2018年07月04日

拓馬篇−7章3 ★

 公園でヤマダらを待つ拓馬は、ふと気がかりなことを思い出した。一緒にいたはずの、シズカの犬をさっきから見ていない。拓馬は犬の所在を気にしたが、あまり心配にはならなかった。犬が不在になる理由はいろいろあるからだ。一つはヤマダたちについて行ったこと、二つは逃げた大男を追いかけること、三つは獣の出番がこずじまいだったためにもう帰ったこと。いない可能性が高いと思いつつも、拓馬は園内を捜してみることにした。
 最初に拓馬が待機していた茂みへ向かう。そこに薄茶色の小型犬がいまも伏せていた。
「なんだ、ずっといたのか」
 拓馬と目が合った犬は茂みを突っ切り、広場へ出てくる。トコトコと歩く先には大の字に寝るノブがいる。その顔の横で、犬が尻をノブに向けて伏せた。もっとも無防備な人を守っているようだ。もしかすると、拓馬の目のとどかないところでも同様に見守っていたのかもしれない。それを拓馬の心配がないよう、わざわざわかりやすい位置まで来てくれたようだ。その配慮はありがたい。だがこの犬が拓馬たちの護衛を優先することに対して、拓馬は違和感をいだく。
(せっかく敵を見つけたのに、そいつの居場所を知ろうとは思わないのか?)
 拓馬たちを降した大男はいずこかへ去っていった。その追跡を図れば今後の対策もしやすくなるだろうに。ただし、これまでの調査に関して犬が派遣されたためしはなかったので、この犬が調査向きの個体ではなさそうなのもたしかだ。
(ほかの子がもう突きとめてる、とか?)
 そんな仮定を思いついた頃合いに、ヤマダとジュンがもどってきた。ヤマダは拓馬に走り寄ってくる。
「やっぱり、あの金髪の子だった」
「オダっていうやつだったか。そいつ、どうなった?」
「ケガはしてないけどぜーんぜん起きないから、病院に運ばれたよ」
「そのことは家族に報せたのか?」
「うん、家族の連絡先が携帯電話に登録してあって、話は通じたみたい」
 あとは病院の人まかせ、とヤマダはそっけなく言った。それが正しい反応だ。どちらかといえば敵対している他人同士ゆえに、深入りをする筋合いはないのだ。
 野暮用がおわり、拓馬たちは帰宅の支度をする。いつの間にかノブは寝返りをうっていて、犬の背中に顔をうずめていた。彼の両腕はしっかりの犬の腹を抱えている。きっとこれが抱き枕状態だ。拓馬は自分がその被害者にならなかったことに安堵した。
 ジュンははじめて見る犬の存在に気付き、「その子はだれの飼い犬?」とたずねる。
「トンちゃんちはペット禁止だと思ってた」
「うん、わたしんちの子じゃないよ。今晩だけタッちゃんがその子をあずかってる」
「ふーむ、首輪が無いね……ワケあり?」
「そう。いろいろフクザツなの。くわしく聞きたい?」
「いや……それより帰ろうか」
 ジュンはノブに「家に帰るよ」と声をかけた。その返答はいびきである。ノブの自力での帰宅は無理そうだ。そのようにジュンも判断したらしく、彼はノブの胴体を抱えた。起こしたノブの右腕を、自身の肩へとのばす。
「トーマ、片側を頼む」
 拓馬もノブの左腕をかついだ。質量のあるノブを、半分背負った状態で立つ。その瞬間、足全体に負荷がかかった。重りのせいで体がふらつきそうになる。どうにかこらえ、直立した。ジュンのほうが拓馬より背が高いためか、相棒役のジュンはやや前屈みだ。姿勢が安定した拓馬たちは酔漢の運送をはじめた。
 男二人が大荷物を運ぶのを先導するように、ヤマダが拓馬たちの前を歩く。ヤマダは武器の入ったリュックサックを背負い、シズカの犬を抱きかかる。彼女は犬にかまけているようで「きみはおりこうさんだね〜」としゃべった。実際ノブに捕まってもあばれなかった犬なので、シズカの命令が行き届いているか、おとなしい気質にはちがいない。
