2018年07月24日

拓馬篇−9章◇

 はじめて人へ変じた異形は小箱の群れを見つめた。役目を終えた道具たちだ。ヤマダという人間がすべての箱の仕掛けを解いた。彼女は解答で使用しなかった木切れを、ふたたび箱の引き出しにもどしていった。そうする意味はとくになかった。その箱はもう二度と使われない。箱を用意した者にも、それを一時的に必要とした者にとっても、もはや無価値の道具だ。異形はその情景を仲間に伝える。
(ねえ見て。ヤマダが箱のなぞなぞをといていったよ)
 異形の視界が半分、現在いる教室とは別の場所を映した。ドアノブのついた両開き扉が見える。教室や職員室とはちがった部屋らしい。
『すでに六つおわったか』
 視界を共有する仲間が、男性の声で答えた。
(とくときにつかったもの、ちゃんと引き出しにしまっていったの)
『……そうか』
(おかたづけ、すきな子なんだね。あなたといっしょ)
『……そうだな』
 仲間は同意を示した。だがその話題にまつわるおしゃべりをしたがらない。
『彼らは七つめに向かったんだな?』
(うん、もういっちゃった)
『そうか。私も定位置につく頃合いだな』
(どこいってるの?)
『校長室だ。私の不注意でこの場にまぎれた退魔師を、ここに封じた。これで同胞の被害は減る』
 別室を映していた視界がうごく。大きく広い机のむこうに、うつむく和装姿の男がいた。見た目は人型だが、これも人間ではないのだという。土着の守護霊かなにかだと、仲間は推測している。
『ほかにもここに迷いこんだ者がいるが……そちらはなにもされなかったか?』
(うん。あの竜、イヤなことしてこなかった)
『無事でなにより。おまえが消されないか不安だった』
(あんまり、こわいかんじしない)
『おまえが無垢だからだ。魔族の多くは子どもに甘いと聞く』
(わたし、こども?)
『ああ、まだ赤子くらいだ。ところで、人に化けられるようになったか?』
 仲間は事前にそのような指示を出していた。人間から力を吸収し、人型に変じるすべを身に着けよ、と。
(いま女の子に化けてる。ヘンかな?)
『いや……なんとなく、おまえは人に化けるなら女性が合うと思っていた』
(そうなの? あるじさまも、ヤマダの中にいる仲間もそんなふうに思ってるよね)
『そう、だな……なぜだかわからないが、そう感じた』
(女のほうがすきなの?)
『……否定はしない。私はそのような価値観を植えつけられている』
 男性型の異形は男の姿で人間や魔人による教育を受けた結果、男性とはこうあるべきという教えを叩きこまれた。とくに武芸全般の師匠は同性を苦手とする男性だったので、彼の性癖が多少受け継がれているのだとか。
『それはいいとして、彼らはどれだけ勘付いている?』
 問われた異形は人と竜の会話を思い起こした。無関心のそぶりを見せながらも、彼らの話を盗み聞きしていたのだ。
(だいぶうたがわれてるみたい)
『結構なことだ。利発な子たちだからな』
 仲間はあわてる様子なく、人間たちを称賛した。仲間はとうに身分を隠し通すつもりがない。にもかかわらず、彼らに自身の正体は教えるなと忠告する。それが少女の異形にはあまり理解できなかった。
(これからどうする?)
『おまえは彼らを見守れ。大切な客人が到着するまでは丁重にあつかいたい』
(わかった)
『彼らが危険地帯へ行くようなら、校長室にいるコレのことを言え』
(せっかくつかまえたのに、いいの?)
『彼らに死なれては困る』
(その人はヤマダたちをおそわない?)
『きっと大丈夫だ。死神をその身に宿した人間なら……コレも懐柔できる』
(ちょっとしんぱい)
『彼らに同行はするな。おまえの身があやうくなる』
(うん、ほかに気をつけること、ある?)
『まえもって伝えた内容に変更はない。あとはおまえの好きなようにやるといい』
 仲間が命じることの中には実行したくないものもあった。しかしその気持ちを表に出してみても、言いくるめられてしまっていた。会話の知識も技術もとぼしい異形では「わかった」と答えることしかできない。
(うん……そうする)
 分かれた視界が一つにもどる。異形は窓から中庭をながめた。そこの噴水に、三人の人影があった。

タグ:拓馬
posted by 三利実巳 at 20:55 | Comment(0) | 長編拓馬 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集