2017年10月29日

拓馬篇前記ー実澄7

 実澄たちは一時間近く喫茶店で過ごした。店を出ると外は薄暗くなっていて、街灯がともりはじめる。雪は止みつつあったが寒さは増していた。
 青年に抱えられたレイコは寒そうに体をちぢこめている。実澄が貸したニット帽子とマフラーだけではレイコの体、特に足は寒さをしのげない。実澄は少女を心配し、彼女が履く靴下をなでた。数分前に暖かい店内にいたというのに、温かさはもう感じない。
「アクセサリー作り、やめましょうか……お家の人が帰ってきてるかもしれないし」
 実澄は自分で発した言葉によって、あらたな気がかりな点が浮き彫りになる。レイコの保護は実澄が勝手にやっていること。その旨を誰にも伝えていない。予定より早くレイコの保護者が帰宅した場合、いるはずの子どもが不在であれば慌てるに決まっている。その手落ちに今になって気付いた。レイコのいた部屋の玄関にでも書置きを残すべきだったのだ。
 実澄が失態を感じているとは露知らず、レイコは「えー」と嫌がった。彼女はまだ遊んでいたいらしい。その思いを実澄はむげにしたくないのだが、一度マンションに戻らねば気が済まない。
「ミスミ、少しだけレイコを預かってほしい」
 青年がいきなり実澄にレイコを差し出してきた。
「どこに行くにせよ、レイコのこの格好は良くないんだろう?」
「ええ、そうだけど……」
 実澄は青年に言われるままにレイコを抱き上げた。ずっしりとした重さは何年も前に経験したものと似ている。子どもにすべてを託される責任と充実感が再来した。
(うれしい、けど……やっぱりキツい)
 この状態を十数分と維持するのはやはり無理、と実澄は自身の非力さを痛感した。
 身軽になった青年は黒いジャケットを脱いだ。もともと見えていた群青の半袖シャツの下に灰色の長袖インナーがのぞく。その格好は春か秋での適切な格好だ。
「この上着をレイコに着させよう。マフラーは足元にくるめば、なんとかならないか」
「でも、今度はあなたが──」
「寒いのは平気だ。この程度で参るようなヤワな体じゃない」
 青年が着るインナーは彼のたくましい体のラインを浮き上がらせている。頑丈にはちがいないという説得力があった。
「うん……ありがとう」
 実澄は青年にレイコを預けた。その際にマフラーを取る。レイコの体温が残るマフラーを、彼女の膝から下の部分に巻いた。ずり落ちないよう、膝に近いほうのマフラーの端を折り返す。
「レイコちゃん、寒くない?」
「うん、あったかい!」
 黒の上着ですっぽり包まれたレイコが元気よく答える。急場の防寒対策はやり終えた。
「ね、お家の人がマンションにいるかどうか、一度見てみましょうよ」
「いたら、おわかれ?」
 レイコは名残惜しそうにたずねる。実澄は不確実な可能性を挙げることにした。
「もし親御さんが『いいよ』と言ってくれたら、お店に行きましょ」
「おかあさんが……いうかなぁ」
「ところで、何時まで遊びにきたお家にいられるの?」
「おとまりするの。だからなんじでもいい」
「そう。だったらレイコちゃんのお母さん次第ね」
 レイコは「むー」と不満げな声を鳴らす。どうも彼女の母親は実澄ほどゆるい人物ではないようだ。
 三人は来た道をもどることに決めた。だが数歩進んだところで青年が足を止める。彼は後方を振りむく。
「あれは、レイコの知り合いか?」
 ランニングをしているかのように走る女性がやって来た。だがその服装はとても運動用には見えない。動きにくそうな、裾の長いコートを羽織っている。
「銀くんはどうしてそう思ったの?」
「あの女性が『レイコ』と何度もつぶやいているように聞こえた」
 それを聞いたレイコは「おかあさん?」と声を張り上げた。急いでいる女性が立ち止まり、「レイコ?」と聞き返す。
「レイコ! なんで部屋で待っていないの?」
 女性が駆けてくる。実澄と青年の顔を交互に見て、「あなたたちは?」と不審そうに質問した。実澄はほがらかな笑顔をつくる。
「わたしたち、レイコちゃんを預かっていたんです。この子、マンションの部屋にもどれなくなっていて」
「どうして? あそこはオートロックもないのに」
 女性は見るからに警戒心をあらわにする。実澄は喫茶店の店員が「人攫い」と疑ってきた苦い体験を髣髴した。経緯を説明しても信じてもらえなさそうな雰囲気の中、青年は「レイコがベランダから落ちた」と言う。
「野良猫を触ろうとして、ベランダの柵を渡った時に転落した。そこで私たちが保護した」
「猫? そんなはずない。あの部屋には飼い猫がいる! その子と遊びたいからレイコは出かけなかったのに」
「貴女がどう思おうとそれが事実だ」
 青年の堂々とした態度を前にして、女性は威勢が削がれる。女性が「本当なの?」とレイコに聞いた。レイコはこっくりうなずく。
「ほんと。だって、あのおうちのネコちゃんはにげちゃうんだもん」
 レイコがおびえたふうに答えた。女性は肩をいからせて「バカ!」と一喝する。
「だからってベランダに出ちゃダメでしょ! 危ないって言ったじゃない!」
 くぅん、と犬のような悲しげな声をレイコが出した。
「電話をかけてもぜんぜん出ないから来てみたら! バカなことして他人様に迷惑かけてたの?」
「えぅ……」
 レイコはいまにも泣きだしそうだ。実澄は女性の叱責をもっともだと思いながらも、その仲裁をする。
「それくらいで充分だと思いますよ。レイコちゃん、もう柵にはのぼらないよね?」
「……うん。しない」
「危ないこと、やらないもんね?」
「うん」
「うん、いい子」
 実澄はレイコの頭をなでた。ニット帽子のてっぺんに付けた房がゆれる。レイコの母が「それ……」とつぶやく。
「あなたたちが、この子が寒くならないようにと、貸してたんですか?」
「ええ、そうです。ありあわせのものですけど」
 レイコの母は上着を着ていない青年を見、頭を深く下げる。
「すいません! いろいろ娘によくしてもらったのに、疑ってかかったりして」
「いいんです、娘さんを大事に想ってのことだと思いますから」
「そう、でしょうか……?」
 双方のわだかまりが解け、青年が「どうする」と実澄に問う。
「この場でレイコを引き渡すか? それとも私がマンションまで送るか」
 レイコは「え……」と小さな抗議をした。実澄はレイコの母に少女の思いを伝える。
「あの、これから雑貨屋さんでレイコちゃんとアクセサリーを作る約束をしたんです。約束を守らせてもらってもいいでしょうか?」
 レイコの母は戸惑う。娘に「したいの?」と聞くとレイコはひかえめにうなずく。
「ねえ、おねがい。もうミスミとおにいちゃんにあえないかもしれないから……」
 レイコは声をふるわせつつ懇願した。レイコの母が深いため息をつく。
「そのお店、なんて名前で、どこにあるんです?」
「え?」
 実澄とレイコの声が重なった。レイコの母がぽりぽりと頭をかく。
「あとで迎えに行きますよ。レイコの上着と靴を持って!」
 恥ずかしそうにレイコの母が言い、レイコは「おかあさんだいすき!」と屈託なく答えた。

タグ:実澄
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6911752
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集