ページ内検索はこちら
タグクラウド
棒人間ニュース
【人気記事】
横浜市の新交通システムの逆走事故は自動走行には多くの課題があることを露呈
蒼井優、33歳、妊活のお年頃で妊娠、結婚、休養のパターンだろう
熊本市ではいろんなことがある.女子高生がガールズバーで接客,市議会には乳飲み子と一緒に入場するババア議員もいるところだ
大戸屋のポイントカードが切り替え中、有効期限が一年以内になるという少し改悪
総務省の統計だってデタラメなのに厚生労働省を非難できるのか?
坂上忍が毒舌で嫌われてもバイキングで1日にもらうギャラは120万円以上
小保方晴子のグラビアに需要があるのなら、小保方晴子のヨガのパーソナルトレーナーは商売になる
竹内由恵アナ、33歳が結婚
会員数10万人突破!+【タイムチケット】
京の気になるニュース
Google先生に聞いてみた
BBCニュースで英語を勉強しよう
ファン
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
stick human's news

2019年06月13日

炎上狙いのグラビアアイドル#KuToo呼びかけの石川優実の狙い通りの炎上

#KuToo呼びかけの石川優実の狙い通りに炎上しているということ。
それだけ。
だいたい、グラビアアイドルがこうした運動をすること自体が不自然でしょう。
ThroughAway.gif

Yahoo!より、
#KuToo呼びかけの石川優実さんに飛び交う理不尽なバッシング。当人が思い語る
6/12(水) 10:06配信 ハフポスト日本版
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00010001-huffpost-soci
記事より、
・職場でのパンプスやヒール着用を強制しないでほしい。署名活動「#KuToo」に賛同の声が広がっている。
・6月11日、東京・永田町の衆議院議員会館で「パンプス押し付けにさよなら!緊急院内集会」が開かれ、プロジェクトを立ち上げた石川優実さんや労働問題の専門家、厚労省の担当者らが出席。パンプス強制をめぐる問題をどう解決していけば良いかを話し合った。
・声をあげた石川さんは、ネット上で理不尽なバッシングにも晒されている。「自分が我慢しているからお前も我慢しろ、という意見の方もいた。みんなで楽になる方、楽しく過ごせる方、心地よく健康に過ごせる方を目指していくのがいいと私は思います」と話し、「(賛同している人が)みんなで協力しあってやっていけたら」と訴えた。
・「#KuToo」は、「#MeToo」と「靴」、「苦痛」をかけ合わせた言葉だ。
・この運動で石川さんは、職場で靴ずれが起きやすいヒールやパンプスの着用を強制することや、パンプス着用が「マナーや常識」だとみなされる風潮に異を唱えている。
・6月3日には、企業でのヒール・パンプス着用の義務づけを禁止するよう求める要望書を、約1万8800人の署名とともに厚労省に提出した。11日時点で署名への賛同者は2万7000人を超えている。
・#KuToo問題の根本にあるのは「性差別」であり、「ジェンダーの問題」。石川さんはそう訴える。
・「もちろん健康の問題でもあり、労働環境の問題でもあると思うんですが、まず男性と女性の履物が違うことは、忘れずにいてほしいです」
・「パンプス・ヒールの着用は、健康リスク・災害リスクという意味で、フラットな男性靴よりも不利益性が高いのは明らか」と話した。

ではパンプスやヒールを履く人がなくなるのか?
それはきっとなくならない。
ミスコンが女性差別とかいうが、いつまでたっても美人コンテストはなくならないのだ。

たけしが18歳下、54歳の愛人と結婚?

たけしは離婚で元妻に100億円。
そんなに資産家であったのがビートたけし。
まだまだ稼ぐことは間違いない。
Lostmoney.gif

Yahoo!より、
ビートたけし離婚、莫大財産は元妻へ 終結まで長引いた背景
6/12(水) 16:00配信 NEWS ポストセブン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190612-00000014-pseven-ent
記事より、
・「結果だけ見れば、0対100でたけしさんの完敗。それなのに本人は『オイラ、スッキリしちゃったぜ』って笑いながら頭をかいてましたよ」――。ビートたけし(72才)の知人は、苦笑いでこう明かした。
・たけしと幹子夫人(68才)の“離婚闘争”に、終止符が打たれていたことがわかった。元漫才師の幹子さんとたけしが結婚したのは漫才ブーム真っ只中の1980年。「勝手に婚姻届を出された」ことからズルズルと続いてきたというのはたけしの弁だが、幾度となく女性問題が取り沙汰されてもつかず離れずの関係を続けてきた。
・風向きが変わったのは2014年7月。『週刊文春』が「100億円の愛人」と題して18才年下のA子さんとの関係を報じたのだ。
・「A子さんのマンションで同棲状態のたけしさんが彼女と結婚するため、100億円ともいわれる財産をすべて幹子夫人に渡して離婚するとの内容でした。降ってわいた“最後の恋”に関係者の衝撃は大きかった」(芸能関係者)
・2018年3月、たけしはオフィス北野から独立。新事務所「T.Nゴン」を立ち上げた。
・離婚の大きな争点は「財産分与」だと報じられてきたが、たけしにとってそこは重要な問題ではなかったようだ。
・「A子さんが“後妻業”のようにいわれていますが、実際は違う。A子さんの立場を慮った部分が大きいでしょう。金銭面でいえばたけしさんは最初から幹子さんの要望をのむつもりでしたから。ただ、あまりに巨額なので弁護士を通してのやりとりが続き、時間がかかっただけでモメて話が停滞していたわけではない。A子さんもそこには口を出していません。
・たけしさんは結婚生活を始めた時から、ほぼ別居状態だったわけで“離婚するのに40年かかったよ”と苦笑いしていましたが、数百億円といわれた財産はすべて幹子さんへ渡した。たけしさんに残ったのは現在A子さんと同居する世田谷の自宅だけのようです」(たけしの知人)
・「たけしさんは、どう話せば“ウケるか”と考えていたようですよ(笑い)。“誰もオイラの離婚に興味ないだろ”というのも本音のようですが、本人がどう報告するか気になるところ。たまには“恋”を本気で語ってほしいですが」(前出・芸能関係者)
・「A子さんはたけしさんの家族とのコミュニケーションを密にとっています。たけしさんのお姉さん・安子さんからの信頼も厚いし、お兄さんの大(まさる)さんもそれを承知していた。北野家と距離があった幹子さんとは対照的かもしれません。たけしさんは『兄貴や姉さんも世話になってるんだ』と感謝していますし、もう少し行き来が頻繁になるかもしれませんね」(前出・たけしの知人)