ページ内検索はこちら
棒人間ニュース
【人気記事】
小泉進次郎が年上41才の滝川クリステルとデキ婚!理屈じゃない!
横浜市の新交通システムの逆走事故は自動走行には多くの課題があることを露呈
蒼井優、33歳、妊活のお年頃で妊娠、結婚、休養のパターンだろう
熊本市ではいろんなことがある.女子高生がガールズバーで接客,市議会には乳飲み子と一緒に入場するババア議員もいるところだ
大戸屋のポイントカードが切り替え中、有効期限が一年以内になるという少し改悪
総務省の統計だってデタラメなのに厚生労働省を非難できるのか?
坂上忍が毒舌で嫌われてもバイキングで1日にもらうギャラは120万円以上
小保方晴子のグラビアに需要があるのなら、小保方晴子のヨガのパーソナルトレーナーは商売になる
竹内由恵アナ、33歳が結婚
タグクラウド
ファン
会員数10万人突破!+【タイムチケット】
京の気になるニュース
Google先生に聞いてみた
BBCニュースで英語を勉強しよう
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
stick human's news

2020年07月11日

浸水被害対策として濡れても大丈夫な畳という選択!

浸水被害というのは数年に1度起こるところが多い。
簡単には移住はできないので、そのまま住み続けていることになる。
それでも、何かできることはある。
例えば、畳、これは水につかるとだめ、特に洪水などでは匂いが取れない、衛生的に無理、ということが多い。
だが、水を吸わない、洗って使える畳なら洗うだけで使える。
こうしたちょっとした工夫で、災害時のゴミも減らせ、復旧も安い、早いとなる。
工夫次第だ。
Umbrella.gif

Yahoo!より、
水害に強い洗える畳開発 徳島の会社、再利用簡単に
5/30(土) 6:51配信共同通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/54c3761773ee100129cca283006b3214512ddcbf
記事より、
 豪雨や津波などの水害で泥まみれになっても簡単に洗って再利用できる「めっちゃ洗える畳」を、徳島県阿南市の畳製造販売会社「森吉商店」が開発し、5月14日から販売を始めた。森吉久志社長(49)は「災害に遭ってもいち早く復興に向けて動きだせるように」と普及に期待を込める。

 2018年の西日本豪雨や17年の九州北部の豪雨など、近年水害が各地で多発しているが、森吉社長によると、一度遭うと、住宅をリフォームする際に和室をやめてしまう人が多いという。

 販売価格は1畳2万円から。問い合わせは同店の電話0884(22)0093。

Yahoo!より、
九州豪雨、住宅被害1万棟超える さらに増加、あすにかけ再び大雨も
7/11(土) 7:55配信産経新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/b6fbce0225d5b714df238f364d1d5a49da31f262
記事より、
 4日からの断続的な大雨による九州7県での住宅被害は10日までに、少なくとも各県の集計で計1万1861棟に上っている。特に60人が死亡、10人が行方不明となっている熊本県で6千棟を超え最も被害が大きいが、まだ調査中の市町村も多く、被害の全容は明らかになっていない。今後も12日にかけて激しい雨が降る可能性があり、土砂災害や浸水被害の危険性が高まる恐れがある。各県は警戒を続けている。(九州総局 小沢慶太)

 10日午後3時までの各県の発表によると、熊本県の住宅被害は6303棟。全壊23棟、半壊14棟、一部損壊45棟のほか、床上浸水が4580棟、床下浸水が1641棟の被害が判明している。床上浸水は球磨川の氾濫で甚大な被害を受けた人吉市が3775棟と突出している。ただ、球磨村など調査が終わっていない市町村も多く、県は「今後さらに増加することが見込まれる」としている。

 2人が亡くなった福岡県は4848棟。一部損壊が1棟のほか、床上浸水が1450棟、床下浸水が3397棟だった。床下浸水は被害の大きい大牟田市(1719棟)、久留米市(1577棟)が大半を占めている。

 鹿児島県は372棟が被害を受けた。全壊4棟、半壊2棟、一部損壊5棟のほか床上、床下の浸水被害は361棟に及んだ。大分県は207棟が被災し、そのうち全壊、半壊、一部損壊がそれぞれ5棟ずつ、浸水被害は192棟となった。

 長崎県では71棟、佐賀県は58棟、宮崎県は2棟の被害が確認されている。

 前線は九州の北の海上に停滞。10日午前は九州のほぼ全域でいったん雨が上がったが、大気の状態が不安定で、気象庁は今後、九州北部を中心に広い範囲で再び大雨になるとみている。

 12日正午までの48時間予想雨量は九州北部300〜400ミリ、九州南部150〜250ミリ。12日以降も大雨が続く恐れがあるとしている。降り続く雨で土砂災害の危険性が高まっている地域もあり、依然として厳重な警戒が必要だ。

 福岡県の小川洋知事は、県災害対策本部会議で「これまでの雨で土砂災害や洪水被害の危険も高くなっている。あらためて命を守るという意識を強く持ってもらい、早めの避難をお願いしたい」と呼び掛けた。