2018年06月07日

拓馬篇−6章5 ★

 シズカの返答は迅速だった。引き綱をつけたトーマがもどってきたとき、機器の受信反応があった。拓馬はただちに内容を確認する。
 意外なことに、シズカはヤマダの無謀な計画に同意した。
『大男さんは紳士だから胸を借りてきなよ』
 とのアドバイスには、やはり大男が強者であり、拓馬たちは完敗を喫するとの認識をにおわせる。その見立てに拓馬の異論はない。ただ、拓馬側の戦力では不足があると見ていながら、派遣する守護者を積極的に戦わせないと宣言する点が奇妙だ。
(止めてもムダだと思われてる……はないよな。まだ三郎は知らないことだ)
 三郎の一途さをシズカは知っている。こういった計画への参加率が高いことも熟知する。中止をよびかけるならいまがチャンスだが、反対に後押しするようにさえ受け取れる。
(いっぺん徹底的にやられれば、おとなしくなるって思われてるのかな)
 さいわい、計画に失敗しても損害の心配はないらしい。その見込みには、シズカの護衛が守ってくれるのも関係するのだろう。
 返信にはさらにヤマダにたずねてほしいことが書いてあった。彼女への護衛を派遣するタイミングは拓馬たちが大男に接触をはかる当日か、今日からがいいのか。そこで拓馬はヤマダに電子文を見せて「どうする?」と聞いた。ヤマダは画面から目をはなす。
「んー、シズカさんに省エネしてもらう方向でいくと、作戦実施日がいいよね」
「だったらいつやるか決めないとな」
「予定は来週の金曜日のつもりだけど……」
 ヤマダはもう算段を立てている。具体的な計画もあらかた構想が練れているのだろうが、人員がいなくては絵に描いた餅だ。
「人を集められなかったらできない、か?」
「うん、そういうこと」
「やれそうになかったらシズカさんに断りを入れる。いまはその予定で伝えておくか?」
「そうだね。はやめに準備するから、ダメだったときはタッちゃんに言うよ」
 ヤマダがトーマの引き綱を拓馬に手渡した。これで会合は終れる。だが拓馬は気になることがいくつもあった。そのうちのひとつ、とくにシズカへの連絡にかかわる事柄を彼女にたずねる。
「なんで来週の金曜日にやるんだ?」
 金曜日は助っ人になりうる人員のひとりが欠席しやすい。その難点をくつがえすほどの利点があるのかと、拓馬は不思議だった。
「理由はふたつ。大男さんって美弥ちゃんが外出した夜に、よくあらわれたでしょ。それが週末だった」
 騒ぎは須坂が遠方からくる姉をむかえる道中におきた。その前例にならうとは──
「じゃあなんだ、須坂にも協力させると?」
「うん、いちばんむずかしそうだけどね」
 拓馬も同意見だ。最近の須坂は当たりがやわらいできたとはいえ、お人好しレベルまでには変化していない。こんな危険なまねをすすんでやってくれるとは思えなかった。
 ヤマダはいかにも難儀そうな顔をして「説得はわたしにまかせて」と言う。
「休みの日は美弥ちゃんがときどき店にくるんだよ。もちろん、わたしが手伝いにいってるとこね。そのときに会えたら話そうかな」
「店にこなかったらどうする?」
「美弥ちゃんの部屋を知ってる人に聞く」
 住所を知らせていない相手が訪問してきては気味悪がられそうだ。拓馬は「それはどうかと思うぞ」と苦言を呈する。
「学校じゃダメなのか」
「もしサブちゃんにバレたら美弥ちゃんぬきでもやりたがりそう。だからなるべく学校の人には知られないうちに説得したい」
「須坂が不参加なら、作戦中止か?」
 拓馬が言外の意図を察すると、ヤマダはにっこり笑う。
「そうするのがいいと思う。わたしが美弥ちゃんに変装してもいいんだけど……大男さんに別人だと見抜かれて、そのせいでうまくいかなかったら、骨折り損でしょ?」
「須坂がいたからって絶対にやつがくるわけでもないぞ」
「そのとおり。だから確率はあげておきたいんだよ。せっかくシズカさんも協力してくれるんだしね」
 シズカの手助けを無駄にしないために、という主張は拓馬の胸にひびいた。万全の態勢をととのえた結果なら、不発でおわっても悔いはのこらない。そういった思考のもと、彼女は須坂の参加を必須事項にしている。腑に落ちた拓馬は「ふたつめの理由は?」と質問をつづけた。
「格闘に強い人がうちの親父と酒飲みにくる」
「俺の知ってる人か?」
「うん、ジュンさんだよ」
 その人物はノブの元同僚だ。豪放なノブと馬が合う程度にはノリのよい人なので、ヤマダの希望を受けてくれそうだ。
「ジュンさんにも話してみるつもり」
「それなら勝てるかもな……」
 彼は戦闘の技巧に秀でる人物だ。本人は自分を普通の会社員だと言ってゆずらないが、拓馬たちは方便だと思っている。その根拠は彼自身の強さにあるが、そのほか、私生活でも暗器を携行する趣味にある。彼の所持する暗器は一応、この国の銃刀法に違反しないものだ。
 ヤマダはトーマの首元を両手でなでる。トーマの首回りは白くて後頭部と背中が黒いことから「マフラーまいてるみたい」とヤマダはよく言う。ヤマダがその毛並みをめでるのに満足すると、拓馬にむけて片手をあげる。
「じゃ、シズカさんのほうはよろしくー」
 そう言ってヤマダは帰宅した。連絡を催促された拓馬は、その場でシズカへの伝達をすませる。この連絡への返信は待たなくてもよいと思い、機器をポケットにもどす。そしておすわりする飼い犬を見た。トーマはじっと拓馬の顔を見上げている。らんらんとした目と口角の上がった口は、いまからたのしいことが起きると期待しているよう。拓馬はその頭をなでる。
「わかってるよ、散歩はちゃんとやるって」
 そのまえにトーマが遊んだ庭の様子を見ておくことにした。損壊がないか、汚物はおちていないかをひととおり確認する。なにも異常がないとわかると、散歩を再開した。

posted by 三利実巳 at 23:30 | Comment(0) | 長編拓馬 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集