 ヤマダはすっかり一人と一匹の世界に入っている。なので拓馬は気晴らしがてらの話し相手をジュンに絞る。
「ジュンさん、今日はムチャ振りを聞いてくれてありがとな」
「ん? まあね、私はトーマとトンちゃんとも友だちだからね」
 ジュンとは親子ほど年の離れた間柄だが、ひとりの人間として見てくれていることに拓馬は照れくささを感じた。
「それにしてもさっきの男、かなりの猛者だったね。今年は負けが続くよ……」
「ジュンさんが負け続き? 本当に?」
 拓馬にとって身近な武芸者のうち、トップに座する実力者がジュンだと思っている。齢四十を越えた現在、全盛期と勝手がちがうだろうが、それでも拓馬の手のとどかない人だ。
「トーマは買い被りすぎだよ。上には上がいる……だけど若い人に負けるの、堪えるね」
「あの大男の年齢がわかるのか?」
「いや、別の男の人のこと。その人は会長に仕事をもらいにきてたね」
 会長とはジュンが勤務する会社と、その系列で最上位に偉い人物だ。警備の仕事から情報処理の業界まで、いろんな分野で商売をしているらしい。ジュンが勝てなかった武人が就く職務となると、やはり荒事に関係する内容だろう。
「それは警備の仕事の面接で?」
「いんや、普通の学校の先生」
「え……なんで腕試しするんだ?」
「会長は物好きよ。相手がツワモノだと知るとその度合いを測りたくなるね」
 そういう友人は拓馬にもいる。三郎だ。あんな酔狂な人間がほかにもいるのか、と拓馬はなんだかしんどくなるが、そこは無視する。
「えっと、その人は学校の先生になれた?」
「なれたよ。トーマとトンちゃんの学校に青い目の先生がきたはずね」
 今年やってきた、変わった目の色の教師はひとりしかいない。
「シド先生が……なんでジュンさんの会社の偉い人と会えたんだ?」
「うん? そんな名前だったかな」
「あ、シドってのはあだ名なんだ。ほんとは……デイルって言うんだっけな?」
「ああ、それ。彼は元うちの会社系列の人。数年前に傘下に入った会社の者だそうだよ」
「へー、そんな繋がりがあったんだ」
「私よりその先生に協力してもらえればよかったね。いい勝負になったと思うよ」
 戦力的には正しい意見なのだが、そうできない理由を拓馬は説明した。ジュンも本気で言ったわけではないようで、すぐに納得する。
「いい大人が、子どもの火遊びに付きあってられないか」
「俺らの先生って立場じゃなきゃ、手伝ってくれそうな人なんだけどさ……」
「先生をあんまり困らせちゃいけないよ。彼はもうじきお役御免になる身。後腐れがないようにしたいね」
「わかった……っと、ヤマダんちが見えた」
 ノブを二人がかりで運ぶ役目がようやく終わる。玄関の上がり框《かまち》にノブを座らせた。ジュンが「あとは私がやっておくよ」と言う。彼はノブの背後へ回る。ノブに腕組みをさせ、その腕をつかんで引きずった。
 ヤマダが「タッちゃんも入る?」とたずねたが、拓馬は断った。早くシズカに結果を報告したいと思ったためだ。
「じゃあこの子はタッちゃんにあずけるね」
 ヤマダは犬の脇を持って、拓馬に渡した。犬は拓馬の腕の中でじっと抱かれている。そのちいさな頭をヤマダがなでて「また会おうね」と笑顔で送りだした。

 拓馬は子犬を連れて帰宅した。家族が犬に注目するまえに、自室へ向かう。犬を抱えたまま電子機器を稼働させた。その状態でシズカと通話してもよいのだろうが、この犬は正体不明の人外だ。無礼を働くとあとがこわい。そこで寝台の上に犬を放した。犬は寝台でうずくまる。ふくふくとした寝姿だ。愛らしいと拓馬は感じたが、かまわずにおいた。
