2019年02月15日

クロア篇−4章4

 ティオの試験は終わった。訓練場内に散らばった矢をティオが集めるさなか、レジィが「あのう」とクロアに話しかけてくる。
「このまま、ティオさんのことをユネスさんに託してていいんでしょうか?」
「なにが心配なの?」
「ティオさんの親御さんは、息子が武官になるのを反対してるんでしょう?」
 クロアはティオの家事情をうっかりわすれていた。レジィの言うとおり、ティオの家族は少年が戦いに身を置くのをこばんでいる。その意思を軟化させないうちは、今日の出来事がすべて白紙になってしまう。
「そうだったわ。家族の了解も必要ね」
「はい、でもティオさんだけじゃ家族とうまく話がまとまらないかも」
「そうなるとボーゼンがティオさんの任官を認めても、ムダになってしまうわ」
「きっと将軍はそのせいでティオさんを武官にさそわなかったんですよ」
 ボーゼンがティオの存在をすでに知っている──そのレジィの推測には裏付けがある。
「将軍から見たティオさんは息子のお友だちで、いまじゃ娘の義弟ですもん。将軍が知らないはずないです」
 クロアたちは今日はじめてティオという人物を知ったが、その実、彼はクロアたちに近しい存在だ。そうなる要因にはボーゼンの一家が関係する。彼の娘と息子はティオと交流があるのだ。
「……ボーゼンが知ってて、ほうっておいた人材なのね」
「あのままティオさんを家に帰したら、ティオさんも家族も気まずくなるんじゃないですか?」
 レジィがティオの近未来を案じていると、その不安の一端を担うユネスが困り顔になる。
「そんなフクザツな家庭のやつだったのか?」
「それは否定できないけれど……」
 クロアは訓練場内にいるティオを見た。彼はクロアたちが不穏な会話をしているのを、眉をひそめて静観していた。クロアは少年の不安をぬぐいされるよう、笑顔をつくる。
「だからあきらめる、というわけにはいかないわ」
「じゃあどうします。将軍かクロア様がティオの親に直談判してみますか」
「そこまでやるとご家族の心臓にわるそうね……」
 この町における大物を使っては事が大きくなりすぎる。公女、あるいは将軍が目をかける逸材という評価は、素朴な少年には不相応なもの。その風評は今後のティオにとっての重荷にもなりうる。
「もっと手ごろなやり方がないかしら」
 ティオの親の意思を変えることができ、かつティオへの周囲の期待値が上がりすぎないような、説得要員──そんな人物はひとり、いた。
「エメリに口添えをしてもらう……?」
 彼女はすでにティオの家族となっている身。身内による交渉を行なえば妙な外聞は広まらず、内輪にも穏当なやり取りで済む。
「エメリっていうと、いまは厩舎の係だったか」
 部署違いながらユネスもエメリの現職は知っているようだ。クロアは情報共有を省き、具体的な計画を述べる。
「エメリにはこれからティオさんを家へ送ってもらって、そのついでに、家族を説得してきてほしいとたのんでみるわ」
「そりゃいい。一度に二つのことが済ませられるな」
「ユネスはボーゼンに話をつけてきて」
「ああ、登用の件がうまくいってもいかなくても、こっちの話がおわったらティオを厩舎に向かわせます」
 次なる行動は決まった。クロアとレジィが厩舎へ行こうとしたところ、ユネスが「ちょいと待った」と引き止める。
「今日はもう挑戦者を集めないってことでいいんですか?」
「そうね。日中はしないわ」
「『日中』? 『今日』じゃなく?」
「夜に出かけるつもりなの。昼間は戦士らしい人があまり町にいないものだから」
「はぁ、なるほど。夜ねえ……」
 ユネスは長椅子を見た。そこには依然として試合用の武器が並べてある。
「じゃ、これはもう片付けていいってことですね」
「そうなるわ。もし今晩いい人を見つけたら、明日の朝に試験をすることになるかしら」
「それはいいんですが、夜の外出は許可が出てるんですか?」
 クロアは返答に窮した。夜の戦士捜しは自分の中で確定事項になっていたが、それをやれる環境は整っていない。
「……これから、お父さまに許可してもらうわ」
「クロア様にも交渉役が必要なようで」
 口の達者なクロアの味方といえばダムトだ。しかし彼は外出中。その帰還を待つ間、なにもしないのではクロアの居心地がわるい。
「そのくらい、わたしがやれるわ」
「じゃ、クロア様はエメリにティオのことを任せてきてください。そのあとで伯を口説く方向で」
「わかったわ。ではあなたはまず武器の片付けをしておいて」
「はいはい、長い時間放置してると『片付けてない』と叱られますんで」
 ユネスは待機していたティオに振り返る。少年は長椅子の下でじゃれ合う鼬たちを見ていた。
「ティオ、片付けを手伝ってくれるか?」
「ああ、いいよ」
 男性二人はめいめいに武器を手に持つ。クロアとレジィも次の用事を果たしに行く。女性二人が訓練場から離れると、遅れて黄色の鼬が主人を追いかけてきた。レジィはしゃがみ、鼬と目線を合わせる。
「ドナちゃんと遊んでてもいいよ。マルくんにきてほしかったらよぶからね」
 自由行動をうながされた鼬はじっとレジィの目を見つめる。そうして、くるっと方向転換した。その行き先は茶色の鼬のもとである。
「やっぱり同じ種族の仲間って、そばにいるとうれしいんですかね」
「そうなのかもね。オスとメスなら恋もできるし」
 レジィは立ち上がり、遠い目をする。
「マルくんの子どもかぁ……」
「いきなり話が進んでるのね。あの子たちは今日会ったばかりなのよ?」
 とは言うものの、クロアとて人に馴れた魔獣が増えることはよろこばしいと思う。なぜなら招獣にできるからだ。クロア自身、まだ戦える者はほしいと思っているし、妹たちにも複数体の招獣がいれば安心だと考えている。
「でもうまくいったらいいとは思うわ」
「はい。子どもが産まれたら、クロアさまの招獣にします?」
「また気が早いことを」
 クロアたちはなごやかに、このましい将来を思い描いた。しかしそんな悠長なことを今後言っていられるか、まだわからない状態だ。ティオが武官になれなければきっと鼬たちも今日でお別れである。
「イタチたちが一緒にいるためには、ティオさんが仕官できなくちゃね」
「そうですね……」
 ほかにも鼬たちがともに生きる方法はある。だがクロアはその話題が不要だと思い、深掘りしなかった。

タグ:クロア
posted by 三利実巳 at 21:00 | Comment(0) | 長編クロア
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年12月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集