2017年10月19日

拓馬篇前記−校長2

 床一面に絨毯を敷いた校長室に四人の男女がいる。一人は中年の校長だ。横幅が十二分にある机に両肘をつき、手を組む。その校長に対面するのが三人の若者。学生服を着た彼らは横一列に並び、直立している。部屋にはソファがあるものの、三人は座ろうとしない。ねんごろな会話をする状況ではないせいだ。
 この場には四人の生徒が集まる予定だ。残る一人が来るまで皆は私語を慎んでいた。だが待つのを耐えきれなくなった少年が隣人に話しかける。
「……なんでジモンは来ないんだ? 三郎と一緒だったろ」
 鼻骨にそばかすを浮かべた男子が小声で尋ねた。彼は根岸という、背はいささか小柄だが身体能力の高い空手家だ。
「雉を撃ちに行った」
 三郎と呼ばれた少年も小声で答えた。彼の名字は仙谷。警察官の姉がいる剣道部員だ。徒手での武術にも素養があり、容姿に秀でるがために校内の女子人気が高い。そんな彼が放った返答は「トイレへ行った」という隠語だ。それも時間のかかるほうである。質問した根岸は「タイミングが悪いな」とぼやいた。
 廊下から騒がしい足音が近づくと、彼らのイライラは消し飛んだ。
「失礼します! いや〜、遅れてすんません!」
 体格のよい男子が大声をあげながら駆けこんできた。ジモンというあだ名の男子だ。ジモンはポニーテールの女子の隣に並ぶ。待ちぼうけていた少年たちはこの男子の遅刻を不問に付し、さっそく本題に入るよう視線で校長へ意見する。そのボディランゲージを校長はしかと受け止めた。組んだ手を机にトンと置く。
「これで全員がそろった。きみらが集まった理由はわかるかね?」
 少年らは不安気な顔をする。背の高いジモンが上体をちぢこませて「人助けをした表彰……だったら嬉しいがの」と言った。校長は苦笑する。
「残念ながら表彰状の準備はしていないのだよ。私がきみらに渡せる紙と言ったら、これだ」
 校長は机にある印刷紙の束から一枚を取り、生徒たちに見せた。仙谷は大きく目を見開く。その目は「反省文」と印字した部分に向いていた。
「反省文? なんでです、オレたちは良いことをしたでしょう。店に迷惑をかける連中を追い払ったんですよ」
「つまり、乱闘があったのは本当なのだね?」
「そうです、それは否定しません」
 仙谷は臆面もなく認めた。とぼけることは彼の信条にもとる行為だ。その純真さをわかったうえで校長は厳しく接する。
「きみたちが不届きな輩に立ちむかった勇気は称賛したい。ただ……それが生徒諸君のするべき行動かね?」
「誰も行動しないからオレたちは動いたんです。店の人に『ありがとう』とも言われました。校長はオレたちになにを反省させようと言うのですか?」
「自分が正しければ暴力をふるって良いという、野蛮な考えを反省しなさい」
「それはなりゆきです。最初から拳で戦うつもりは無く──」
「結果は結果だ。それはどう言葉をつくろっても変えられない」
 両者がゆずらぬ熱い討論の中、ジモンが「作文はイヤじゃなあ」とポニーテールの女子に話しかけた。彼女は小山田という、あらゆる方面で手強い少女だ。
「校長のご意見、よくわかりました! 過激なことをやったと反省してます。それで今日はお開きにしませんか?」
「小山田くんの了解を得ても仕方がない。主動者に約束してもらおう」
 校長は仙谷が騒動の火付け役だと断定した。仙谷は人一倍正義感が強く、行動力もある好男子だ。ほかの三人はその友人。友人らは仙谷に焚きつけられた可能性が高かった。
 校長に意見を求められた仙谷の腕を、隣にいる根岸がつつく。
「ここは折れとけ。昼飯を食う時間がなくなるぞ」
 生徒たちは遅刻者以外、昼休みになった直後に校長室へ集合していた。午後の授業開始まで残った時間は三十分ほど。生徒たちが説教から解き放たれたいと切望する頃合いだ。
 小山田が一歩前へ出る。校長に物申すかと思いきや、その顔は仙谷へ向く。
「そういやサブちゃん、シエちゃんがお弁当を用意してたよ。早く行ってあげないと」
 シエとは仙谷を好く女子生徒のあだ名だ。本姓を神宮司といい、才色兼備の淑女なのだが仙谷との進展は無い。校長は「タイミングが悪い」という生徒の言葉を自分自身にも感じた。恋する少女が大胆なアタックをくりだそうとする時に、意中の人が手の届かない場所へ捕まっている。その無慈悲な拘束は校長がしかけたものだ。
「ねえ校長、乙女の恋路を邪魔しちゃまずいですよね?」
「む……そう来たか」
 校長は男女の色恋沙汰をいたく好む。小山田は校長の特徴を逆手にとり、この場を脱しようというのだ。
「……行きなさい」
 校長は弁当を作った少女の顔を立てた。万が一にもお弁当アタックが功を成すかもしれぬ。難攻不落の男子との交遊がはじまるかもしれぬ。と思えばこそ校長は体面を捨てた。
 小山田が男子の背中を叩き「行こう!」と急かす。仙谷は一礼して「失礼します」と律儀に別れの挨拶をした。彼らの背に校長は教育者としての威厳を浴びせる。
「ただし後日、呼び出しがあっても文句は言わないように」
 この場は見逃すが、彼らの罪は消え去っていないという含みがあった。生徒たちは素直な返事をしたあと、廊下を出る。一人残った校長は「手作りかな……」と仙谷が食すであろう弁当に予想を立てた。だがふぬけた思考に浸ってはいられない。
(一度叱って解決できることじゃない。あの子たちの担任に相談しよう)
 不良とはいえぬ問題児たちの対処をする。その方法は一筋縄ではいかないと感じられた。

タグ:羽田校長
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6875220
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集