2018年05月19日

拓馬篇−5章4 ★

 拓馬は登校した友人らに挨拶を交わした。いつもは登校時に挨拶される側の拓馬が教室にいるのを、友は大なり小なり不思議がった。
 拓馬にもすくなからずおどろきはあった。早くくる理由がないであろう千智が、早々にあらわれたのだ。朝勉強をしにきたり、不測の事態がおきても遅刻しないように用心したり、といった勤勉さのない千智がなぜ──と考えたところ、拓馬は、彼女がおしゃべりだから、と応急の理由をこしらえる。友人と雑談するために早くきている、と見当をつけた。
 千智は拓馬に近づくなり「今日はなんで早くきたの?」と率直に聞いてくる。拓馬はヤマダとの約束にしたがい、大男のことは伏せて話す。たまたまヤマダが夜に外出したら例の金髪を見かけ、彼の不穏な計画を聞いた、ということにし、その経緯をヤマダが朝早くに拓馬へ伝えてきたために、拓馬は早起きさせられた、と。
 すると千智はにやけて「やだー」と言う。
「あのキレーな子が? けっこうなファイトをもってんのね」
「『キレイ』……?」
「あの金髪よ。かわいい顔してたじゃない」
 拓馬の記憶では金髪の邪悪な笑みが印象に残っている。顔の良し悪しはあまり意識しなかったが、たしかに均整のとれた顔であったようにも思う。しかし確実なことは言えない。
「俺は雰囲気しか見てねえから……」
「そうなの? まあ男同士じゃ、相手が美形だからってなんとも思わないわよね」
「キレイとかブサイクだとかは関係ねえんだ。外に出るときは警戒してくれ」
「具体的にどうすんの?」
 千智は真顔で聞いてきた。拓馬は対策を熟考していないながらも、それらしく答える。
「何人かで固まってうごくとか、用事は日が明るいうちにすますとか……」
「部活やってたらムリじゃない?」
「帰りが遅くなるのはわかるが、だれかとつるんで帰るのはできるだろ?」
「あっちは三、四人で行動してくるんでしょ。そんなやつらが、女の子が二人や三人ならんでいて『今日はやめとこう』って気分になると思う?」
 その抑止力は並みの女子では持ちえない。よほど体格に秀でた女子たちでなくては、相手は引き下がらないだろう。拓馬は自身の読みの甘さを痛感する。
「あー、効果ないな、それは……」
「ね、もっといい撃退法がないかしらね」
 拓馬が頭を悩ませていると「ねえ」と声をかけられた。その声の主は須坂だ。拓馬が視線を変えると、須坂の体の正面は千智に向かっている。
「だれかにねらわれてるの?」
「え、うん……」
 千智が不気味なほどにおとなしい返事をした。勝気な彼女らしさがなくなっている。その原因は、あまり親交のない生徒からいきなり話しかけられたことにあった。
 そんな戸惑いはおかまいなしに、須坂が話を続ける。
「だったら防犯ブザーを借りたら? この学校、貸し出しやってるから」
「よく知ってるのね」
「『使ったら』って、先生にすすめられたの」
「へー、いつから?」
「この学校に通うと決まったあたりに……私、ひとりで暮らしてるし──」
 須坂は防犯グッズの貸し出し手続きについて説明した。事務室で事務の人に話をし、用紙に必要事項を記入しればよいのだという。拓馬はこの場ではじめて知った。千智も初耳のごとく傾聴するので、須坂はいぶかしがる。
「この貸し出しって、ここの生徒ならみんな知ってるんじゃないの?」
「入学したときに言われてたかもねえ。でも、そんなの聞き流しちゃってるわ」
「平和だったから?」
「そうよ、こんなにゴタゴタしてるのって今年だけじゃない?」
 千智が拓馬に話をふった。拓馬はとりあえずうなずいておく。拓馬個人の身辺においては去年もさほど変わらぬ忙しさだったように思えて、全面的な肯定はしにくかった。
 須坂らが防犯対策の談義を終えかけたころ、三郎が入室した。彼は荷物を背負っている。これが彼の登校時間帯なのだろう。拓馬は若干意外に感じた。なんとなく、優等生な彼ならもっと早くに学校に着くものと思っていた。
