2018年07月20日

拓馬篇−9章1 ★

 コンコン、と教室の戸が叩かれた。戸の窓ごしに赤毛の頭部が見える。赤毛が入室してくると、その片腕には箱が二つ抱かれ、さらにその箱の上に箱をひとつ乗せていた。
「一時、置きます。これ以上は運びにくい」
 赤毛は拓馬たちのそばにある机に箱を置く。
「嬢ちゃんのほうは昼寝中ですか?」
「まだ起きてない。箱の問題は俺が解くよ」
「そうですねえ、この問題文の翻訳と答え探しをアナタに任せましょうか」
 赤毛は箱をひとつ拓馬に見せる。設問は「What is the longest sentence in the world?」とある。
「こちらはたくさん文字数がいりますから、ちゃんと答えを考えねばならぬようです」
 解答欄は二段にわたるほど長く、勘では説けない設問だ。それはよいのだが、拓馬は赤毛の依頼の仕方に引っ掛かりをおぼえる。
「なんで俺に『問題を解いてくれ』とは言わないんだ?」
「箱の引き出しを開けてみてください」
 赤毛が箱を拓馬に渡した。拓馬は箱の側面にある取っ手を引く──が引けなかった。力を強くこめてみるも、引き出しは騙し絵かと思うほど、当初の出で立ちを保っている。
「なんだ、これ……」
「ワタシとアナタでは開けられないようになっているのですよ」
「そんなことが……あ、職員室のアレか?」
 職員室にて、赤毛が開けられなかった机の引き出しをヤマダが開けていた。それと同じ理屈だろうと拓馬は察した。
「ええ、アレです。くわしいことは箱を集めたのちに話しましょう。アナタは箱の問題が適度に解けたら、娘に化けた怪物から有益な情報を聞き出してください。ここで足止めを食らった元を取らねば」
 赤毛は残りの箱を探しに出かけた。室内はまた三人だけになる。銀髪の少女は依然としてヤマダの手をにぎっている。彼女のほうから拓馬に話しかける様子はないので、拓馬は箱の問題に集中する。取得した箱のうち、問題を見ていない二つを確認した。ひとつだけ、問題が日本語の文章で書かれている。ただし解答は英語でせよ、との英文が添えてあった。
(日本語で考えなきゃ答えられない問題、か?)
 その異様な設問は「学校にある音の鳴らない楽器はなに?」とあった。この一文で矛盾が起きているが、これはクイズだ。
(こういうのはヤマダが得意そうだな……)
 この問題も解答欄が二段に分かれている。答えを考えるのは後回しにした。
 次なる箱は英文にて「What letter is a parts of the body?」と記述してある。その解答欄はなんと木切れひとつ分しかない。
(これは勘で当てられるか)
 アルファベット二十六文字を一通り当てはめればよい。真剣に取り組まずとも解答できそうだ。これも後回しにする。
 結局、赤毛の提示した箱が拓馬向けの問題だった。翻訳のメモをとるため、ヤマダのリュックサックから文具類を拝借する。彼女がよく使い捨てにするメモ用紙に、原文を書きだした。そして「世界でもっとも長い文はなにか」という訳文を記す。まちがいのない訳のはずだが、これでは意味がわからない。
(長い文……? 長いセンテンス……)
 長い名前、であれば日本には有名な寿限無のくだりがある。しかし解答欄を見るに、そこまでの長い名称を必要としていない。
(上の段が四文字で、下の段が八文字だな)
 つまり文字数での長さは問われていない。
(文以外にも『長い』と表現するもの……)
 拓馬は頭で考えていても限界があると感じ、辞書にたよる。この問いで主軸となる言葉はセンテンスだ。その単語を調べる。
(なんかそれっぽいのないかな)
 単語の説明文に目を通したところ、拓馬が認識していた語義とは完全に異なる意味が記載してあった。
(『刑罰』……そんな意味もあるのか)
 用例には物々しい文章がならぶ。その中に「life sentence」という言葉があった。
(『終身刑』……永遠につづく、刑罰だな)
 解答欄にちょうど合致する熟語だ。拓馬はひとりでクイズを解けたよろこびを感じたものの、答えの言葉の重さゆえに、辞書を開くまえのかるい気持ちが吹っ飛んでいた。
(いまの俺らも、そんな立場じゃないか?)
 自分の意思では外に出られない場所に監禁されている。この状態がいつまで継続するのか、だれにもわからない。そういった現状ゆえにこの解答が他人事とは思えなかった。
 とはいえ、拓馬は問題をひとつ解けた。ヤマダの解答がスムーズにできるよう、訳文の修正と答えの綴りをメモ用紙に書き写す。それが終わると次の箱を手にした。だが、銀髪の少女が視界に入るとべつの考えがうかぶ。
(こいつに聞いたらいろいろわかるかもな)
 なぜ拓馬たちを閉じ込めたのか、どうやればこの場を出られるのか。そのような基本的な質問をまだ行なえていない。謎解きに一段落ついたいま、拓馬は質問を再開した。

posted by 三利実巳 at 23:00 | Comment(0) | 長編拓馬 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集