ページ内検索はこちら
棒人間ニュース
【人気記事】
小泉進次郎が年上41才の滝川クリステルとデキ婚!理屈じゃない!
横浜市の新交通システムの逆走事故は自動走行には多くの課題があることを露呈
蒼井優、33歳、妊活のお年頃で妊娠、結婚、休養のパターンだろう
熊本市ではいろんなことがある.女子高生がガールズバーで接客,市議会には乳飲み子と一緒に入場するババア議員もいるところだ
大戸屋のポイントカードが切り替え中、有効期限が一年以内になるという少し改悪
総務省の統計だってデタラメなのに厚生労働省を非難できるのか?
坂上忍が毒舌で嫌われてもバイキングで1日にもらうギャラは120万円以上
小保方晴子のグラビアに需要があるのなら、小保方晴子のヨガのパーソナルトレーナーは商売になる
竹内由恵アナ、33歳が結婚
タグクラウド
ファン
会員数10万人突破!+【タイムチケット】
京の気になるニュース
Google先生に聞いてみた
BBCニュースで英語を勉強しよう
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
stick human's news

2020年03月23日

青森でもスペイン旅行からお持ち帰り初感染者!

青森でもスペイン旅行からお持ち帰り初感染者が出た。
わざわざ3月9日から新型コロナウイルス 感染大国で多くの死者が出ているスペインへのツアー旅行に参加。
きっちり新型コロナウイルスに罹ってきたわけだ。
どうしようもない。
これで41都道府県/47都道府県。
20200325−corona-日本全体白地図.jpg

Yahoo!より、
新型コロナ 青森で初の感染者 夫にスペイン旅行歴
3/25(水) 7:55配信 産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200324-00000017-san-l02
記事より、
 県は23日夜、八戸市に住む70代の夫婦が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同県での感染者は初めて。
 県によると、夫婦は2人暮らし。夫は今月9日からスペインのツアー旅行に参加し、16日に成田空港に到着後、新幹線で八戸駅へ移動、タクシーで帰宅した。夫婦は18日から喉の痛みや発熱を訴え、同市内の医療機関を受診。その後、夫は体調が回復したが、妻は発熱が続いたため、22日に同市内の医療機関を訪れ、23日にPCR検査をした結果、陽性と判明した。夫から妻に感染したとみられるという。2人とも同市内の感染症指定医療機関に入院。妻は発熱などが続いているが、肺炎の症状はないという。
 県は一緒にツアーに参加していた県南部に住む9人についても検査を実施、25日にも結果が判明する見込み。記者会見で三村申吾知事は「感染拡大防止に全力で対応する。県民には冷静な行動をお願いしたい」と

タイの新型コロナウイルス感染選手が輸入されたか?

日本での新型コロナウイルス感染は海外からのウイルス持ち込みのケースが大多数だ。
もちろん、日本に来た中国人観光客が新型コロナウイルスをばらまいたということもある。
K-1が埼玉県の外郭団体の運営によるさいたまスーパーアリーナで行われているが、この結末はタイと同じようになるのではないか?
Landing.gif

Yahoo!より、
格闘技で集団感染…タイ・バンコクが事実上“封鎖”に
3/22(日) 17:30配信FNN.jpプライムオンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200322-00010005-fnnprimev-int
記事より、
タイの首都バンコクは3月21日、市内のデパート(食料品店や日用品除く)や娯楽施設などの営業を3週間禁止すると発表した。それに先立ちタイ政府は入国規制の厳格化も発表した。これまで規制が比較的緩やかだったタイだが、地元当局がここにきて相次いで厳格な措置に踏み切っている。その背景にあるのは、1週間前から始まった感染者数急増への危機感だ。そして急増の主要因の一つが、タイの格闘技「ムエタイ」競技場で発生した集団感染
タイの国技である格闘技「ムエタイ」の二大殿堂の一つ、ルンピニー・スタジアムで3月6日に行われた試合で集団感染が発生していたことが分かった。他の競技場でも感染が発覚し、現時点でムエタイ絡みの感染者数は観客やその家族など合わせて125人に上っているが、政府はさらに数百人が感染している恐れもあるとみていて、事態は深刻だ。
この試合会場には当時、有名な俳優やタイ軍関係者、有力政治家、そして大勢のファンが来場していた。感染発覚が遅れたこともあり、潜在的な感染者はすでにタイ全土に広がっている。タイ当局は参加者の追跡を最重要課題と位置づけていて、封じ込めに必死だ。
ルンピニー・スタジアムは集団感染が起きた4日後にも、試合を行っていた。主催者は、その日から感染者対策として試合を無観客に変更していたが、こうした措置は既に手遅れだった。
ムエタイ格闘技場での感染は、ルンピニー・スタジアムだけではない。二大殿堂のもう一つ「ラジャダムナン・スタジアム」でも、ファンの感染が発覚したほか、別の試合会場でも感染が起きていた。
ムエタイの3つの会場での感染者合計は125人(3月22日時点)に上る。タイ全土の全感染者数が599人なので、実に2割がムエタイ関連の感染者だ。ルンピニー・スタジアムでは、既に数百人が感染しているおそれもあるため、その数はさらに増える可能性が高い。
格闘技の試合会場では、大勢の観客が密閉された空間に長時間留まる。そして、隣の人と密着した状態で座り、ひしめき合いながら声援を送る。地元客の中には絶叫しながら、熱心に選手を応援する人も多い。多くの人が会場内で行われている「賭け事」に参加し、賭けた選手が勝つよう必死で応援するからだ。会場内にいた全ての人は、濃厚接触の状態に置かれていた。
連日の感染者急増に危機感を抱くタイ当局は、ここにきて入国制限や商業施設の営業禁止など、相次いで厳しい対策に踏み切っている。
タイ政府は22日から、タイに向かう航空機に搭乗する際、日本を含む感染拡大国からは、新型コロナウイルスの感染リスクがないことを証明する健康証明書の提示を義務付けた。これは「非感染証明書」と同様であり、健常者に検査を行っていない日本で取得するのは難しく、タイ当局による事実上の入国制限となっている。