2019年02月18日

クロア篇−4章5

 クロアは厩舎にいるエメリに会い、ティオの試合結果を伝えた。本来の目的は果たせなかったが、武官に取り立てる算段をつけていると。
「まだボーゼンが承諾するとは決まってないのだけれど……」
「父は断りませんよ」
「わかるの?」
「父もティオのことは気にしてたんです。むかし、ティオとオゼが仲良くなって──」
 ボーゼンは息子のオゼが武術の訓練相手にする少年を気に入り、この少年は将来有望な戦士になると見込んでいた。しかし少年の親は息子が戦いの道に行くことをのぞまなかった。それを知ったボーゼンはティオにもその親にも「ティオを武官にしたい」という声掛けをしなかった、という。
「それでも父はあきらめていませんでした。ティオが弓術に励んだきっかけは父なんです」
「剣や槍より身の危険がすくなくなるから、弓をすすめたのね?」
「はい。聖王様の幼少期の逸話にのっとって」
 聖王ゴドウィンは弓術に巧みだ。そうなった原因は彼が物怖じをしなさすぎたことにあるという。剣にしても槍にしても、自身の身をかえりみない戦い方をこのんだとか。
 聖王の家系にはこういった戦士気質な者がたびたび生まれた。歴代の王にはつつましい人物が多いのだが、現王は戦士の国の王と引けを取らない勇猛さをそなえている。その性格の影響か、両国の王は王子のときから仲が良い。そしてこの国の民衆も古くから勇敢な王を支持してきた。
 対外的にはゴドウィン王の性分はこのましいものに見られた。だが先王は嫡男の猪突さを気に病んだ。子が武術に傾倒したせいで、早死する可能性を危惧したためだ。
 先王は青年の時分に子宝にめぐまれなかった。それゆえ何年も神に子をくださるよう祈りつづけたそうだ。祈りが通じ、神が男児を下賜した──そう思った先王は王子を掌中の珠のごとくかわいがった。そんな子煩悩な親は王子を失いたくない一心で、息子から武器を取りあげた。だが武芸をこのむ王子は不平を垂れる。子の不満を見かねた先王は唯一、弓術の修練を許可したという。
「弓で戦うなら、負傷する危険は低くなる……そのように妥協する王がいたのですから、ティオの親にも通用するかもしれないと父は思ったんです」
「それでティオさんは弓士になったわけね……」
 少年が弓を極めるきっかけはわかった。その選択に他者の思惑があったことを、彼は気付いているのだろうか。
「本人はボーゼンの考えを知っているの?」
「いえ、父からは『弓の適性が高い』と言われただけだと思います。その適性の意味が家庭環境にあったとは知らないかと」
「そう……自分に弓の才能があると思ってた人が、そうじゃなかったと知ったらガッカリしそうね」
「いましばらく伏せておきましょうか」
「そうしましょう」
 クロアはエメリにティオの送迎と家族への説得をお願いした。エメリが快諾したので、クロアは安心して厩舎を離れた。
「さて、お父さまはどこにいらっしゃるかしら」
「もうそろそろ、みなさんのお仕事がおわるころですよね……」
 レジィの言うとおり、日勤の官吏たちの終業時刻はせまってきている。
「まだ執務室においでなんじゃありませんか?」
 クノードはよく夕食の時刻まで仕事をする人だ。用事があれば時間を空けるが、今日はそういった出来事の予定は入っていない。クロアはレジィの予測を是とし、そちらへ出向くことにした。
 二人は廊下を進み、父の仕事場にちかづいた。そこで執務室の扉をくぐろうとするクノードを見つける。
「あ、お父さま」
 クノードは振りかえり、笑顔で娘を歓迎する。
「ああ、クロア。私に用があってきたんだろう?」
「はい」
「では中へ入ろう」
 クロアとレジィは領主のあとに続いた。両扉の片側がひとりでに開いている。扉を支える者が室内にいるのだ。
 クロアは扉の影に立つ者を見上げた。くすんだ青色の毛皮をまとった男性だ。その毛皮は自前である。狼の顔をした、獣人なのだ。獣人はだれもが普通の人間と同じ姿に変身できるというが、彼はよく毛むくじゃらな出で立ちですごした。
 獣人は一般的に身体能力に秀でる。彼はその能力を活かし、クノードの護衛役を任された。つまりクロアにとってのダムトのような人物だ。
 領主の護衛役は無言で公女を見下ろしていた。クロアはこの朴訥(ぼくとつ)な武官のことを気に入っており、無意識に笑む。
「ソルフ、ご苦労さまね」
「……オレは席を外したほうがいいですか?」
「廊下で見張ってて。もしカスバンがきたら知らせてね」
 獣人の武官はクロアの意図を聞かずに「わかりました」と答えた。そして指示通りに部屋の外へ出る。退室の際に彼の尻尾が左右に振れるのを、クロアは何とはなしに見届けた。レジィも同様だ。扉が閉まるまで、彼の後ろ姿を見ていた。

タグ:クロア
posted by 三利実巳 at 01:30 | Comment(0) | 長編クロア
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集