2018年10月20日

拓馬篇後記−9

 体験会の初日は無事おわった。参加者たちがぞろぞろと退室していく。大畑と師範はその見送りに外を出る。受付では希望者に入門書の配布もやるそうだ。それらに関わらない拓馬と神南は一足先に清掃に取りかかった。まず二人で練習場内に客の忘れ物がないのを確認する。そのあと、持ち場を分担した。神南は下足箱の掃除にいく。拓馬は今日使用したミットを拭く。どうせ使った道着は洗うので、着替えないまま掃除の支度をした。
 拓馬は今朝使った掃除道具一式を用意し、練習場へもどった。そこにヤマダがいる。彼女はまだ帰らずにいた。拓馬はこの場に私物がのこってないのを知りながらも「わすれものか?」とたずねた。
「ううん、話したいことがあって。タッちゃんはいまからマット拭くの?」
「これはミット用だ。あとでマットもきれいにするけど」
「わたし、どっちかやろうか?」
「べつにいい。言いたいことをとっとと言ってくれ」
 拓馬は道場で長話するつもりはない。ものの数分程度の会話でヤマダを掃除に付き合わせても、いろいろ中途半端になるだけだ。もし長くなるようなら、昼食後にどちらかの家にあつまって話せばいいと考えた。
 二人は使用したミットを立てかけた壁付近にすわった。拓馬が水をはったバケツに雑巾をつっこみ、両手でしぼる。掃除の姿勢を見せたところでヤマダが本題に入る。
「でさ、だれかきてた?」
 彼女の言わんとすることは他言無用の話題だ。拓馬は顔をあげた。この場にはほかに人がいない。しかしいつ大畑や神南がくるともしれないので、手短に話す。
「頭巾を覆面みたいにかぶってる人が、窓からのぞいてた。こいつで合ってるのか?」
 ヤマダは首をかしげる。
「フクメン? だれだかわかんないね」
 彼女が知らないとなると、あれは不審者だったようだ。それも人外の。
(あやふやな忠告を聞けてて、よかったな)
 拓馬が人外をほぼ無視した態度をつらぬけたのはかえって幸運だった。あからさまに注目すれば覆面も拓馬の特性に気付いたはず。あれが行動理由をもった人外ならばあとあとめんどうに巻きこまれたかもしれない。
(俺が見えてるのをバレたおかげで防げたことも、あるけど)
 拓馬が人ならざる者を見える性分だから起きた被害は最近遭ったばかり。だが見えなければさらに甚大な被害が発生していた。良し悪しではあるが、避けられるトラブルは避けておきたい。
「お前はだれがくると思ってた?」
「シド先生かエリー、もしくは二人とも……」
 その予想は拓馬もなんとなく察していた。この二人は銀髪の異邦人、いや異世界人だ。その身は普通の人間とはちがい、幽霊のような精神体で活動できる。シドというあだ名の教師はもっぱら肉体を具現化して人間のふりをし、拓馬たちの高校へもぐりこんできた。つい最近になって正体を明かしたが、真実を知る者はすくない。
 彼らが道場にくる目的は拓馬にはわからない。ただ、ヤマダが事前に到来を知りうる珍客というと、その二人しかいなかった。
「ぜんぜんちがうやつがきてた……のか?」
「先生たちの知り合いなのかな。あとで聞いてみる」
「なるべく早く聞いてくれるか。先生が知らないんなら、シズカさんに連絡しておきたい」
「そうしたいんだけどね……」
 ヤマダは室内の掛け時計を見た。現在は正午まえ。まだ日曜がおわるには早い。
「聞けるのは夕方ぐらいになるかも」
「なんで?」
「先生は午後から大事な用事があるんだって。まだタッちゃんには言ってなかったね」
「大事な、用事……」
 先日、シドは直近のすべきことを拓馬たちに告げていた。彼は目的の遂行のため、障害となりうる他校の不良少年を病院送りにした。その悪事への罪滅ぼしをするという。
「金髪に会いにいくのか?」
「うん、お話ししてくるって」
「話すだけ……じゃないんだろ? あの人の性格的に」
「そうだね、ただの見舞いじゃおわらないと思う」
 シドは少年との面会を一度きりにするつもりがない。素行のわるい少年を指導する、とまで宣言した。
「金髪くんは入院中、期末試験を受けられなかったから、その穴埋めをして、ちゃんと登校できるように手伝ってあげる……本人が二学期以降に学校にいくかどうかはべつとしてね。そこまでやってはじめて、先生が金髪くんにしたことの責任をとったことになる」
 かの少年はおよそ一ヶ月の入院をしている。その間、学校へいけなかったのはシドのせいだ。この強制的な不登校期間によって少年が落第する事態になれば、シドがひとりの人生をくるわせてしまったも同然。その不本意な未来を変えるべく、奮闘することは当然の責務である。しかし、これはあくまでシドと少年の二人の話だ。この二人の中で合意がとれたとしても、少年の学校の者が賛同せねば、シドは門前払いにされるだろう。
