ファン
検索
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
茂兵衛さんの画像
茂兵衛
生まれたのは母親の故郷の佐久市の病院。 育ったのは武蔵野の面影濃い府中市。 玩具量販店の社員として東日本を転々としていましたが・・・。
プロフィール

2019年08月12日

自由研究に付き合う

空き缶でお米を炊く実験。
中2の長男が友達とかみさんの
付き添いで近所の河原に行ったが、時間が足りない?
とのことで失敗とのこと。
その日の夜、不満そうな表情だったので
引越しの最中ですが・・・
私からプチ反抗期?の長男に声をかけ、
日を決めてじっくりと付き合うことにしました。

そして今日、自分が好きな古竜湖キャンプ場へGO!
午前中は長女と次男がアトリエ教室なので送り迎え、
その間に引越しの荷物運びを行い、
せっかくなのでウインナー、軽く煮た黒豆、
昨日漬け込んだお肉、失敗した時を想定して
カップラーメンを3つ持っていきました。
長女は「行きたくない」とのことなので
家で留守番・・・!?長女も反抗期でしょうか?
祝日でしたがキャンプ場にはファミリーは1、2組のみで
静かな雰囲気で非常に快適でした。
受付の小屋にも管理人さんがいるのを初めてみましたが
一言声をかけ、「危なくなけりゃぁ自由にやってくれ」
とのお言葉を頂き火起こし開始。
自分と次男はコンロに炭を置き細かい枝や松ぼっくり、
杉の葉や皮でガンガン燃やしていきます。
その上に網を置き缶に入ったお米に黒豆を
ちょいと入れて炊くと20分程度で
美味しく出来上がりました。
お肉も軽く焼きながら煙を浴びせると
ジャーキー見たいになり美味しくできました。

長男はコンロも空き缶で作ったとのことで
空気の通りが悪いようで火がうまく燃えません。
新聞紙を燃料にしていたので、ガムテープ、
牛乳パック、杉の枯葉も使うように提案。
さらに、空き缶のコンロとお釜の部分に
隙間を作るように提案したら
うまくいったようですが、今度は空き缶の耐久性が
弱くなったようで苦戦!結局炊き終わるのに
2時間弱かかりました。

一番美味しかったのは炒った黒豆(味付けなし)と
キャンプ場の水でした。

それにしても今日も暑いですね。
夜は晩酌を我慢して水道水を飲んで
「うまい」とつぶやいています。

IMG_20190812_164727.jpg

⇊釣り禁止ですが、小さいブラックバスが泳いでいてワームが落っこちていました。
IMG_20190812_170130_165.jpg