2019年02月10日

クロア篇−4章1

 クロア一行はティオに傭兵の試験を受けさせるべく、屋敷へもどった。馬車は厩舎へ向かうまえに一時、敷地内に停まる。クロアはカゴを抱えて馬車を降りた。そこへ手ぶらな衛兵がやってくる。通常、彼らは槍をたずさえているのだが、物騒なものは持ち場に置いてきたらしかった。
「お帰りなさいませ」
 衛兵が持ち場を離れてまで公女に声かけをする、という事態は慣例にない。この衛兵は見たところ年若い。経験の浅い者だと思ったクロアは「出迎えをありがとう」と礼を述べる。
「けれど、わざわざわたしにあいさつをしにこなくてもいいのよ」
「カスバン殿からクロア様に言づてがありましたので──」
「あら、なにかしら?」
 クロアは衛兵の伝言に傾聴した。その内容はきっと戦士採用に関係することだと予想できた。
「第三訓練場にて、挑戦者と試験官を競わせるそうです」
「そこへ行けばいいのね」
「もう挑戦者を見つけられたのですか?」
 言うと衛兵の視線は馬車から出てくる少年に注がれた。注目に気付いたティオはうんうんうなずく。
「オレは弓使いなんだけど、どう競うんだ?」
 ティオはここでも他者に気さくに話しかけている。これから実施する試験に対する緊張をただよわせていなかった。
 衛兵は兜をかぶった頭を左右に振る。
「そこまでは存じておりません」
「そっか。んじゃその訓練場ってとこに行くよ」
 ティオはクロアを見た。クロアが案内してくれるという期待を持っているようだ。
「そうね、行きましょう」
「あの、失礼ですが……」
 衛兵はクロアの持つカゴに着目する。
「そちらのお荷物は、持ち歩かれるのですか?」
「え? ああ、これはわたしの部屋に置きたいものなの」
「手が空いている者をつかまえて、お部屋まで届けさせましょうか?」
「そうよね……お願いするわ」
 クロアはいまの自分に無用なカゴを衛兵に渡した。その際にこのカゴに必要とする物を連想する。
「あ、そうだわ。敷物とか毛布も……」
「お部屋に運ぶのですか?」
「屋敷に余っている布類を探してほしいの。この招獣の寝床に使うのよ」
 クロアは自分の背に張り付くベニトラを衛兵に見せる。
「そのカゴに敷物を詰めるつもり。でもなかったら無いでいいわ。そんなふうにカゴを運ぶ者に伝えてちょうだい」
「承知しました」
 衛兵は一礼し、屋内へ向かった。カゴの処遇が片付いたクロアはレジィに振り向く。
「レジィ、ついて来てちょうだい」
「はい、第三……ですもんね」
 レジィが意味深に答えるので、ティオは「なにをするところだ?」と怪訝そうにたずねた。訓練場への移動中、レジィが説明する。
「簡単に言うと、一対一で模擬試合をする場所です」
「矢を……人に向けて撃つのか?」
 ティオは痛ましい表情をつくる。
「当たり所がわるかったらどうする?」
「本物の矢は使いません。当たってもあまり痛くない矢があるんです」
「痛くないんなら、どうやって勝敗を決めるんだ?」
「それは……体に命中した部位や早撃ちで判断するんだと思います。あたしが観戦できた術士同士の試合は、そんな感じでした」
「弓士同士は見たことないんだな」
「弓の腕を競うときはたぶん、射場の的当てをするから……」
「フツーはそうだよな。人をねらって矢を撃ちあうなんて、やったことない」
 ティオから合格を勝ち取る自信が薄れてきた。いままでの会話において、彼の心の余裕は的を正確に射る練習によって培われたのだとわかる。それをいきなり、予測不能にうごく対象を、かつ自分に攻撃を仕掛けてくる者を、相手にするのだ。この試験内容では少年の経験不足が露呈するさまが容易に想像がつく。クロアは好ましくない結果を迎える覚悟をしておいた。
 クロアたちは網目状の柵で囲まれた一画にやってきた。柵の高さは一丈(三メートル)近く、縦は五丈、横は十丈の幅がある。人が出入りする部分には柵がなく、扉となる遮蔽物もない。あるのは柵と柵の間に掛けられる鎖だけ。その鎖が柵の片側に引っ掛かった状態で、地面に垂れ下がっている。
 鎖のそばに、革鎧を着た男性が待ちぼうけていた。木剣を肩にのせた、色黒の三十歳くらいの戦士。彼は隣国出身の元傭兵だ。怪我が原因で傭兵業をやめ、このアンペレで戦いのない仕事を探しにきた過去がある。本人は平和的な仕事に就くつもりだったはずが、現在は武官として従事している。そうなった要因は、彼が剣以外の戦いの素質を有していたことにある。
「ユネス、あなたが試験官を務めるの?」
「そうですよ。ボーゼン将軍の言いつけでね」
 ボーゼンとはアンペレで最高位に就く武官だ。彼は代々アンペレに仕える武家の出身であり、その一族は武才に秀でる。人材の発掘にも精を出しており、戦士生命を絶たれたユネスに新たな戦い方を提示したのも彼だ。そんなボーゼンこそ、新人の発掘に向いていそうなのだが。
「ボーゼンが試験官ではないのね」
「はい。カスバン殿は将軍にやってもらいたかったようですが、将軍は年齢を理由に辞退されましてね。おれに役がまわってきたわけです」
 ボーゼンは五十代のなかば。並みの人間では白兵戦に自信がなくなっていく年齢ではある。だが本当の理由は別のところにありそうだ。
「ボーゼンが新人に負けたら、将軍の威信がへってしまうもの。ユネスならワケありだし、負けても平気ってことなのかしら」
「まあそんなところです」
 ユネスは服の隠袋(かくし)から半透明な宝石を取り出した。それはこの場にいない相手との遠隔会話を果たす術具である。物によって連絡をとれる範囲は異なる。彼が持っているものは屋敷や官舎内での通話に用いる種類だ。
「これから挑戦者の力試しにとりかかります。見たけりゃどーぞ」
 だれ宛てなのか、この一言では推察できない。クロアはユネスの石を持つ手が下がったのを見計らい、「だれと話してたの?」とたずねた。ユネスは肩をすくめる。
「将軍と同格の御仁ですよ」
「カスバンが、見物しにくるの?」
「そうみたいですね。きっと不正がないようにしたいんでしょう」
「あの爺はまーたわたしのことを疑っているのね」
「そう、なんでしょうか?」
 ユネスがめずらしく自信なさげに答えた。クロア以外にもカスバンが信用ならないものが、ここにあるらしい。
「そんな話より、とっとと準備に入りますか」
 次にユネスは近くの試合観戦用の長椅子を指差した。そこには試合用の、刃の付いていない武器がずらりと置いてあった

タグ:クロア
posted by 三利実巳 at 23:40 | Comment(0) | 長編クロア
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集