ページ内検索はこちら
棒人間ニュース
【人気記事】
小泉進次郎が年上41才の滝川クリステルとデキ婚!理屈じゃない!
横浜市の新交通システムの逆走事故は自動走行には多くの課題があることを露呈
蒼井優、33歳、妊活のお年頃で妊娠、結婚、休養のパターンだろう
熊本市ではいろんなことがある.女子高生がガールズバーで接客,市議会には乳飲み子と一緒に入場するババア議員もいるところだ
大戸屋のポイントカードが切り替え中、有効期限が一年以内になるという少し改悪
総務省の統計だってデタラメなのに厚生労働省を非難できるのか?
坂上忍が毒舌で嫌われてもバイキングで1日にもらうギャラは120万円以上
小保方晴子のグラビアに需要があるのなら、小保方晴子のヨガのパーソナルトレーナーは商売になる
竹内由恵アナ、33歳が結婚
タグクラウド
ファン
会員数10万人突破!+【タイムチケット】
京の気になるニュース
Google先生に聞いてみた
BBCニュースで英語を勉強しよう
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
stick human's news

2020年02月12日

新型コロナウイルスの感染拡大は1人で10数人に簡単に感染させることができること

中国発の新型コロナウイルスの感染を拡大されたイギリス人。
11人も感染させたという。
だが、この感染を拡大した本人は回復するというもの。
感染させたい人の集まりに出て行って狙い撃ちができる。
恐ろしくよく考えられた新型コロナウイルスだ。
Bomb.gif

Yahoo!より、
11人のウイルス感染招いた英国人「スーパースプレッダー」、回復を発表
2/12(水) 0:22配信 AFP=時事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200212-00000000-jij_afp-int
記事より、
【AFP=時事】シンガポールへ出張した際に新型コロナウイルスに感染し、その後多数の人にウイルス感染をもたらした英国人男性が11日、完全に回復したと発表した。ただ現在も、首都ロンドン中心部にある病院で隔離されているという。

 1人から多数のウイルス感染を招く患者「スーパースプレッダー」とされるスティーブ・ウォルシュ(Steve Walsh)さんは、ガイズ・アンド・セント・トーマス病院(Guy's and St Thomas' Hospital)から、自身が回復したことを発表した。

 ウォルシュさんは英国人少なくとも11人を新型ウイルスに感染させたとみられている。うち5人にはフランスのアルプス(Alps)地方のスキーリゾートで、さらに5人には自宅があるイングランド南東部ブライトン(Brighton)で感染させたとされ、もう1人はスペインでの休暇中に感染が確認されている。

 ウォルシュさんは、体調不良かもしれないと感じてすぐに国民保健サービス(NHS)に連絡したと話している。

「症状がなかったにもかかわらず、病院の隔離室に行くように言われた。その後は指示通り自宅で隔離に努めた」とウォルシュさん。

「感染が確認されると、病院の隔離病棟に送られ、今もとどまっている。さらに予防措置として、私の家族も自ら隔離するよう要請を受けている」と明かしている。

 ウォルシュさんの出身地ブライトンの医療機関の職員2人の感染が確認され、この施設が閉鎖されたことを受け、現地メディアはウォルシュさんに関してさかんに報道している。この医療機関の系列施設も、11日に閉鎖された

新型コロナウイルスのワクチンは中国が独占!?

新型コロナウイルスのワクチンは中国は既に用意しているのだろう。生物兵器なので、ある意味当然の準備。
だが、中国共産党のメンバーに配布した後になるため、取りあえず18カ月としているのだろう。
順調に進めば、半年以内でワクチンが出回るのではないか?
Regret.gif
Yahoo!より、
ワクチン開発に18か月…WHO、疾病を「COVID―19」と命名
2/12(水) 0:56配信 読売新聞オンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200212-00050000-yom-int
記事より、
 【ジュネーブ=杉野謙太郎】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は11日、スイス・ジュネーブで開いた記者会見で、新型コロナウイルスへのワクチン開発に18か月を要するとの見通しを示し、「利用可能な武器をすべて用いて、やれることをやらなければいけない」と語った。

 また、テドロス氏は新型コロナウイルスが引き起こす疾病を「COVID―19」と名付けたと発表した。Coronavirusから「COVI」、Disease(疾病)から「D」をそれぞれとり、発生年である2019年の「19」をつけた。

 WHOは11日から2日間の日程で、世界各国・地域の研究者ら約400人が新型ウイルスのワクチン開発や治療法を話し合う会合を開催している。