の棄却についてご存知なかった様子。領主からの要請は中位の武官に伝わり、最初は彼らの裁量で可否を決めるといいます。中位の者では決めかねる場合は高位の武官が決断し、それでも判断がむずかしいときは王がご決定なさるとか。アンペレからの要請はベニトラの件以前にも複数回あったはずなのに、ルッツ殿が一度も協議の輪に入れなかったとは妙な話ですよ」
 ルッツは賊退治の話題が出た際、聖都の助けを求めないのかと言ってきた。アンペレからの依頼自体、存在するとは思っていなかったようだ。
「え……どういうこと? 中級武官だと言いたいのではないの?」
「官位の上位、下位が明確でない職分があるでしょう。たとえばこの俺です。アンペレの高官であるカスバン殿はクノード様に次ぐ権威をお持ちですけど、俺に命令することはできません。個人的なお願いをする程度が限界です。その理由はおわかりになりますか?」
「わたしの従者だもの、カスバンのいいように使われちゃ我慢ならないわ」
「そうでしょうとも。貴人に直接お仕えする者は、貴人の命令をいつでもこなせるように準備しておかねばなりません。もし俺がカスバン殿の指示を遂行する間、俺の不在を突いてクロア様が暗殺されようものなら元も子もない」
「ふん、わたしはそう簡単にやられないわよ」
「ええ、敵が術を使わなければ」
 クロアは今宵の幻惑の件を思い出した。自分のふがいなさにいたたまれなくなる。
「……今日はイヤな目に遭っちゃったわ。あの幻術使いはどうなったのかしら?」
「術封じの縄で縛ったまま、牢屋にいると思われます」
「会ってもいい?」
「おひとりではいけません。俺が同伴いたします」
 クロアはぐっと茶を飲み干し、茶杯をダムトに渡す。クロアの膝からベニトラが跳び下り、机の下をくぐりって扉の前に座る。ダムトは茶器を配膳台に置きながらクロアを見る。
「これはあとで片付けましょうか」
「さきに流しに置いておきましょ。わすれるとほかの人が困るもの」
 クロアも片付けについていくことにした。廊下にてダムトが台車を押しつつ「ルッツ殿の素性についてはもう満足されましたか」とたずねる。クロアはうなずく。
「王族の護衛だったってことを言いたいんでしょう?」
「よくおわかりで」
「近衛兵なら経歴をかるがるしく言えないでしょうよ。それがバレたら『王について教えろ』とか『王族に口利きをしろ』とか、めんどうなことを周りから言われそうだわ。お辞めになった理由は……年齢かしらね。ボーゼンが四十を越えると衰えを感じてきた、と言っていたもの。本気で言ってるのか、わたしにはわからなかったけれど……」
「まあ、そんなところでしょうね」
 ダムトはまだ腹に言い残したことがあるようだが、クロアはそれ以上の詮索を止めた。クロアは他人の来歴にはさほど興味がない。クロアが知りたいのはその人物が信頼に足る者か、そして民衆に利益をもたらす能力を持ちうる者かどうかだ。
 二人は暗い厨房に入った。廊下からもれる明かりを頼りに、ダムトが茶器を流し台に運ぶ。彼は夜目が利く方だとクロアは聞いていたが、半端に光がある場所でも位置を把握できるのは視力のおかげではない気がした。普段からやり慣れているのだ。かちゃかちゃとした音が鳴り止むとクロアは「いつもありがとう」と言った。その一言には今日一日分の従者の職務に対する謝意をこめた。が、ダムトには伝わらず「急になんです、気色悪い」と一蹴された。クロアはせっかくの感謝の気持ちを台無しにされた気分になる。
「もう、いちいちムカツクやつね」
「俺が嫌いならクビにしてもよろしいのですよ」
「なにを言うの、ヨボヨボになるまでこき使ってやるわ」
「クロア様のことですから、本当に俺が老いぼれても仕事をおしつけてきそうですね」
「足腰が立つうちはなんでもやらせるわよ」
 と言いつつもクロアは老いたダムトが想像できなかった。かつてのダムトの同僚、エメリは少女の時分にクロアの従者となった。成人し、母親となった元従者がいる一方で、ダムトは従者になりたての当時と同じ外見のまま、勤続している。
(きっと、わたしが中年になっても若いままなんだわ)
 ダムトには加齢による退職の可能性がない。それがクロアには心強い。同じ従者でもエメリは普通の人間で、家庭を持たずとも去る日がいずれ来た人物だ。レジィも同じである。退官の見通しがないダムトは小憎らしい性分であっても、クロアにはありがたかった。

タグ:クロア
posted by 三利実巳 at 00:50 | Comment(0) | 長編クロア
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集