2017年10月21日

拓馬篇前記ー校長4

「二人部屋か……」
 校長は総合病院の病室前にいた。壁にあるネームプレートは二つ。当たり前だがどちらも男性の名前だ。以前、八巻を訪ねた時は個室だった。今日も一対一で話せると思ってきたのだが、同室者がいるとなれば腹を割って話すことはためらわれた。
(なに、恥じることはない。うちの生徒は良い子なのだから)
 仙谷たちは元気がよすぎるだけ。その手綱をうまく操ってほしいと八巻に頼む。その大筋に沿って会話を展開しよう、と校長はあらためて思った。
 引き戸を軽くノックする。返事はないが入室した。学校を出発する際に、これから病院へ行くことは八巻に伝えてあった。
「あ、校長!」
 久しい声が聞こえる。八巻は部屋の手前のベッドにいた。かつては赤色を混ぜた髪が真っ黒に変わっている。染髪は教師生徒ともに学校で禁止していないので彼の行ないに問題はない。大怪我をした間は髪染めをする気にならなかったのだろう。自身の負傷を「一生の不覚」と談じ、恥じ入っていた。
 八巻は背もたれと化したリクライニングベッドに寄りかかっている。活力に満ちた顔つきは以前と比べものにならない。事故当時はこの世の終わりかとばかりに落ちこんでいた男だ。心身ともに立ちなおったようで、校長はほっとした。
「八巻くん、元気そうでよかった」
 次に校長は八巻と同室になった者の様子をうかがおうとした。窓側のベッドは部屋中央の天井から吊るしたカーテンによってさえぎられている。人がいるのかよくわからない。
「隣りの人なら寝ていますよ。人がきたら話しかけてくるんで」
「へえ、気さくな人なのだね」
 校長は備え付けの丸椅子に座った。ベッドのそばに車椅子があることに気付く。
「おや、歩けないのかな?」
「なるべく足に体重をかけないようにと注意を受けています。なにせ骨を支えていた物を抜きましたから」
「そうか……いつごろ復帰できそうかね? 四月からまたうちに来てほしいのだが」
「除去手術の入院は一週間で終わる予定です。じゅうぶん間に合いますよ」
 自信満々の返答だ。校長は気を良くし、差し入れの紙袋を手渡す。中身は旬の苺のパックだ。
「ではいまのうちに英気を養っておいてくれ。次年度はきみにがんばってもらいたいことがあってね」
「はぁ、恋話以外ならなんでも」
 八巻は仙谷と通じるものがあり、偉丈夫でいながら浮いた話に縁がない。彼の場合は職務上の出会いが少ないせいだった。学校職員の女性は男性と同程度いるが、異性の教員は仕事仲間、まして女子生徒を色目で見ることは言語道断だとする高潔な教師だ。彼の公私を分ける性格は好ましい長所だと校長は思っている。しかし、校長個人の観点ではおもしろみに欠けた。
「現一年生に、喧嘩っ早いと言っていいのか、とにかくやんちゃな子がいるのだよ。その指導と見守りをきみにお願いしたい」
「ケンカ、ですか。そんな素行の悪い生徒がいるとは……」
「ややこしいだろうが素行は良い子なんだ。外部のマナーの悪い子に注意をして、それから乱闘に発展する始末で」
「なるほど、うちの生徒は正しいことをしていると」
「根本的には逆ギレする子が悪い。かといってまた同じ争いごとを起こされても困る。どちらの子も怪我をしちゃ、後味が良くないだろう?」
「そういうことでしたら引き受けます。ですが心配事が──」
「なんだね?」
「体は治りましたが体力のほうは本調子じゃありません。元気な生徒たちに追いつける自信がまだないんです」
 もっともな懸念だ。一年の半分をベッドの上ですごした人物が、急に全力疾走をこなせるはずはない。
「それは慌てなくていい。きみのペースで体力をもどしていってほしい」
「それまでその生徒たちが大人しくしているか……」
「反省文を書かせそびれたことだし、いつでも呼出しはできる。あやしい動きが見えたら牽制してみよう」
 話しの目途が立ったところ、病室の戸がノックされる。入ってきたのは私服の若い女性だ。病院関係者ではなさそうな彼女は校長たちにお辞儀した。校長らもお辞儀をやり返し、女性は窓側のベッドへと行く。「リュウちゃん、ねてるの?」と親しげに同室者へ話しかける様子から、校長はその二人がカップルでないかと勘繰る。
「どういう御関係の人かね?」
 校長はこっそり八巻に聞いた。八巻は伏し目がちに「話に聞いていた奥さんだと思います」と答える。
「いいですね、あの年でもう運命の人に巡りあえているとは」
「きみは男前なんだから、そのうち良い女性に出会えるとも」
 八巻はふっと笑った。なんだか心当たりのありそうな反応である。
「お? この病院にいる間に、良い人を見つけたかね?」
「その、人かまぼろしかはわかりませんが、一人……」
 校長は最初の目的とは異なる会話へのめりこんでいった。

タグ:羽田校長
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6882818
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集