QRコード
ファン
ページ内検索はこちら
棒人間ニュース
最新記事
【人気記事】
小泉進次郎が年上41才の滝川クリステルとデキ婚!理屈じゃない!
日本医師会の中川会長が昨年夏に知人の女性とすし店で会食を認めた!辞任か?
蒼井優、33歳、妊活のお年頃で妊娠、結婚、休養のパターンだろう
杏の旦那は未成年の唐田えりかと長年不倫関係だった!
大戸屋のポイントカードが切り替え中、有効期限が一年以内になるという少し改悪
総務省の統計だってデタラメなのに厚生労働省を非難できるのか?
坂上忍が毒舌で嫌われてもバイキングで1日にもらうギャラは120万円以上
小保方晴子のグラビアに需要があるのなら、小保方晴子のヨガのパーソナルトレーナーは商売になる
竹内由恵アナ、33歳が結婚
タグクラウド
会員数10万人突破!+【タイムチケット】
京の気になるニュース
Google先生に聞いてみた
BBCニュースで英語を勉強しよう
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
stick human's news

2021年07月23日

今度は開会式を直前に中止か?併せて橋本聖子会長も辞任??

何でも直前に中止して謝罪するのが東京オリンピック2020。
開会式が必要かと言われれば、必要ではない。競技ではないのだから。
これだけケチのついた開会式。
やめて、さらに、責任をとって金の亡者の橋本聖子会長も辞任が適切だろう。
少なくともこれだけコケにされた理事たち20人は、辞表を提出して理事を辞任することが容易に予想される。
理事たちも金の亡者で辞めもしないか?
Divorce.gif

Yahoo!より、
組織委理事約20人 開会式の中止か簡素化を要望していた…武藤事務総長に記者会見で説明要望も開かれず
7/22(木) 22:28配信
スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/32c15506044f8e7cd019bb6bb779a3bf00da42bb
記事より、
 東京五輪・パラリンピック組織委員会の理事約20人が、23日に行われる東京五輪開会式の中止か、簡素化への変更を同組織委・武藤敏郎事務総長に申し入れていたことが22日、分かった。同理事らは21日に五輪・パラリンピックの開閉会式の楽曲を担当する小山田圭吾氏のいじめ問題について、22日には開閉会式の制作・演出チームで「ショーディレクター」として統括役を務めていたた小林賢太郎氏のホロコーストを揶揄(やゆ)する発言について、臨時にオンラインでの会議を行った。

 ある理事は「2つとも大問題。急きょ、会議を行うことになった。小林氏は開会式の演出全体の調整役と聞いている。それだけに、これまで通りの演出で開会式を行えば、世界中に小林氏の発言を認めたと取られてしまう」と危機感をあらわににした。そのため、小林氏が演出に一切関わってない開会式にするためには、中止にするか、各国・地域の選手の入場行進、聖火点火、開会宣言のシンプルなものにするしかないと会議に出席した理事全員が同意したという。

 開会式の式典の変更については、国際オリンピック委員会(IOC)総会での承認が必要だという規約を理解した上で「時間が大幅に短くなるかもしれない。特に高額な放映権料を払っている米NBCからはクレームがあるかもしれないが、今回の問題の重要さを考えたら変更もやむなしの理解されるのではないか」と別の理事

 この要望について、武藤総長には記者会見で明らかにするよう求めていたが、この日夜の会見は開かれず、「予定通りに行う」と組織委は声明を出した。ある理事は「これでいいのでしょうか」と

 オンライン会議では、小山田氏の続投を当初、武藤総長が容認したことに、非難の声が相次いだという。また、情報が理事になかなか伝わってこないことや、今回の不祥事の際にも臨時理事会などが開かれないことに不信感が高まっている。「森(喜朗)さんから橋本(聖子)さんに、会長が代わってからも結局、幹部数人で決定する体質はほとんど変わらなかった」とある理事は嘆いた

男子サッカー、久保のゴールで1−0で南アフリカを下す!

男子サッカー。日本代表の初戦の相手は南アフリカだった。
新型コロナウイルス感染により、メンバーが変わってしまったチーム。
守りが固く攻めにくく、なんとか久保の個人技でゴールという試合だった。
Goal.gif

Yahoo!より、
U24日本 南ア撃破で五輪白星発進!MF久保が1次L突破へ“希望の扉”開いた最年少弾
7/22(木) 21:53配信
スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/1b892484d2d3c0ecc6a92a1e5d976bf1a7b905fb?tokyo2020
記事より、
 ◇東京五輪男子サッカー・1次リーグA組 日本1―0南アフリカ(2021年7月22日 味の素スタジアム)

 男子サッカーのU―24日本代表は22日、東京五輪1次リーグA組初戦でU―24南アフリカ代表と対戦。相手チームの大半が新型コロナウイルス陽性者の濃厚接触者となってしまったため開催が危ぶまれた一戦を1―0で勝利。思うように日本国内で調整出来なかった相手に苦戦するも、MF久保建英(20=Rマドリード)が後半26分に左足で決勝ゴール。同大会の日本最年少得点記録を20歳48日に更新する“歴史的一撃”により白星発進を飾り、1次リーグ突破へ価値ある勝ち点3を獲得した。

 日本は前半から攻め込みMF三好やMF久保が決定機を迎えたが決めきれず。0―0で折り返した後半も決定機を逃し、なかなかゴールの奪えない重苦しい“雰囲気”が漂っていたが、同26分に待望の先制点。右サイドでボールを受けたMF久保が中央へドリブルを仕掛け左足を一閃。相手DFを切り裂く見事な一撃でネットを揺らし勝負を決めた。

 無事白星発進を飾った日本は1次リーグ第2戦メキシコ(25日、埼玉)、同第3戦はフランス(28日、横浜国際)と対戦予定。次戦メキシコは同日の試合で4―1とフランスに勝利しており、注目の一戦となりそうだ。