ページ内検索はこちら
棒人間ニュース
【人気記事】
小泉進次郎が年上41才の滝川クリステルとデキ婚!理屈じゃない!
横浜市の新交通システムの逆走事故は自動走行には多くの課題があることを露呈
蒼井優、33歳、妊活のお年頃で妊娠、結婚、休養のパターンだろう
熊本市ではいろんなことがある.女子高生がガールズバーで接客,市議会には乳飲み子と一緒に入場するババア議員もいるところだ
大戸屋のポイントカードが切り替え中、有効期限が一年以内になるという少し改悪
総務省の統計だってデタラメなのに厚生労働省を非難できるのか?
坂上忍が毒舌で嫌われてもバイキングで1日にもらうギャラは120万円以上
小保方晴子のグラビアに需要があるのなら、小保方晴子のヨガのパーソナルトレーナーは商売になる
竹内由恵アナ、33歳が結婚
タグクラウド
ファン
会員数10万人突破!+【タイムチケット】
京の気になるニュース
Google先生に聞いてみた
BBCニュースで英語を勉強しよう
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
stick human's news

2020年10月25日

ホンダのF1からの撤退であまりにも巨額のエンジン開発費をFIFAも反省?

ホンダのF1からの撤退はF1村でも大きな問題となっている。
だが、あまりに巨額のエンジンなどの開発費については誰しも削減できればいいと考えている。
もはやレースの現場で最新技術を試すという時代ではないのだ。
Shitdown.gif

Yahoo!より、
レッドブルのホンダPU継続使用に追い風? メルセデス代表、2022年のPU開発凍結を支持「レッドブルはF1にとって重要」
10/25(日) 21:24配信
Motorsport.com 日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/d56a147b5bccc48764cd855dd2736b0d21c3c6cf
記事より、
ホンダが2021年限りでF1から撤退するため、2022年以降のパワーユニット(PU)サプライヤーを探す必要が生じたレッドブル。ただ、その選択肢は決して多くない。
 レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、知的財産などを含めホンダのプロジェクトを全て引き継ぎ、レッドブルでPUを運用していく選択肢が望ましいと語った。
 レッドブルはPUマニュファクチャラー間の開発競争に加わるつもりはないため、2022年にPUの開発が凍結されていることが、この案を実行に移す前提条件だという。
 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、レッドブルとその姉妹チームであるアルファタウリが2022年以降もホンダのパワーユニットを使い続けることができるようにするために、PU開発凍結に賛成するだろうと語った。
「レッドブルがどういう状況なのかは完全に理解しているよ。彼らはカスタマーの立場に戻ることを望んでいない」
「彼らはワークスチームになりたいと思っているし、それ(PU)を微調整したり、最適化したりする能力を持っている。ホンダが現在開発しているものの中に、エンジンのパフォーマンスが向上するという自信を与えてくれる要素がいくつかあるかもしれない」
「レッドブルにその機会を与えるため、我々はあらゆることをすべきだと思う」
 PUの開発凍結が合意に至らなかった場合、レッドブルはかつてのパートナーであるルノーからPU供給を受けることができる。ルノーはレッドブルと契約に応じるとコメントしており、競技規則ではレッドブルがFIAに申請を出せば、ルノーにPU供給の義務が生じる。しかしレッドブルがそれを望んでいる可能性は低いだろう。
 ウルフは、レッドブルがPU開発にかかる莫大なコストを負担することなく、ワークスチームとしての地位を維持したいと考えていると理解している。
「エンジン開発において、彼らは他のマニュファクチャラーと支出戦争をしたくないというのは理解している」
「レッドブルはF1にとってとてつもなく重要なブランドだと思うし、ふたつのチームをF1に留め、ワークスチームというステータスを維持するという選択肢を与えるために我々はあらゆることをすべきだよ」
 レッドブルがF1をPU開発凍結に追い込もうとしていることについて、ウルフはそれもF1恒例の駆け引きの一部であり、レッドブルがF1に残るのであればどんな案に落ち着いても問題ないと話した。
「F1では誰もが最高の契約、最高のパフォーマンスを得ようとしていると思う」「私はどちらでも構わないと思っている。それが現在の立場だ。彼らがカスタマーエンジンを手に入れたとしても、ホンダの開発プログラムに資金を提供しても、自分たちでそれをやってもいい」
 開発凍結の可能性については、10月26日(月)に行なわれるF1コミッションで議論される予定だ
タグ:F1 ホンダ 撤退
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10297650
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック