検索
棒人間ニュース
【人気記事】
熊本市ではいろんなことがある.女子高生がガールズバーで接客,市議会には乳飲み子と一緒に入場するババア議員もいるところだ
岩合直美という有名な美人詐欺師にローソンの会長がやられたらしい
総務省の新井誠一(あらいせいいち)参事官(課長級)が女性のスカートの中を盗撮
高木美帆の姉の高木菜那が金メダルで表彰台でジャンプ
小保方晴子のグラビアに需要があるのなら、小保方晴子のヨガのパーソナルトレーナーは商売になる
石原慎太郎はすでに百条委員会に出ることになっているし、基本的に豊洲市場に移転することに問題がないことは明らかだ
タグクラウド、棒人間もよろしく!
会員数10万人突破!+【タイムチケット】
京の気になるニュース
Google先生に聞いてみた
BBCニュースで英語を勉強しよう
ファン
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

2019年04月14日

殺人アパート発覚の大和ハウス、レオパレスでばれてしぶしぶ違法を公表。次はどこだ?

殺人アパートはレオパレスだけではなかった。
大和ハウスもレオパレスで建築基準法違反が発覚して隠し通せなくなった。
アパートはまだまだ大手が供給している。
業界最大手が最低基準の建築基準法違反の殺人アパートを公表するのかが注目だ。
なお、不適合というのは建築基準法違反であり違法建築ということだ。
大和ハウス工業がスポンサーのマスコミは、違法といわずに不適合という。そういうものだ。
Arrested.gif


Yahoo!より、
レオパレスに続き大和ハウスも…問われる住宅業界の順法精神
4/13(土) 0:00配信 産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190413-00000503-san-bus_all
記事より、
・戸建住宅・賃貸共同住宅で建築基準に関する不適合等について会見し頭を下げる大和ハウス工業の土田和人・代表取締役専務執行役員、有吉善則・取締役常務執行役員
・大和ハウス工業が建築した2千棟を超える建物で建築基準の不適合が明らかになった
・賃貸アパート大手、レオパレス21の施工不良問題に続く不正で、住宅業界は企業統治や順法精神を厳しく問われている
・関東6都県で平成13年1月〜22年6月に建築したアパート200棟では、外廊下を支える柱に不適合の部材が使用され、うち188棟で必要な建築確認が行われなかった。また、12年10月〜25年2月に29都府県で販売した戸建て住宅、アパート計1878棟の基礎工事で不適合の工法を採用
・有吉善則常務執行役員は「現場の設計と商品開発担当の情報共有不足がこういう事態を招いた」
・平成12年6月から「型式適合認定制度」を活用し、建築手続きを合理化していた。工場で製造する部材などが、事前に国から建築基準を満たしていると認定を受ける制度で、建築確認時の審査が簡略化され、工期を短縮できる
・アパートの柱に認定部材でないL字型柱が使用された200棟は関東地方に集中した。大和ハウスはかつてL字型柱の認定取得を検討していたものの、結局採用しなかった。しかし商品開発担当が現場に十分伝えていなかったため、7年以上にわたって誤った部材が使われ続けた
・大和ハウスが国に認定された仕様を満たさなかったのは4度目だ。26年12月と27年10月には防火シャッターや防火ドアの取り付けで、28年には壁パネルの遮音性や防火性の仕様で不適合
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8721141
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック