2019年03月02日

クロア篇−5章2

 透明な朱色の飛獣がすいっと屋敷の正門を越えた。いよいよ町中での戦士捜しだ。町灯が照らす大通りには人影が多く行きかっている。彼らの風貌がどんなのか、クロアは目をこらしてみるものの、よくわからない
「この高さからだと人の身なりまで見えないわ」
「俺が遠目の術を使ってみましょう」
 ダムトは透明化と同時に望遠の術を使いはじめた。術の同時併用ができるとは器用だ、と術に不慣れなクロアは関心した。が、彼の集中力を途切れさせるような雑談は避ける。
「それで、いま見た感じはどうなの?」
 ダムトは上体を左へ右へとかたむけ、足下の景色を見下ろす。
「……野外で眠る者が多いようです」
 彼は町中の変事を告げた。クロアは人捜しを中止し、ダムトが察知した事柄を追究する。
「よっぱらいなのかしら?」
「酒が深まる時間帯にしては少々早いですね」
「じゃあなんだと思う?」
「酒に関する催し物があるとは聞きませんし……いささか変です」
 クロアはためしにソルフにもたずねたものの、彼も見当がつかなかった。結局上空にいてはなんの解決にならないのだ。
「寝ている人の様子を見てましょう。ダムト、ベニトラに行き先を指示して」
 ダムトが視覚的情報を述べた。その場所にベニトラが降下する。
 大通りから外れた小道に、家屋の壁に寄り掛かる男性がいた。そっと接近してみると男性はやはり寝ている。だが泥酔したときにただよう酒臭さや顔の紅潮はない。
「お酒を飲んでいない方のようね」
「はい。突然眠くなったからその場に寝た、といった様子ですね」
 男性の身なりを見るに、町の住民のようだ。この町の男性の多くはなんらかの職人を務める。クロアは職人がなりうる病気に心当たりがある。
「病気かしら?」
「ひとりなら持病もありうるでしょうが、複数人ですから……」
「そう? 納期のせまった職人がかかりやすい病気があるんでしょ」
「職人の職業病……?」
 ダムトは知らないらしい。クロアは不確かな伝聞を思い出す。
「えっと……夜に寝たくても寝付けなくて、ねむるべきでない時間にねむくなってしまうっていう病気」
 従者の後ろで「不眠症?」とソルフが言った。クロアはそれらしい病名を得て、「それだわ」と膝を打つ。
「ね、その病気はこの町の人の持病になりやすいんじゃない?」
 はーっ、というダムトの呆れ声が漏れる。
「貴女がおっしゃっている職業病は病気ではありません」
「そうなの?」
「職人が寝る間も惜しんで商品を完成させることがある、という一般的現象です」
「こんなふうに道ばたで寝るのとは、関係ないの?」
 ダムトが「そうです」とそっけなく答える。
「くだらないことを口走らないでください。ムダに頭を使ってしまったでしょう」
「使ったって減るもんじゃないでしょ」
「ただでさえ日頃から気疲れするというのに、まったく無神経な……」
「それだけ主人に好き勝手言えてる部下が『気疲れ』するもんですか」
 二人の口げんかはソルフによって止められた。彼がべつの野宿中の人も見てみようと言うので、移動を再開する。ふたたび空へ上がった。付近にいた、めぼしい人物を見つける。その人のもとへ降りると、小道の曲がり角に帽子を被った男性が座っていた。この人も酒気を帯びていない町の住民ようだ。
「やっぱり酒は入っていないようよ」
「これは何者かがねむらせたのかもしれませんね」
「眠り粉かなにかがばらまかれたのかしら?」
「だとしたら近辺一帯が眠る人で埋まるはずです。俺が上から見たところ、居眠りをする人はバラバラな地区にいました。これは個人に対して仕掛けられたと考えるべきかと」
「ひとりずつねむらせて、犯人はなにがしたいのかしら」
 クロアは被害者の服装を見る。さきほどの男性といい、いたって平凡な格好だ。
「物取りにしたって、もうちょっとお金を持っていそうな人をねらうでしょうし」
「物取り……たずねてみましょうか」
 ダムトは飛獣から降り、自分だけ透明化の術を解除した。彼は眠りこける男性のそばでしゃがみ、男性が立てた膝をゆさぶる。だが覚醒の効き目はない。次にダムトは上着の隠袋から長方形の小物を出す。
「これは掘り出し物なのですが……目覚ましに効く火具だそうです」
 指で小物の側面をこすると、長方形の箱が上下に分かれる。分かれた隙間に指をかける。金物が擦れる音が鳴ると火が灯った。
「それをどうするの?」
「ねている者の目に近づけます」
「うっかりヤケドさせてしまわない?」
「そうならないように頭を固定します」
 ダムトは片手で睡眠中の男性の額を押した。その目元に火を近づける。まつ毛が焼けそうなほど距離が縮まったとき、まぶたが開いた。男性は眼前の火をおそれ、目をひんむく。
「驚かせてしまって申し訳ない」
 ダムトはすぐに火を消した。中年らしき男性は眼球だけをうごかして、青年を見つめた。
「貴方はなぜこんなところで寝ている?」
 男性は答えない。まだ頭が覚醒しきらないようだ。
「なにか盗られている物はないか、確認してもらえるか?」
「は、はい。兵士さん」
 男性はダムトを見回りの警備兵だと判断した。ダムトの指示通りに貴重品の有無を調べ、なにも不足がないことを述べた。
「盗難はなし、か……ここで寝てしまった心当たりはあるだろうか?」
 男性が首をひねった。ダムトは質問を変える。
「ねむる直前の出来事でもいい」
「寝るまえのこと……? ああ、女の人と会ったなぁ」
「女……特徴は?」
「こう、胸が大きくて色っぽくて……『いまおヒマ?』と聞いてきたもんで、家に帰るところだと言うと急に……」
 男性の顔がにやけた。まんざらでもないことを体験したらしい。ダムトはため息を吐く。そのため息はさきほどクロアに向けたものとはちがい、安堵の念があった。
「……精気を吸い取られたか。寝てしまったのはそのせいだ。大事ない」
 ダムトは男性に家路につくよううながした。男性が立ち去るのを見届けてから、クロアがいるであろう場所へ近づく。
「どうやら夢魔がわるさをしているようです」
「夢魔って、あの……」
「端的に表現すると『スケベ魔人』ですよ」
 クロアは「まあ」と口元を手でおおう。
「どうして夢魔がこの町に、しかも大量に……?」
「いえ、単独犯かもしれません。被害者には着衣の乱れがなかったので、せいぜい唇をうばう程度の行為をしているのでしょう。そうやって生き物の精気を糧とする連中です」
 道行く者に接吻をしかける痴女──その餌食になった男性はうれしそうだった。一概に害を被ったと言えない被害者を生む行為を、取り締まるべきか否か、クロアは迷う。
「あの、それはやっぱり、捕まえたほうがいいのかしら?」
「はい。優先して捕えたい罪人がいないいま、見過ごす理由はないかと」
「そうよね……でもどうやって捕まえたらいいの?」
「俺が標的を釣ってみましょう。術具屋か道具屋で必要なものを調達して参ります」
 ダムトは自身の招獣を呼んだ。それは四対八枚の羽を持つトンボだ。大きさは普通の虫と同じくらい。その背に乗れる飛獣でもあるが、この小ささのときは偵察用に使う。
「しばらく上空でお待ちください。敵が釣れたときは俺の招獣に案内させます」
 トンボがクロアの見えざる肩に止まった。これこそが、姿をくらましてもその技が通用しない者がいる証だ。
「ではあとで合流しましょう」
 ダムトはひとり、駆けていった。

タグ:クロア
posted by 三利実巳 at 02:30 | Comment(0) | 長編クロア
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集