「そんなこと、他校の教師ができるのか?」
「どうなんだろうね。金髪くんの学校の人にとっちゃ、問題児の見守りをしてくれるのって、ありがたいと思うけど」
「先生がまともな教師だっていう信用があるんなら、な」
 彼は実績のない新人教師。そのうえ出自は偽称だ。風貌が奇異なこともあいまって、頭の固い人たちには受け入れがたい存在である。端的に表現すれば不穏分子だ。異様な外部の教師を招いた結果、厄介事をさらに増やしてしまうのではないか、と学校側に警戒されかねない。事がスムーズにすすむには、後ろ盾がいる。
「せめて金髪の学校の先生に、うちの高校をいいふうに思ってる人がいればな……」
「その学校、本摩先生の知り合いがいるみたいだよ」
 本摩は拓馬たちの担任、かつ新人教師であるシドの補佐をしている。拓馬たちの味方にあたる教師がキーマンになる。その好都合な伝聞を拓馬はにわかに信じられない。
「え? そんなこと知らないが……」
「わたしもあまりしっかり聞いてなくってね、たしかなことは言えない。でも本摩先生に口利きをたのんでみていいと思う。部活の連携あるし、まったく面識ないってことはないよ」
「部活……ああ、うん……」
 拓馬は去年の部活動を連想した。高校生を対象とした空手の大会で、とある生徒に因縁をもたれたことを人づてに聞いた。
「金髪くんの学校にはタッちゃんのライバルくんもいるでしょ?」
「むこうが勝手にそう思ってるだけだ」
 この話題は拓馬に不快感を呼び起こした。名前もさだかにおぼえていない人から強い情をもたれても、うれしくなかった。徐々に会話内容が雑談になってきたのをふまえ、拓馬は会話を切り上げる。
「いまの先生は金髪のことで手一杯だとわかった。だから覆面の件は俺がシズカさんに聞いてみる。ムリにお前から先生に話さなくてもいい」
「うん、先生に無理はさせない」
 会話の目途がついた。ヤマダは拓馬が拭きおえたミットをもつ。立ち上がり、ミットを並べた棚の空いたスペースにミットを置いた。後片付けに参加しなかった、せめてもの手伝いのようだ。彼女の帰宅を察した拓馬はふっと湧いた疑問を口にする。
「そういや、先生はなんで体験会を見にこようとしてたんだ?」
 シドは拓馬が知りうる武道家の中で最強と評していい猛者だ。彼が入門の希望をするわけがない。むしろ教える立場こそふさわしい。
 ヤマダは「ん?」と不思議そうに、突然な問いに振り返る。
「それね、他人に武術を教えるやり方を勉強したかったんだって」
「意味あんのか? 自分よりよわい人のうごきを見ても」
「先生は一般的な教え方を知りたいんだよ。先生に武術を教えた人は、技が我流で教え方も独特だったらしいから。わたしに合わないかもしれないって思うんだろうね。わたしと先生じゃ体格も腕力もぜんぜんちがうし」
 ヤマダはシドによる武術の稽古を所望している。その希望はシドみずからが引きだしたことだ。彼が拓馬たちに迷惑をかけた詫びとして、なにか自分にしてほしいことがないか、と彼からたずねてきた。その折にヤマダがシドの本職とは異なる教導を望んだ。彼女の思いに応えるためにシドが一般武術の指導方法を勉強しにきた、というのは妥当な経緯である。
「で、先生がフツーな武道の教え方を知ったら、お前に教えるってわけか?」
 ヤマダは笑んで「わかんないね」と首を横にふる。
「わたしは先生の技を教えてほしいから、先生がよその武道を勉強しなくたっていいの。でもそれじゃ先生はうまく教える自信がないみたい」
「マジメだな、あの人は……」
 シドは過去に悪行を重ねてきた者とはいえ、その性格は誠実で几帳面だ。自身に悪事を強制してきた主人の呪縛から逃れたいま、彼の長所はいかんなく発揮されている。
「先生が空手の指導を見たいってんなら、体験会じゃなくて普通の練習を見にきてもいいと伝えておいてくれるか。お前も見たとおり、体験会はかなりやさしめな内容だ。実際の指導にはあんまり役に立たない」
「うん、なにかのついでに言っておく」
 用件のすんだヤマダは拓馬に別れを告げ、練習場を出た。拓馬もミット拭きに使った道具を片付けに移動した。

タグ:拓馬
posted by 三利実巳 at 03:00 | Comment(0) | 拓馬篇後記
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集