 三郎は千智が須坂と接する様子を見て、あからさまに驚愕した。その反応はいたしかたないことだ。須坂は三郎をうっとうしがっているし、その仲間とも積極的に関わろうとしていなかった──駅での一件をのぞいて。
 とはいえ三郎のリアクションは行き過ぎていた。目をひんむく様子は顔芸のようでもあり、拓馬は吹き出してしまう。その笑い声を聞いた三郎が「いや、失礼した」と取り繕う。
「仲良くしているようでなによりだ。なんの話をしていたか、聞かせてもらえるか?」
「あー、それがな──」
「例の不良どもがなんかやらかす気なのよ」
 拓馬の説明は千智にとって代わられた。三郎はその説明を受ける間、表情が悲喜こもごもに変化したが、口をはさむことはなかった。
「女子たちはその対策でいいか」
「男はどうするつもりだ?」
「むろん、遭遇したあかつきには再戦を──」
 拓馬は三郎のブレなさに諦観をおぼえる。
「せめて、だれかと一緒にいるときにやってくれ」
 そのだれか、は戦力にならなくてもかまわなかった。有事の際は他者の助けを求めに行ける、そんな人物でよい。さほどむずかしい要求ではないはずだが、三郎は難問に出くわしたかのようにしかめ面をする。
「といっても、オレは拓馬やジモンとは登下校の方向がちがうから……」
 彼は戦力になる同行者を想定している。拓馬がその考えを正そうとしたとき、三郎の目が千智にいく。千智が「あたしぃ?」と渋る。
「やーよ、またあんたに夢中な先輩とかお嬢にやっかまれるじゃない」
 三郎と千智は同じ地区から通っている幼馴染。だがこの二人は学校の行き帰りを共にしない。その理由は、恋人の疑いを回避するためだ。三郎の身辺には一部の女子の目が光っており、その被害に千智が辟易《へきえき》しているとか。そのことを拓馬が思い出すと、この二人が登校時間帯をずらす現状に納得がいった。
「あたしはあんたが嫌いなんじゃないのよ?」
「ああ、それはわかる」
「でもあんたが優柔不断なせいで、あんたを友だち扱いする女子が困るわけ。わかる?」
「その、千智が迷惑だと言うのもわかるが、オレは決断を先延ばしにするつもりは──」
「だったら先輩かお嬢のどっちかを恋人にみとめちゃいなさいよ。そしたらほかの子だってあきらめがつくの。ちなみにあたしのオススメはお嬢ね、逆玉よ逆玉!」
 お嬢とあだなされる女子生徒は親が美容関係の社長だという。裕福な家の出であることは彼女の普段の身だしなみや言動からも知れ渡った。そのような庶民とは不釣り合いな女子に懸想されることを三郎は知っていながら、「そんな底の浅い話はいい」と切り捨てる。
「千智が人目を気にするのはわかった。なら部活帰りはどうだ? 先輩はもう引退したし、お嬢のほうも帰るのが早かったと思う」
「部活が終わる時間はバラバラでしょ。どっちかが終わるまで、片方が待つの?」
「そうだ。せいぜい十分二十分くらいの時間だろうが、惜しいか?」
「それくらいは平気だけどね、あんたからちゃんと先輩たちに話を通しておきなさいよ」
「そこまで周到にやるか?」
「そうよ。あの人たちはじかに見てなくたって、あんたのネタを拾ってくるんだからね」
 三郎の要請は認可が下りた。黙していた須坂が「モテるのも大変ね」と微笑つきで三郎を冷やかす。そうして須坂は自席へもどった。三郎はぽかんとした顔で須坂を見ている。
「……人が変わったみたいだな」
 三郎の感想に皆がうなずく。拓馬の目にも、難物な転校生が友好的な態度に変わったことはわかった。そのときに予鈴が鳴り、須坂の軟化に関する話題は立ち消えた。言葉をかさねずとも三人が感じた印象は同じだろう。
(友だち……に、みとめてくれたか?)
 須坂にまつわる騒動に関わる際、拓馬自身は損な役回りが多かった。だがその結果、肯定的な変化が芽生えた。自分が巻き込まれたことは結果的にメリットのあることだったのだと、拓馬は前向きに受け入れた。

posted by 三利実巳 at 13:30 | Comment(0) | 長編拓馬 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集