2019年01月27日

クロア篇−2章5

 クロアは昼食をレジィと一緒にとった。こたびは女子二人の食事だ。ダムトに気兼ねしない、自由な雑談を交わす。
「わたしに事務方の側近ができたら、レジィも助かるんじゃないかしら?」
「あたしは、いまのままでも平気ですけど……」
 レジィは日々、前任者の女性が達していた域に自分を高めようとしている。それゆえ、外部からの助力を得ようとは思わないらしい。
 健気な少女は「あ」と声をあげる。
「政務を補佐してくれる男性をお婿さんにしたらどうです?」
 クロアは今朝、父に告げた縁談話を思い出した。あのときは老爺が凡夫ばかりすすめてくるのをクロアが不服とする話だけで終わった。レジィが切り出す話題はもっと前向きなものだ。クロアはいまいちど冷静になり、自身の婿について考える。
「家督を継がなくてよくて、政治に理解のある人……」
「政治に関わるお家で育った人なら、そういう教育も受けておいでなのでしょう?」
「為政者の一族のこと?」
「はい。うちの国にはコリオル第二公子がいらっしゃいますよね」
 コリオルは同国の中で東に位置する領地。西を守るアンペレとは反対の場所だ。その公子の噂はクロアも聞いており、次男は秀才らしい。だが長男の評判はよくない。
「あそこは長男がボンクラだもの。次男が家督を継ぐわね」
 領主の後継者は第一子がなるものと相場が決まっている。ただしその下の兄弟が優秀ならばそちらに家督がいく事例はある。コリオルはその前轍を踏むだろうとクロアは予想している。
「あまった長男をもらう気はさらさら無いわ」
「そうですか……家督を考えなかったら、ロレンツ公がピッタリだとは思うんですけど」
 それはクロアも一度は頭に浮かんだ候補だ。ロレンツ公は博覧強記な青年。彼にはかつて兄がおり、その兄は「弟に領主の座を譲りたい」と評していた。
 ロレンツ公の兄も兄で、「聖王の長女の婿にどうか」という話題があがる英才だったという。聖王には子息がおらず、長女が跡目を継ぐことが内定している。つまり女王の夫たりうる器だったのだ。兄弟そろって聡明という、クロアにはうらやましいかぎりの血筋である。
「レウィナスさんね。たしかにケチのつけどころのない方だわ」
「でも結婚するとしたらクロアさまが嫁ぐことになりますよね」
 レウィナスは兄を失くした。そのほかの兄弟はおらず、両親も他界した。だが天涯孤独ではない。直近の親戚には父の妹がおり、叔母とその家族はこの国のどこかで生きているという。レウィナスに万一のことがあればそちらに継承権が移るだろう。が、それはロレンツ家が断絶の一歩手前に追い込まれたときに起こりうる緊急事態だ。レウィナスが生きている間、彼はロレンツ公であり続けなければならない。
「アンペレにはクロアさま以外にも公女と公子がいますもんね」
「わたしがアンペレを離れるのなら、だれが結婚相手でもよくなるわね」
 それもいいのかもしれない、とクロアはひそかに思った。妹たちに家督を任せ、自分はよそで暮らす。理想の住居は、有事の際はこの町にすぐ飛んでいける近場。そういう観点ではロレンツは格好の嫁ぎ先だ。そこはアンペレの南東に位置する場所であり、直線状は山々にはばまれているのだが、ベニトラに騎乗すれば難なく行き来できるだろう。
(でも、あの方の補佐がわたしに務まるとは……)
 レウィナスは優秀な政治家である。そんな彼の妻は才徳兼備の女人がふさわしいはず。クロアが伴侶にするにはもったいない男性だ。クロアは気が引けた。
 レジィがおずおずと「だれでもいいんでしたら……」と伏し目がちにしゃべる。
「ダムトさんも……クロアさまに合ってるかな、と……」
 クロアは耳をうたがった。そんなことは露にも思ったためしがない。
「あいつのどこがわたしと合っていると言うの?」
「え、だって……ダムトさんはクロアさまのことをよく考えているし……」
「それが仕事だからよ。それでお給金をもらってるだけよ」
「でも、今日のダムトさんはクロアさまの指示にないことをやってるんですよ。そうすればクロアさまがよろこぶし、もしだれかに責められてもクロアさまの責任にはならないからと──」
 責任の所在まで考えての独断だったとは、クロアは思いもしなかった。彼の意図を汲みとれず、老爺にはクロアの意思でダムトを外出させたものだと言ってしまった。実際クロアの希望に沿う行動なので、そこを否定する気はない。しかしダムトのほうはそれで満足しないだろう。せっかく批難の矛先をクロア以外へ向かわせる準備をしておいたのに、クロアがダメにしたのだから。
「……ダムトが帰ってきたら、またつつかれそうね」
「あ、『自分がダムトに行かせた』ってクノードさまに言ってしまったんですか?」
「お父さまもご存知ね。わたしが直接言ってやったのは偏屈爺のほうよ」
「あ〜、カスバ……」
 レジィは老爺の名を言いかけて、自身の口を手でおさえた。「偏屈爺」がカスバンであると言い当てる行為にはカスバン本人に対して無礼がある、と自省したがゆえの反応だ。
「そこで止めてもムダよ。あなたもカスバンを『偏屈なジジイ』だと思ってるって証拠なんだから」
「え〜、ぜったい告げ口しないでくださいよ」
 レジィが半笑いでクロアの指摘を受け止めた。彼女とてクロアがそのような陰険な行為をするとは思っていない。この会話はただの冗談だった。
 とりとめのない雑談に区切りをつけ、クロアは町へ出ることにした。目的は二種類。ベニトラの装身具の購入、それと強力な戦士の発見だ。クロアたちは食器を片づけたのち、屋外へ出た。

タグ:クロア
posted by 三利実巳 at 02:20 | Comment(0) | 長編クロア
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集