2018年07月14日

拓馬篇−8章1 ★

 拓馬が目を覚ますと頬に冷たい感触があった。視界はひどく低い。床にたおれていた、と気付くのにいくらもかからなかった。眼前には机と椅子の足が複数直立する。その中で、髪の長い女子生徒の横たわるさまが見える。
「おい、大丈夫か?」
 拓馬はヤマダに声をかけた。ヤマダはむくっと起き上がる。
「えっと、なんでねてたんだっけ?」
「俺もよくわかんねえ」
 とっさにそう返したが、気絶する直前の光景がパッと拓馬の脳裏に浮かぶ。
「光がバーっと流れてきたみたいだったな」
 拓馬も体を起こす。これといって体の痛みはない。ヤマダも平気そうな顔をしている。
「紫色っぽい光、見えたか?」
「あ……目をつぶってて、見てない」
「そうか。じゃあなにが起きたのか、ほかの連中に聞いてみよう」
 ヤマダは拓馬に同調する気色を見せた。すぐに困り顔になる。
「でも、試験が」
 その拒絶は妥当だった。教室内に備わる時計は、追試の始まる時刻を指そうとしている。
「じゃあお前はここに残ってろ。なにもなけりゃ、そのうちシド先生がくる……」
 それがもっとも安易なやり過ごし方だ。怪奇現象を目の当たりにした拓馬は、その手段が気休めだと感じている。
「まずいことが起きてたら、だれもこねえと思うけど」
「うーん、それだとひとりぼっちはすごーくあぶないよね」
 やっぱりついてく、とヤマダが言う。彼女は机上に置いた文具類を片付け、リュックサックを担いだ。二人は教室を出る。廊下は異様に冷えており、ヤマダは「やたらと涼しいね」とつぶやいた。異様なのは教室も同じで、生徒の姿がない。拓馬はヤマダに会うまでに、そこに数人の生徒がいたと記憶している。
「さっきまで、だれかいたんだけどな……」
「職員室に行こうよ。この時間なら先生たちはまだ帰ってないよ」
 拓馬はヤマダの指摘を是とし、足早に職員室に向かった。そのついでにほかの教室も横目で見るが、やはり人影はない。それどころか建物の内外に発生する生活音もなかった。
 昼間の景色に、真夜中の静けさが合わさった空間。さらに外の木々や雲は静止画のごとく硬直する。二人はあきらかな異常に気付きながらも、話題にしない。いたずらに不安をあおりたくなかったのだ。職員室に自分たちを安堵させる何者かがいると信じてすすんだ。
 職員室を目前にした二人は立ち止まる。職員室前に、なにかがいる。真っ黒な、輪郭のにじんだ人影のようだ。拓馬はヤマダに、音を立てないよう指で合図をした。
 化け物は成人男性なみに大きい。うごきはのろいようで、廊下をのそのそ歩く。その進行方向は二つの校舎をつなぐ連絡通路だ。拓馬たちのいる教室側とは逆向きである。二人は化け物が遠ざかるのを待った。
 安全に職員室へ入る機会をうかがうと、化け物がたちまち消える。黒い異形のいた先には、奇妙な風体の人物がいた。赤いレンズのゴーグルで顔の半分を覆った、朱色の長い髪を持つ人。肌の露出がすくない異国風の服は、どこの国のものか判別できない。また体格は中性的で、男女の区別もできない。赤いゴーグルと目があった瞬間、拓馬は身構えた。なぜか相手は顔の下半分をほころばせる。
「警戒しなくて結構。アナタたちになにもしませんよ」
 声も性別の判断がつかぬ音程だ。ともかくこの異邦人とは言葉が通じるらしい。
「あんた、だれだ?」
 拓馬は率直に質問した。すると「だれでもいいでしょう」とはぐらかされる。
「身の上を語っても、アナタたちには理解できないのですから」
 異邦人は拓馬たちを小馬鹿にした。拓馬は不快感がこみあげる。拓馬が初対面の者を嫌悪するかたわら、ヤマダはずいと前へ出る。
「さっき、黒いお化けがいたと思ったんだけど、あなたは見た?」
「ええ、いましたね。邪魔だったので消えてもらいました」
「どうやったの?」
「ワタシの能力を使いました。ほかにも聞きたいことがあるなら、そこの部屋に入ってからにしませんか。また連中が湧いてくるとめんどうでしょう」
 異邦人が職員室を指さす。ヤマダは拓馬の顔色を見てくる。拓馬は初めから職員室へ行くつもりだったため、拒否する理由はない。目の前にいる人間が敵でなければ、の話だが。その心配もあまりいらなさそうだと感じた。ヤマダが友好的に接することを考えると、悪い気を発する相手ではないようだ。
「わかった。入ろう」
「そうそう、人間は素直が一番ですよ」
 ゴーグルの下にある口が大きく横に開いた。

posted by 三利実巳 at 03:00 | Comment(0) | 長編拓馬 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集