 シズカとの連絡は早々に開始できた。相手方はとっくに通話態勢をスタンバイしていたらしい。拓馬は手短に、今回の計画は仕損じたことを報告した。シズカが『失敗を気にしなくていいからね』となぐさめる。
『あの人は国のエリート軍人も出しぬく逃げ上手なんだ。捕まえるのはむずかしいよ』
「それを知ってて協力した理由は何です?」
『きみの友だちの三郎くんに、お姉さんがいるのは知ってるね?』
「はい、シズカさんの同僚だと聞いてます」
『お姉さんが弟くんの暴走を心配してる。お姉さんは実家をはなれて暮らしてて、なかなか弟くんの面倒が見れない。弟が正義をふりかざすうちにケガをしたらどうしよう、って不安に思ってる。そこできみたちの出番さ』
「はぁ……」
『きっときみたちの計画に弟くんも加わる。そのとき、一緒に痛い目にあってもらったらおとなしくなるかな、と思ったんだよ』
 つまり玉砕前提で拓馬たちを後押しした、ということだ。その効果が三郎の鎮静化だというなら拓馬にもありがたい。
「これであいつがムチャ言わなくなったら、俺もたすかります」
『うん……あとは、おれの自己満足だな』
 シズカは次点の理由をくわしく話さず、『ほかにもおれに言うことはあるかな』と質疑の立場を入れ替えた。拓馬は今日の出来事をさかのぼって思い出す。ノブを小山田家まで運んだ、その道中で、ジュンが過去にシドと会っていたことを知った、ノブを運びだすまえの拓馬は公園で待ちぼうけていた──
(なんで、すぐ帰らなかったんだっけ?)
 ジュンがいなくなったからだ。彼はヤマダとともにどこかへ行った。その理由は──
「あ、道ばたでたおれてる男子がいたんだ」
『それはどんな子?』
「他校のやつで、俺たちとは仲悪いです。今日は俺の知り合いがそいつを見つけて、ぜんぜん起きなかったから病院に搬送したとか」
『ぜんぜん起きない……で、たおれてるか』
「なんか知ってます?」
『うーん、おれがまえに関わってた事件にそっくりだな。その男の子のこと、くわしく聞かせてもらえるかい』
 拓馬は断片的な情報を伝えた。オダという呼び名で仲間うちによばれたこと、金髪で背は拓馬より高いが顔立ちが女っぽいこと、雒英《らくえい》という進学校の者であること。
『わかった、あとでその子の居場所をさぐってみるよ』
「さぐって、どうするんです?」
『どうしてその子がたおれていたのかを調べる。もし調べがついたら、拓馬くんは理由を聞きたい?』
「気にはなります。でもシズカさんが言いにくかったら遠慮します。そういう事件って、部外者にはあまり言えないんでしょう?」
『お気遣いありがとう。お言葉に甘えて、この件はおれが勝手にやっとくよ』
 会話の終着点が見えてきた。拓馬は最後に犬の処遇をたずねる。
「で……こっちにいる犬はどうします?」
『拓馬くんがやり残したことがないなら、すぐ帰らせる。モフっておかなくていい?』
「俺はいいですよ、犬飼ってるし……」
『それじゃ、しばしのお別れだ』
 寝台で休んでいた犬が体を起こす。ぷるぷると全身をふるわせる。そうして部屋の窓辺に跳びのり、ガラス窓をすり抜けていった。
『今日はお疲れさま。ゆっくり休んでねー』
 本日の課題が終わった。拓馬は椅子にもたれかかり、暗い窓の外を見る。
(あの犬、モフってもよかったのか)
 さきほど犬にふれるのを我慢した瞬間が、なんだか惜しいような気がしてきた。
(まあいいや、とっとと寝よう)
 就寝の前支度として、汗でべたつく体を洗いに風呂場へ向かった。
posted by 三利実巳 at 20:50 | Comment(0) | 長編拓馬 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集