ページ内検索はこちら
タグクラウド
棒人間ニュース
【人気記事】
小泉進次郎が年上41才の滝川クリステルとデキ婚!理屈じゃない!
横浜市の新交通システムの逆走事故は自動走行には多くの課題があることを露呈
蒼井優、33歳、妊活のお年頃で妊娠、結婚、休養のパターンだろう
熊本市ではいろんなことがある.女子高生がガールズバーで接客,市議会には乳飲み子と一緒に入場するババア議員もいるところだ
大戸屋のポイントカードが切り替え中、有効期限が一年以内になるという少し改悪
総務省の統計だってデタラメなのに厚生労働省を非難できるのか?
坂上忍が毒舌で嫌われてもバイキングで1日にもらうギャラは120万円以上
小保方晴子のグラビアに需要があるのなら、小保方晴子のヨガのパーソナルトレーナーは商売になる
竹内由恵アナ、33歳が結婚
会員数10万人突破!+【タイムチケット】
京の気になるニュース
Google先生に聞いてみた
BBCニュースで英語を勉強しよう
ファン
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
stick human's news

2019年08月21日

48グループは解散しかない、テレビから消えるのはカウントダウン状態

48グループはNGTで発覚したように、イジメアイドル、つながり援交アイドルで嘘つきアイドル。
これがバレてしまった以上は、48グループは終わりだ。
NGTをなぜ切らなかったのか分からないが、おそらく問題はNGTだけではなくどの48グループも同じというkとおを認めざるを得なくなって、トカゲのしっぽ切りか、知らんぷりをするかのどちらかを迫られて、知らんぷりをしているのだ。
だが、確実にテレビから消えていく48グループ。
もはや消えるしかない状態だ。
TooHot.gif

Yahoo!より、
「AKBINGO!」9月で終了 11年の歴史に幕…メンバー絶句&涙「心の底から感謝しかない」
8/21(水) 10:18配信 スポニチアネックス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00000121-spnannex-ent
記事より、
 AKB48グループの冠バラエティー番組、日本テレビ「AKBINGO!」(火曜深夜0・59)が今年9月いっぱいで終了することが分かった。20日深夜の放送で発表された。2008年10月の番組スタート以来、11年の歴史に幕を下ろす。最終回まで残り5回となった。
 収録終了後、MCのウーマンラッシュアワー・村本大輔(38)が「お疲れさまでした。本当にお疲れさまでした。実はですね、『AKBINGO!』が9月で終わります。終了します」。メンバーは「え?」と絶句。スタジオは静まり返った。

驚くメンバーの方がおかしい。やっぱりというべきだろう。

コンビニは消費税分をポイント還元!政府の増税に真っ向対決!

コンビニ各社は消費税増税を否定。
8%が10%になるのだが、この2%の増税を相殺するポイント還元を実施するという。
つまり、コンビニ各社は消費税増税反対なのだ。
ただし、2020年6月までの限定。
取り組むならずっと消費税増税分のポイント還元を続けてほしいものだ。
GutsPose.gif

Yahoo!より、
消費増税の還元分、その場で差し引きます コンビニ3社
8/20(火) 21:28配信 朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00000070-asahi-bus_all
記事より、
 セブン―イレブン・ジャパンなどコンビニ大手3社は、10月の消費増税に合わせて始まるキャッシュレス決済のポイント還元対象の2%分を、客の支払いの時にその場で差し引く
 実質的な値引き
 お得感を打ち出すことで増税による集客の落ち込みを最低限に抑えたい考え
 実施するのは、セブンイレブンとファミリーマート、ローソンのコンビニ大手3社。
 ポイント還元策は、増税による消費の落ち込み防止やキャッシュレス決済の普及をねらって、政府が実施を決めた。クレジットカードや電子マネー、QRコード決済などで支払いをすると、対象金額の2%分がカード会社などのポイントで還元される仕組み。2020年6月まで行われる。

 このポイント還元を、コンビニ3社は、その場で使えるようにする。ポイント還元の場合には、実際のポイントが付与されるまでに時間がかかるので、その場で2%分が戻ってくることを実感してもらいやすくなる。

政府もキャッシュレス決済なら消費税増税分を還元するのだからということだろう。
ポイントが容易に使える時代において、増税分の消費税はいただきません、ということを実質的に宣言したのと同じだが、認めざるをえないということ。
ポイントというシステムならいいなら、値引き券を配っても同じで、実質的に消費税増税分の転嫁拒否は可能なのだ。
参考)消費税の転嫁拒否について(公正取引委員会より)
https://www.jftc.go.jp/houdou/panfu_files/ihanjireipamphlet.pdf