2019年01月13日

クロア篇−*

 鬱蒼とした木々の合間を通る男がいた。背が高い壮年は黒い長髪を整えもせず、無造作にたらしている。彼が着る衣類はかつて上等な素材だった。いまでは所々にほつれが目立ち、みすぼらしくなっていた。だが、男には貧しさを感じさせない特徴をもっている。
 一つは彼の首にさがる、宝石をふんだんにあしらった装飾品。十字の形をした首飾りだ。その昔、名僧が国王よりたまわった貴重な一品だったという。名僧の関係者が彼に贈ったものだ。しかし彼自身は僧侶と無縁であり、むしろ真逆な立場にいる。男は僧たちの信仰対象の敵でもあるのだ。そうと知っていながら男は首飾りを身に着けつづける。男にとっては数ある報酬の一種でしかなかったからだ。
 もう一つは彼のそばを飛びまわる動物。二枚の翼が背に生えた小さい竜だ。太い四肢と尾はトカゲに似ている。青紫色の鱗でおおった体に銀色のたてがみを生やしていた。幼竜は日の当たる角度を変えるたびにきらめいている。動く宝石にも等しいそれが口を動かす。
「こっちは町がないと思うよ」
 飛竜は暗にこのまま進んでも無駄だと進言した。男はその意味を理解できたが、かと言ってどちらへ進路を変えればよいかわからなかった。こんな時にとる手段は決まっていた。
 男は枝葉のすきまからのぞく青い空間を見上げる。
「空へ……上がるか」
 飛竜は「うん、方角を確認してくる」と言い、折り重なる木の枝をかいくぐる。上空へ飛翔した飛竜は、地上から見ると豆粒ほどの大きさになった。
 彼らは人里そのものに用はなかった。忽然と消えた所有物をさがして、かれこれ数か月は経った。遺失物は町へ流れついたはず、という確証のない思考のもと、手当たり次第に各地へ向かう。捜し物はどの町へ行ったのか、ようとして知れない。また男自身も己が捜索する対象の固有名称を忘れてしまっていた。捜索するのに不十分な状態であっても「町に行けばなんとかなる」という楽観が男にはあった。捜し物はそれ自体が独特の気配を発する。それゆえ、男が接近すれば居場所を感知できる。その自信が男の原動力となった。
 上空で探索していた竜が下降した。竜は男の肩にとまり「人がくる」と警戒をうながした。男も生き物の接近に気づいてはいる。ただ、取るに足らぬと思い、見過ごしていた。
 何者かが草木を分けいってくる。男の目の前にあらわれた者は二人。剣を腰に提げ、軽装の鎧を着た戦士。戦士の二人組は飛竜と十字の首飾りに注目すると、にんまり笑った。
「あんた、いいもん持ってるな。どこの貴族さまだい?」
「バカ、貴族がこんなボロを着るわけねえ。どうせ追いはぎでもして奪ったんだろ」
 俺たちみたいに、と戦士の片割れが剣をぬく。切っ先を長身の男に突きつけ、勝ち誇る。
「盗賊の根城があるって知らねえで迷っちまったようだな。素直に金目のもんを置いてってくれりゃ、なんもしねえよ」
 男はあからさまな脅しを受けたが、顔色を変えず、自身の首飾りを手のひらにのせる。
「これが欲しくば、相応の捧げものを見せよ」
 抜身の剣をかまえる盗賊が鼻で笑う。
「はっ、冗談きついぜ。丸腰の野郎が俺たちと交渉するのかよ」
 この剣をくれてやる、と賊が剣を振り下ろした。男の胸めがけて刃が空を斬る。
「な、にぃ?」
 攻撃を仕掛けた賊はとまどった。刃は男の片手に収まっている。刃をつかむ手を斬ってやろうと剣の柄を動かすも、男の握力が勝っていて、動かない。固定された剣がようやく解放されたかと思うと、刀身が折れていた。刃部分は男の手で、土くれのごとく崩れる。
「このような粗悪品は受け取れない」
 男の脅威的な握力によって鉄の剣が折れた。意気揚々と襲いかかった賊は剣の刃先があった部分を見つめ、青ざめる。
「あ、あんた……人間じゃねえな?」
 男はうなずいた。賊たちの血の気がさっと引いていく。彼らの戦意が無くなったのを男が察すると、肩にのる飛竜を抱える。
「いらぬ時間をとった。早く迎えに行くぞ」
 飛竜が羽ばたき、男の手をはなれる。竜は徐々に肉体を膨張させ、幼竜から成竜へと変貌する。翼が枝を薙ぎはらい、木くずや落ち葉が吹き荒れる。飛竜は木々に飛行を邪魔されており、「もっとひらけた場所がいいかな」と離陸場所の変更を提案をした。
「もうすこし歩くか」
 男が飛竜の申し出を受け入れた。男が去ろうとするのを、賊が引きとめる。
「ま、待った! あんたは『館の魔人』なんだろ?」
 武器が健在なほうの賊が男にたずねる。男は物憂げにうなずいた。自分になんの用も為さない連中との関わり合いに、うんざりした。そうとは気付かない賊が質問を続行する。
「名前は、ヴラド……その胸のクルクスに飛竜といや、魔人ヴラドの持ち物のはずだ」
 ヴラドは己を知る者に多少の興味がわき、目線を合わせる。賊はヴラドの眼力に脅えながらも目を逸らさなかった。
「……なにか、頼みごとがあるのか?」
「あんたはさっき誰かを『迎えに行く』って言っただろ。その手伝いをさせてくれよ。そのかわりと言っちゃなんだが、あんたがおれらの助っ人をやるってのはどうだ?」
 わるくはない条件のように聞こえた。ヴラドは「どう、か」と飛竜に意見を求める。
「いいんじゃない? どこにいるかわからないんだもん。人手は多いほうがいいよ」
 飛竜は賊の交換条件に好意的だ。言いだしっぺの賊は強引に話をまとめ、流浪の一人と一匹を無法者の巣窟へ招いた。

タグ:クロア
posted by 三利実巳 at 00:00 | Comment(0) | 長編クロア
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集